1. Winter Rise
    Photo: Futakotamagawa RiseThe Very Hungry Caterpillar Christmas tree
  2. Omotesando Hills Christmas tree
    Photo: Omotesando HillsMusical instrument Christmas tree

東京、クリスマスツリー19選

六本木や丸の内、横浜まで、冬を彩るイルミネーションの主役

Tabea Greuner
テキスト:
Tabea Greuner
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京、クリスマスツリー19選

カラフルなクリスマスツリーは、多くの人々にとって国内有数を誇るイルミネーションとともに冬の東京の風物詩だ。

本記事では、なじみのあるツリーからインタラクティブなものまで、東京近郊のベストなクリスマスツリーを紹介する。クリスマスケーキ購入の際、あるいはクリスマスディナーの折りにでも立ち寄ってみては。

モダンなクリスマスツリー

ラッフル クリスマスツリードレス
Photo: The Tokyo Edition, Toranomon

ラッフル クリスマスツリードレス

ファッションに関心があれば、東京エディション虎ノ門のドレスの形をしたクリスマスツリーがおすすめだ。

同ホテル31階ロビーバーで展示中の作品を手がけたのは、デザイナーのトモ・コイズミ 。コイズミは、東京2020オリンピック開会式で国家を歌ったMISIAのカラフルでアイコニックなドレスを製作したことでも知られる。

2021年12月27日(月)〜2022年1月6日(木)はツリーから人目を引くラッフルドレスに変身、人目を引く展示となることだろう。

※2021年12月26日(日)まで

WA-YO Fusion Christmas Tree
Photo: itu'; Andaz Tokyo

WA-YO Fusion Christmas Tree

アンダーズ東京の51階に展示されているこのクリスマスツリーは、パリを拠点に活動するアーティスト、Yoshi itu’(ヨシ・イトゥ)とのコラボレーション。

その名の通り、和洋の融合を表現。モミではなく、「和」の象徴であるマツを使い、雪害から守るために行われる雪づりに着想を得た立体デザインをあしらっている。そのマツをクリスマスツリーに飾り立てることで、「洋」を表しているのだ。

ツリーを彩るオーナメントもよく見てほしい。そこに描かれたさまざまな表情は、社会における価値観の多様化などを意図しているという。

※2021年12月25日(土)まで

広告
サステナブルクリスマスツリー
Photo: Omotesando Hills

サステナブルクリスマスツリー

表参道ヒルズ本館吹き抜け大階段に設置されているこの7メートルのクリスマスツリーは、トランペット、トロンボーン、サクソフォンなど100個の管弦楽器をオーナメントに使っている。

これらの楽器はさまざまな理由で持ち主の手から離れたもの。それらを磨き上げてリユース、ツリーを彩ることに使ったという。楽器のほかにも、雲のような形をしたライティングボールやメタリックのボール、リボンにLEDライトがオーナメントに使われた。


クリスマスソングに合わせてボールやLEDが明滅する音と光の特別演出は11時20分〜22時40分(約2分間、20分ごと)の開催している。

※2021年12月25日(土)まで

六本木ヒルズ東京シティビューエントランスのクリスマスツリーは、増田セバスチャンによる『Unforgettable Tower』をクリスマス限定カラーにしたもの。ハローキティやその仲間などサンリオのキャラクターぬいぐるみ4000個で飾られているのが印象的だ。

入場には『サンリオ展ニッポンのカワイイ文化60年史』のチケットが必要なので、注意してほしい。

※クリスマス限定カラーは2021年12月26日(日)まで

広告
Bon-Bon Blossom
Photo: Keisuke Tanigawa

Bon-Bon Blossom

チョコレートのボンボンをイメージしたこの独特なクリスマスツリーは、六本木ヒルズウェストウォーク2階南側吹き抜けにある。

枝に付いている球形のオブジェはドライフラワー製で、キャンセルされたイベントなどで使われるはずだったロスフラワーをリユースしたものだ。

※2021年12月25日(土)まで

WHITE KITTEの和紙ツリー
Photo: Kitte Marunouchi

WHITE KITTEの和紙ツリー

丸の内にあるキッテアトリウムを埋め尽くす雪花紋の装飾はこのクリスマスツリーとともにまばゆい銀世界を演出している。天井からつるされた1万2000もの和紙製の雪花紋は、まるで雪が降り注いでいるかのよう。

ツリーの隣にある雪の結晶をかたどったインタラクティブステージは、ステージ上で歩くと本物の雪上で歩いているような音が鳴り、ステージ自体も発光してリアルな雪景色を体感できる。

必見すべきなのは『KITTE 雪と光の演出プログラム』だ。アトリウムの空間全体が20分ごとに、雪をイメージした3曲のオリジナルサウンドに合わせて明滅する。12時10分〜20時50分で実施、1時間滞在すれば全てのサウンドを楽しめるだろう。

※2021年12月25日(土)まで

広告

東京ドームシティのクリスタルアベニューに設置された高さ15メートルのメインツリーは、ツリー自体がシャンパンゴールドを基調に、白、赤、青、紫、オレンジの6色に変化し、23万個ものフルカラーLEDボールで飾られている。

17時30分〜23時30分の毎時00分と30分には、音楽と光の演出も実施される予定だ。

※2022年1月10日(月・祝)まで

トラディショナルなクリスマスツリー

ヨーロピアンクリスマスツリー
Photo: The Westin Tokyo

ヨーロピアンクリスマスツリー

ウェスティンホテル東京1階ロビーに鎮座する高さ5メートルのクリスマスツリーは、クラシックな赤と金の装飾で彩られている。

ツリーの周囲には民家や商店、教会などから成るミニチュアの街が形成されており、テディベアやプレゼントの箱が本格的なヨーロピアンクラシックなクリスマスを演出する

ベストな景色を求めるなら、脇の階段を上がってツリーを見下ろせるスポットがいいだろう。

※2021年12月26日(日)まで

KIOI WINTER FOREST
Photo: Kioi Winter Forest

KIOI WINTER FOREST

東京ガーデンテラス紀尾井町内、紀尾井テラス1階花の広場にある高さ10メートルのクリスマスツリーが設置されているのは、木々や緑に囲まれた森の中だ。中央には白いシカが据えられ、オーナメントの一部には4階にある光の森で集めた葉や木の実を使っている。

ツリーなどの樹木は根が付いたままの状態で使われており、クリスマス後は元の山地へと戻されて翌年以降のクリスマスに備えるという。

※2021年12月25日(土)まで

 

広告
Tree of Hogwarts Magic–ホグワーツの魔法の樹–
Photo: Keisuke Tanigawa

Tree of Hogwarts Magic–ホグワーツの魔法の樹–

丸ビル1階マルキューブにあるハリー・ポッターをテーマにしたこのクリスマスツリーは、ろうそくに見立てたライト装飾と、映画のように天井からつり下げられた4つの旗が特徴だ。

ツリーは6時00分〜24時00分に無料で観られるが、17時00分〜19時00分の10分ごとには3Dホログラムディスプレーを使ったライティングショーも実施される。

丸の内エリアではほかにも、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公開から20周年のメモリアルイヤーを記念して、魔法ワールドを再現。トーキョー・トーチ・パーク(TOKYO TORCH Park)に設けられた高さ30メートルのイルミネーションツリー『Tree of Owl Post–ふくろう便の樹-』や、丸の内ブリックスクエアにあるハリーがホグワーツの手紙を受け取るシーンをほうふつさせる『Tree of Hogwarts Letters–ホグワーツの手紙の樹-』などがおすすめだ。

※2021年12月25日(土)まで

東京ミッドタウンのイルミネーションイベント『MIDTOWN WINTER LIGHTS』の一環として実施されるこのクリスマスツリーは、25のプレゼントを実らせているのが特徴だ。

プレゼントはクリスマス当日まで1日ごとに色を変え、そばには「木」の形でサンタクロースの格好をした植栽「木の木サンタ」も。サンタのマフラーに手をかざすと、ツリーとプレゼントボックスが輝き出すのも楽しい。

※2021年12月25日(土)まで

広告
はらぺこあおむしとクリスマスツリー
Photo: Futakotamagawa Rise

はらぺこあおむしとクリスマスツリー

二子玉川ライズでは、エリック・カール作『はらぺこあおむし』の世界をイメージした巨大なクリスマスツリーがお目見えする。

オーナメントは、「あおむし」がかじったリンゴ、オレンジ、洋ナシの形をしており、ツリーの中には小さなあおむしも隠れている。近づいて探してみては。

※2021年12月25日(土)まで

横浜のいちおしは、横浜赤レンガ倉庫で毎年開催されるクリスマスマーケットに登場するクリスマスツリーだろう。ツリーを囲むように並ぶヒュッテ(木の小屋)では、クリスマスのオーナメントや食べ物などを販売している。

12月25日(土)までの土、日曜と23日(木)、24日(金)の入場は事前予約制(300円、小学生以下無料)なので注意してほしい。

※2021年12月25日まで

広告
WINTER CAST.のクリスマスツリー
Photo: Shibuya Cast

WINTER CAST.のクリスマスツリー

このクリスマスツリーは、渋谷キャットストリート沿いにある渋谷キャストガーデンで開催中の『WINTER CAST.』で公開されている

ツリーは16時00分〜24時00分に点灯されるほか、建物のファサードやベンチなどもイルミネーションで彩られる。

※2022年1月30日(日)まで

センターランドツリー
Photo: © Tamacenter Illumination

センターランドツリー

多摩センターで2022年2月28日(月)まで開催中の『多摩センターイルミネーション2021』では、パンテオン大通り十字路でツリーを展示している。

LEDで青く輝くツリーは友好都市の長野県富士見町から寄贈された本物のモミを使用。大通り全体もシャンパンゴールドのイルミネーションで飾られている。

※2021年12月25日(土)まで

広告
カルティエのクリスマスツリー
Photo: Roppongi Hills

カルティエのクリスマスツリー

六本木ヒルズ66プラザで展示されるのは、赤を基調としたオーナメントとLEDで飾り付けられた伝統的なクリスマスツリーだ。

10メートルのツリーを囲むカルティエのジュエリーギフトボックスが、クリスマスのロマンチックな雰囲気を演出する。ツリー正面のカラオケボックスではスペシャルムービーも上映、フォトスポットとしても楽しめる。

※2021年12月25日(土)まで

「星くずの森」のクリスマスツリー
Photo: 2021 Yokohama Bay Quarter

「星くずの森」のクリスマスツリー

横浜ベイクォーターにある、8メートルもの巨大なクリスマスツリーのテーマは「星くずの森」。

1万5000の照明とオーナメントで飾られており、ツリーの根元に配されたミニチュアは森の動物が暮らす村をイメージしている。3万個以上のライトを天井から吊るした『星くずのカーテン』の下で写真撮影するのもいい。

※2021年12月26日(日)まで

広告
ホースツリー
Photo: Kisa Toyoshima

ホースツリー

馬の形をしたオーナメントが特徴のこのクリスマスツリーは、六本木けやき坂連絡ブリッジで見ることができる。

馬のデザインを手がけたのはイラストレーターのkanakoで、六本木ヒルズの『けやき坂イルミネーション』と日本中央競馬会(JRA)のコラボレーションで実現した。

※2021年12月25日(土)まで

「森とのつながり」をテーマにした『ARK HILLS CHRISTMAS 2021』では、カラヤン広場に東京都檜原(ひのはら)産のスギを使ったクリスマスツリーを設置している。

スギはこのイベントのために伐採されたのではなく、間伐材を使用。昨年のツリーは、会場ベンチやワークショップにリサイクルされているなど環境への配慮も徹底している。

※2021年12月25日(土)まで

クリスマスをもっと楽しむなら......

  • Things to do

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 東京、クリスマスマーケット・イベント

イルミネーションもスタートし、クリスマスを前に街が華やぐこの季節。ここでは、都内で行われるクリスマスマーケットや関連するイベントを紹介する。本場ドイツのクリスマスマーケットをモチーフにしたマーケットや、家で楽しむクリスマスを盛り上げるアイテムを販売するイベントなどめじろ押し。ぜひ足を運んでみてほしい。

  • レストラン

年の瀬の一大イベント、クリスマスがやって来る。シュトーレンデコレーションケーキなど、この時期には甘いスイーツの存在が欠かせない。

ここでは、レストランやホテルで開催されるクリスマス限定のスイーツイベントを紹介。大人ポップをイメージしたおしゃれなアフタヌーンティーセットや、フルーツを好きなだけ食べられるビュッフェがセットになったものなど、自分へのご褒美として甘い時間を過ごしてみては。

広告
クリスマス映画 50選
  • 映画

タイムアウトロンドンが選ぶクリスマス映画50選(The 50 best Christmas movies)を紹介しよう。『クリスマスキャロル』や『ホーム・アローン』などの定番作品から、コメディやラブストーリー、アクション作品などまで幅広く網羅している。リストをチェックして、クリスマス気分を盛り上げよう。

おすすめ
    関連情報
      広告