銀座、アクセシブルガイド

車いすユーザーや高齢者、子ども連れなど、誰もが快適に楽しめる銀座

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

※新型コロナウイルス感染症の影響により、営業時間や提供サービスなどが変わる可能性がある。詳細は各店舗に直接確認してほしい。

本記事では、車いすユーザーや高齢者、子ども連れ、大荷物を抱えた観光客などを対象に「誰もが快適に楽しめる銀座」を紹介する。監修を行ったのは、バリアフリーコンサルティング事業を展開する株式会社オーリアルおよびNPO法人アクセシブル・ラボ代表の大塚訓平。銀座駅周辺の「アクセシブル(誰もがアクセス可能)」なレストランやショップ、ギャラリー、商業施設などを入り口の段差や多目的トイレ、オストメイト、ベビーシート、荷物預かり所などの有無を表示するピクトグラムとともにレビューする。

中にはピクトグラムの表記がないヴェニューもあるが、これはソフト面(心や情報)のバリアフリー化が徹底されている店舗。ぜひ、誰もにフレンドリーな銀座を楽しんでほしい。

※掲載されているコンテンツは、全銀座会とのコラボレーションで制作したガイドマップ『銀座 アクセシブルガイド』および『ALL-ACCESS GINZA Your guide to accessible, barrier-free Ginza』の内容を和訳・転載したものです

ピクトグラムの説明

  • レストラン
  • グリル
  • 銀座
  • 価格 2/4

つばめや

あか牛Tボーンステーキにこだわる和牛レストラン。阿蘇の豊かな自然で 育った希少品種『くまもとあか牛』を一頭買いで仕入れ、さまざまなメニューで提供している。なかでも、フィレ肉とサーロインを同時に楽しめる『Tボーンステー キ』は、牛肉のうま味を堪能できる一品。また、和牛 100%のハンバーグも人気メニューの一つだ。

広告
  • レストラン
  • 銀座

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ

1902年、ソーダ水とアイスクリームを扱う「ソーダファウンテン」としてスタートした資生堂パーラー。贅沢に一休みするなら、東京銀座資生堂ビル3階に入るこのカフェで決まりだ。

伝統の味を一度に楽しめる『アイスクリームソーダ』も捨てがたいが、いちおしは資生堂パーラーの美学が感じられる『ストロベリーパフェ』。バニラアイスクリームと厳選イチゴが相性抜群のパフェは、疲れた体を幸せにしてくれる。

  • レストラン
  • 銀座

鰻 ひつまぶし備長 銀座三越店

本場名古屋のひつまぶしが堪能できる一軒。「地焼き」という方法で焼き上げられたウナギは、皮はパリッと中身はふわっとした食感。1杯目はウナギそのものの味わいを、2杯目は薬味と組み合わせて、3杯目は特製のだしとともに、3つの味わい方で楽しんでほしい。

銀座駅からエレベーターで直結の銀座三越内にあり、雨の日でも利用しやすい。ひつまぶしやうな重はテイクアウトも可能。用意に30分ほどかかるため、事前予約がおすすめだ。

広告
  • ホテル
  • 銀座

ハイアット セントリック 銀座 東京

銀座の街を縦横無尽に楽しめる並木通りにアジア初上陸した、北米発のライフスタイルホテル。レセプションに飾られている銀座の街をモチーフにした襖絵(ふすまえ)をはじめ、さまざまなアートワークであふれている。車いす対応の客室「アクセシブルルーム」が予約できるほか、館内には車いす対応の公共トイレも設置されている。

  • ステージ
  • 東銀座

歌舞伎座

銀座のシンボルとして親しまれている歌舞伎座。地下2階に広がる木挽町広場には、歌舞伎グッズや和風雑貨などの売店や食堂が並び、歌舞伎座タワー5階にあるギャラリーでは、実際の舞台で使われている道具を体験することもできる。館内のタリーズコーヒーは客席に電源があり、電動車いすの充電も可能だ。

広告
  • レストラン
  • 銀座

ナミキ667(ナミキ667)

ハイアット セントリック 銀座 東京の3階にあるオールデイダイニング。開放感のある店内では、一日を通して東京都産の食材や調味料を積極的に使った料理が楽しめる。天気のいい日には、並木通りを眺められるテラスでの食事がおすすめ。

  • レストラン
  • 銀座

ギンザ カシータ(GINZA CASITA)

ホテルザセレスティン銀座の最上階にあるのは、青山に本店を構えて20年、高いホスピタリティーで満たされるレストラン、カシータ(CASITA)。ディナータイムには、魚介にこだわったイタリアンを提供している。店内にはバーカウンターも併設されているので、食事後に立ち寄ってみるのもいいだろう。

広告
机の上をアップデートする。
  • ショッピング
  • 銀座

銀座 伊東屋 本店

銀座で100年以上の歴史を持つ文房具専門店。種類豊富なアイテムはもちろん、想像力をかき立てるような棚作りも印象的だ。2階では、購入したレターセットに手紙をつづり、その場でポストに投函(とうかん)することもできる。

  • レストラン
  • 銀座

オーパス(Opus )

ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8の14階にあるオールデイダイニング。料理はミシュラン一つ星のレストラン、オード(Ode)の生井祐介が監修している。シグネチャーデザート『グレー』が楽しめる、ティータイムのアフタヌーンティーもおすすめだ。多目的トイレは2階にしかないが、利用する場合は案内してもらえる。

広告
  • レストラン
  • 中華料理
  • 銀座

クラフトビールタップ 中華点心飲茶マロニエゲート銀座1店

創作中華とクラフトビールで気軽に乾杯するなら、このビアホールで。世界各国の樽(たる)生ビール15種類とボトルビールを合わせた30種類以上をも常備する同店では、これらを麻婆豆腐や餃子と一緒に楽しむことができる。多目的トイレは10階と地下1階にあり、エレベーターの利用も可能だ。

"

  • ショッピング
  • 銀座

無印良品 銀座

無印良品の世界旗艦店。都内随一の品ぞろえを誇るほか、館内にはレストランやベーカリー、ギャラリー、日本初のムジ ホテル(MUJI HOTEL)などもあり、他店とは全く異なる体験ができる。4階にはおむつ替えベッド、授乳室、ベンチ、調乳に使える湯を備えたベビーケアルームもあり、キッズフレンドリーな一軒でもある。

広告
  • アート
  • 銀座

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ポスターや雑誌、書籍から先端メディアまで、多角的な作品を扱うギャラリー。画廊がひしめく銀座の中でも広告デザイン、タイポグラフィといったアートとビジネスの境界にあるクリエーティブ作品群を求めるなら、ここへ行くといい。

車いすで利用する場合は、入り口のインターフォンでスタッフを呼び出そう。専用の入り口に案内してもらえる。展示スペースは地下1階にもあるので見逃さないように。

  • ショッピング
  • 銀座

銀座三越

1930年に開店した銀座屈指の老舗デパート。食品からコスメ、ジュエリー、アパレル、子ども用品と幅広くそろうが、日常をアップデートしたいのなら、上質な器やキッチン用品などが並ぶ7階は必見だ。ショッピングに疲れたら、9階にある銀座テラスへ。休憩を終えたら、銀座出世地蔵に手を合わせるのも忘れずに。

広告
  • バー
  • 銀座

ブルガリ イル・バール

ブルガリ銀座タワー10階にあるバー。種類豊富なカクテルはもちろん、ノンアルコールの「モクテル」や軽食の用意もある。カクテルは、同店ならではの独創的なものをチョイスするのがいい。特等席は入ってすぐの窓際の場所で、夕暮れ時に座れば、東京タワーがライトアップされる瞬間を眺めることができる。多目的トイレは9階にしかないが、利用する場合は案内してもらえる。

  • ショッピング
  • 銀座

ユニクロ トウキョウ(UNIQLO TOKYO)

世界最大規模となるユニクロの旗艦店。日本を代表するクリエーティブディレクターの佐藤可士和と、スイスの建築家ユニット、ヘルツォーク・アンド・ド・ムーロンが共同で手がけた店舗デザインにも注目してほしい。

ユニクロが入るのはビルの1〜4階。1〜3階にはちょっとしたベンチが設置されており、多目的トイレは同ビルの7階と地下3階(パーキング)にある。なお、多目的トイレ内にはおむつの交換台はない。

広告
ソフト面のバリアフリーを学ぶ。
  • ショッピング
  • 銀座

銀座いさみや

新生児から小学校高学年向けの洋服や雑貨を販売するセレクトショップ。新生児コーナーに並ぶ今治タオルのバスポンチョなど、日本製で素材や機能面にもこだわった商品も多くそろえている。エレベーターはないが、ベビーカーは1階で預けたり、別のフロアまで運んでもらうことも可能。店内には、キッズスペースや子ども用トイレもある。

"

  • レストラン
  • 銀座

博多 ほたる 銀座店

本格博多料理が味わえる居酒屋。もつ焼きなどの博多の屋台料理から、ゴマサバや明太子、チキン南蛮など九州自慢の食材を使ったメニューが並ぶ。中でもおすすめは『もつ鍋』。塩、しょうゆ、みそ味から選べる。ぷりぷりの食感のモツをコクのあるスープと一緒に堪能しよう。

広告
巨大ユニクロで迷う。
  • ショッピング
  • 銀座

ユニクロ 銀座店

12階建ビルの全フロアがユニクロという世界最大規模のグローバル旗艦店。世界一の品ぞろえを誇り、最旬の豊富なアイテムを展開している。多言語に対応しており、世界中からのゲストを案内できるスタッフ体制が整っているので、サイズや在庫の相談も気軽にしてみよう。

  • レストラン
  • 銀座

和食鉄板 銀座 朔月

上品で和の雰囲気に満ちた鉄板料理店。焼き上げるのは、お好み焼きやA5ランクの山形牛、旬の魚介類がメインだ。カウンター席なら、目の前で料理長自らが鉄板で調理をしてくれる。エレベーターは二方向から出入りできるため、車いすの転回が不要。テーブルの高さをリクエストによって調整してくれるという対応も素晴らしい。

広告
文房具店育ちの野菜で満たす。
  • レストラン
  • 銀座

カフェ スティロ(CAFE Stylo)

銀座 伊東屋 本店の最上階にあるカフェレストラン。サラダやサンドイッチといった軽食をテイクアウトでも楽しめる。フードに用いられるのは、同建物の11階にある野菜工場「FARM」で水耕栽培されたフレッシュな野菜。「FARM」は見学も可能だ。

"

  • レストラン
  • 銀座

銀座スイス

1947年創業、カツカレー発祥の店としても知られる老舗洋食店。人気メニューの『千葉さんのカツレツカレー』は、ひき肉と何種類ものすりおろし野菜のうま味を凝縮させたソースに、軽い口当たりのカツがマッチした納得の一品だ。店内で提供しているほとんどのメニューはテイクアウトでも楽しむことができる。

広告
  • レストラン
  • 銀座
  • 価格 4/4

銀座 鮨青木

過去に2度、『ミシュランガイド東京』で星を獲得している寿司の名店。うれしいのは、イートインだけでなく「おもちかえり鮨」の提供も行っていること。いちおしは、目にも美しい『手毬鮨』(1万5,000円から)だ。入り口には段差があるが、テイクアウトの場合は到着時に声をかけ、玄関の外で商品を受け取ることができる。購入には3日前までの電話予約が必要。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 東銀座
  • 価格 1/4

喫茶ユー(喫茶you)

行列ができることも多い人気の喫茶店。入り口の幅(75センチ)や段差で、車いすやベビーカーでの入店にハードルの高さを感じるかもしれないが、心配は無用。名物のオムライスや一番人気のオムレツサンド、ナポリタンなど、11種類のメニューはテイクアウトも可能なのだ。

購入を希望する場合、個数や到着時間をあらかじめ電話で伝えておこう。店の前に到着したタイミングでまた電話をかけると、商品を持ってきてくれ、その場で会計もできる。

広告
  • ショッピング
  • 銀座

松屋銀座

2019年に創業150周年を迎えた老舗デパート、松屋銀座では、屋上のパブリックスペースに注目。椅子やテーブルが配置され、自由に休憩できるという点はほかの施設の共用スペースと同様だが、松屋の屋上には多目的トイレも設置されているのだ。屋上のエレベーター付近には礼拝室もあり、買い物の合間にお祈りもできる。

  • Things to do
  • 銀座

数寄屋橋公園

2016年にリニューアルした数寄屋橋公園。岡本太郎の『若い時計台』があることでも知られており、この地域で生活をする人の憩いの場になっている。園内には多目的トイレも設置。カレーやラーメンなど、においの気になるテイクアウトフードは、こういった公園の方が気兼ねなく味わえるだろう。

広告
夜景は江戸切子から眺める。
  • ショッピング
  • デパート・百貨店
  • 銀座

東急プラザ銀座

江戸切子をモチーフとしたガラス張りの外観がシンボリックな商業施設。開放的な屋上のキリコテラスは、銀座の街を一望できるパブリックスペースで、ちょっとした休憩はもちろん、日が暮れたら、ここから夜景を楽しむのもおすすめだ。

  • ショッピング
  • 銀座

ギンザ シックス(GINZA SIX)

銀座エリア最大級の商業施設で四季が感じられることを知っているだろうか。約4000平方メートルの屋上庭園にはさまざまな植物が植え付けられており、サクラやカエデなど、その時期ならではの景色を楽しむことができる。屋上庭園のオープン時間は、ほかのフロアよりも長い7時から23時。手荷物は1階のツーリストインフォメーションセンターに一時的に預けることもできる(有料)。

おすすめ
    関連情報
      広告