池袋でしかできない55のこと

池袋、目白、大塚、巣鴨、駒込、5つエリアで探索と発見を楽しむ

サンシャイン水族館
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > Things To Do > 池袋でしかできない55のこと

2019年7月観光庁による民泊届出数統計で、東京では豊島区が新宿に次ぐ数を記録した。現在も話題の複合施設が続々と建設され、新たな文化、芸術の発信地として注目を集めているエリアだ。東京第三のターミナル都市である池袋、文化的で閑静な住宅街である目白や雑司ヶ谷、下町の情緒が残る大塚、通称「おばあちゃんの原宿」と知られる巣鴨などその魅力は多彩である。

魅力的な5つのエリアごとに最新の娯楽施設から、ギャラリー、地域の人々に愛されているレストラン、喫茶店、隠れた名店、ナイトライフなどのおすすめスポットを紹介する。


関連記事:
西武線沿線でしかできない101のこと

池袋エリア

1
キュープラザ
Things to do

最新最大の迫力を体感する。

icon-location-pin 池袋

キュープラザ池袋
地上14階建て、都内最大級のシネマコンプレックスやカフェ&レストラン、ショップなどが入っている。また、施設の屋上には本施設の建て替え前より親しまれていたバッティングセンターが復活オープン。池袋の新たな文化発信の場に足を運んでみてはいかがだろう。

2
ハチク
Photo by Yuki Nakamura
レストラン, カフェ・喫茶店

フルーティーなかき氷に陶酔する。

icon-location-pin 池袋

ハチク
東京で最も人気のあるかき氷カフェの一つ。元果物屋のためフルーツには並々ならぬこだわりがあり、シロップには素材そのものの味が生かされている。合わせるミルクやクリームも素材によって変えている。営業時間が不定期なのでTwitterで確認してから来店しよう。

関連記事『東京、かき氷30選

Advertising
3
美松
Photo by Yuki Nakamura
レストラン, 日本料理

丁寧なご飯を食べる。

icon-location-pin 池袋

美松
気取らないけれど、丁寧でおいしい和食を食べたい。そんなときは美松に行こう。ご飯、汁物、主菜、副菜2つがセットになった一汁三菜の定食が楽しめる店だ。主菜は、焼き魚や竜田揚げなど、約10種類を用意。ご飯は、白米、玄米、雑穀米から選べる。品切れ次第なくなってしまうメニューもあるので、早めに訪ねるのがおすすめ。

4
Grip
レストラン, イタリア料理

体に緑を満たす。

icon-location-pin 池袋

グリップ
日本各地の生産者から有機野菜を直接調達しているオーガニックイタリアン。ドリンクも自然派にこだわり、体に負担をかけないビオワインをそろえている。晴れた日は、緑あふれたテラス席で食べれば、都会の喧騒(けんそう)を忘れ、体の内と外それぞれで自然の恵みを感じるひとときになるだろう。

Advertising
5
夜パフェ専門店 モモブクロ
レストラン

パフェで夜を締めくくる。

icon-location-pin 池袋

夜パフェ専門店 モモブクロ
夕方17時からオープンする夜パフェ専門店。新たなシメの定番として北海道で生まれた夜パフェ。飲んだ後でもさっぱりと味わえるのが特徴でフレッシュフルーツや、甘さ控えめのソルベやジェラート、ホイップクリームなどを使用している。フルーツの入荷状況によりメニューが変わるので、その日の旬を味わおう。

6
Music Cafe Bar "ONE's"
バー

隠れ家で踊る。

icon-location-pin 池袋

ミュージックカフェバー ワンズ
アンティークな家具で設えらたこじんまりとしたミュージックバー。革張りの上品なソファとデジタルなDJ機器の取り合わせがシックさを醸し出すが、中身はカジュアルでとっつきやすい。DJイベントが主に水曜と土曜に開催され、ハウスやテクノで踊れる穴場である。

Advertising
7
チャノマ池袋
HakoHosokawa
レストラン

親子で一緒にくつろぐ。

icon-location-pin 池袋

チャノマ 池袋
ルミネ池袋店9階にあるカフェ。至る所に子どもへの優しさが隠れている。同店ならではのユニークなマットレス席。巨大なベッドのような席で、子どもがゴロンと寝転がったり、ハイハイすることもできる。 料理メニューは、15種の小鉢の中から3つをセレクトする『至福のごはん』(1,408円)』などヘルシーな家庭料理を提供。

※消費税10%込みの価格

8
中国家庭料理 楊 2号店
レストラン, 中華料理

麺歴史に新たな辛味を加える。

icon-location-pin 池袋

中国家庭料理 楊 2号店
無休で、ランチから22時以降まで利用できる激辛中華料理屋。いちおしは『楊特製汁なし担々麺』四川山椒(さんしょう)の刺激とタレの辛味に吹き出す汗を拭いつつ、アクティブな食事に興じてみるのはいかがだろう。皮から手作りした水餃子も忘れずに。

Advertising
9
eye mirror
ショッピング, 眼鏡・コンタクト

メガネ属性の聖地を訪ねる。

icon-location-pin 池袋

執事眼鏡 eyemirror
眼鏡とアニメが好きな店主がオープンした眼鏡店。アニメ作品とのコラボ眼鏡の企画・販売を行う。『Fate/Grand Order』『魔法少女まどか マギカ』『東方project』など、これまで多数の作品とのコラボ眼鏡を販売。コラボメガネ以外にも『J.F.REY (ジェイエフレイ)』『kamuro(カムロ)』など、国内外の人気ブランドも提供。なかでも『Vivienne Westwood (ヴィヴィアン・ウエストウッド)』は廃番品も扱うほどの品ぞろえ

10
開楽
レストラン

巨大餃子を頬張る。

icon-location-pin 池袋

開楽
地元民から絶大な支持を誇る中華料理店。夕方テークアウトの客が絶えない。彼らの目当ては、同店の看板メニュー、『ジャンボ餃子』だ。モチモチとした厚めの皮にかぶりつけば、ジュワッと肉汁があふれる。一皿(3個入り)で十分に満足できるボリュームで、ビールとの相性も抜群だ。池袋でちょっと飲みたいときにおすすめの一軒。  

Advertising
11
二ナオ 三軒茶屋店
レストラン

エキゾチックなソフトクリームを試す。

icon-location-pin 池袋

ニナオ 池袋ルミネ店
台南発のソフトクリーム店。同店の特徴は、約100種類あるソフトクリーム・ジェラートメニューの中から、週替わりで2種類ずつ提供されることだ。毎週全てのメニューが変わるため、どのフレーバーに出合えるかはその時次第だが、『杏仁』や『塩ミルク』など、台南でも人気の味が優先的に選ばれているそうだ。

12
ikefukuro - owl cafe
Things to do

生けるシンボルを愛でる。

icon-location-pin 池袋

いけふくろうカフェ
「フクロウの街」に降り立ったからには、フクロウカフェに行ってみよう。ここではそれぞれに違った個性を持ったフクロウたちに会うことができる。触ったり、腕に乗せたりして、丸い目をした彼らと仲良くなろう。入店には、メールでの事前予約が必要。

関連記事 『東京、アニマルスポット11選

Advertising
13
レストラン, フードコート

魔法の屋上庭園を見つける。

icon-location-pin 池袋

食と緑の空中庭園
西武池袋本店の屋上にあるフードコート。モネの風景画に触発されたこのフードコートは、西武池袋の屋上に浮かぶ庭園のようだ。それはかわいい池の周りのさまざまな季節の花が咲き誇る。敷地内には、レストランやバーに加えて、個性豊かなフードカートが展開し楽しむことができる。

14
ロサ会館
Things to do

エンタメを制覇する。

icon-location-pin 池袋

ロサ会館
レトロピンクの外壁が特徴的な池袋のアミューズメントカルチャーの発信地。地下2階から9階の屋上までの中に、テニス、フットサルコート、ダーツ、ボウリング、ビリヤード、ゲームセンター、映画館、ライブハウスなどを網羅した複合アミューズビルだ。昔ながらのおでん屋や、オーナーが俳優だった過去を持つ洋食店などレトロでユニークな料理店も入っている。

Advertising
15
池袋防災館
ミュージアム

緊急スキルを習得する。

icon-location-pin 池袋

池袋防災館
4つの異なる緊急事態のための防災に関する知識を体験を通して学ぶことのできる施設。「消火」「煙」「地震」の3つ体験学習コーナーに加え、応急救護学習か防災ビデオの視聴を選択して回る流れとなっている。震度7の激しい横揺れ体験に、地震の恐ろしさを身をもって体感できるだろう。

16
Sunshine City Aquarium
アトラクション, 動物園&水族館

空飛ぶペンギンを仰ぎ見る。

icon-location-pin 池袋

サンシャイン水族館
1978年の開館以来、水中の世界の魅力を池袋で発信し続けてきた水族館。都会の空を海にして、ビル群の上空を飛び交うように泳ぐペンギンを眺められる水槽は、子どもたちを夢中にさせ、大人たちを童心に帰らせるだろう。深い青色の光の中でクラゲを鑑賞できるトンネル「ふわりうむ」も人気のスポット。休憩には、沖縄の雪塩を使ったライトブルーのシーソルトソフトクリームがおすすめだ。

Advertising
17
池袋マップ
レストラン

星座のパフェでパワーアップする。

icon-location-pin 池袋

パフェテラス ミルキーウェイ
サンシャイン通りにある13星座をテーマにした、カラフルでかわいらしいパフェが楽しめるカフェ。コーヒー1杯でさえも星をあしらったカップやポットで提供されるので、特別な気分になれるだろう。デザートだけではなく食事のメニューもある。

18
茶館
レストラン, 台湾料理

台湾グルメの旅に出る。

icon-location-pin 池袋

茶舘
点心、飲茶、台湾料理をメインに提供している料理店。目玉は80種類以上のメニューを2,970円で120分食べ放題できるプランだ。その日の分を手作りしている人気の『小籠包』や『渡り蟹唐揚げ』といった台湾料理から、フカヒレスープなど本格中華料理を味わうことができる。

※消費税10%込みの価格

Advertising
19
南池袋公園
アトラクション

池袋の中心で和む。

icon-location-pin 池袋

南池袋公園
芝生が一面に敷き詰められており、ピクニック気分で和むのも心地よい。また、敷地内には池袋の人気ビストロが手がけるカフェ、Racines Farm to Parkも併設されており、新たな憩いのスペースになっている。

20
スタンド源ちゃん
レストラン

海の幸を山盛り食らう。

icon-location-pin 池袋

スタンド源ちゃん
サンシャインシティ地下1階にある立ち飲み感覚の海鮮居酒屋。新鮮な魚介がリーズナブルに味わえる一軒だ。酒と一緒に楽しむのも最高だが、おすすめはランチタイム。マグロやサーモン、ネギトロなどが たっぷりと盛られたフォトジェニックな海鮮丼はぜひ味わってほしいメニュー。

Advertising
21
BOOK AND BED
ホテル

本に抱かれて眠る。

icon-location-pin 池袋

ブック アンド ベッド トウキョウ 池袋本店
池袋駅近くにある「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル。厳選された約3500冊の本に囲まれ、好奇心に満ちた夜の時間を楽しみたい旅人にとって、魅力的な選択肢といえるだろう。バーを併設した「泊まれて飲める本屋」が同ビル内に入居し、館内にあるバースペースでアルコールも楽しむことができる。

関連記事:『東京、今泊まりたいホテル&ホステル2019

22
ふくろう月餅
ショッピング

昔ながらの甘さで安らぐ。

icon-location-pin 池袋

全国銘菓撰
東京をはじめ全国各地の銘菓を販売。注目は、1927年発売以来、新宿中村屋の人気商品『月餅』の東武池袋店限定品だ。池袋のトレードマークである「いけふくろう」を表面にあしらったデザインは愛らしくお土産にぴったり。素朴な小豆あんとクルミが入った味はしつこすぎない程よい甘みだ。

目白・雑司ヶ谷エリア

23
旅猫雑貨店
ショッピング

オフビートな名品を発掘する。

icon-location-pin 雑司が谷

旅猫雑貨店
雑司が谷駅にある近くにある雑貨店。日本全国から集めたユニークな和雑貨と古本、郷土玩具を取り扱っている。同店に置かれているものは、シュールで愛らしいものばかりだ。玩具をモチーフにしたポストカードや、ポチ袋、ブローチなど小さなサイズのものやリーズナブルなアイテムが多いので、ちょっとしたプレゼントを買いに行くにもおすすめだ。

関連記事 『東京、郷土玩具に出会える店10選

24
うなぎ目白ぞろ芽
レストラン

幻のうな重を味わう。

icon-location-pin 目白

うなぎ 目白ぞろ芽
全国でもわずか30カ所でしか食すことのできない幻の「共水うなぎ」を取り扱っているうなぎ屋。すっきりとして後にもたれない脂身と、食感を感じないほど柔らかなウナギは焼くことで外皮が香ばしく甘い香りが漂う。重箱を開ければ、そこには完成された美味が待ち受けていることだろう。

Advertising
25
志むら
レストラン

あんこと餅で一休みする。

icon-location-pin 目白

志むら
目白にある甘味処。1階では虎豆入りの求肥餅『九十九餅』や、青えんどう豆が入った餅でこしあんをくるんだ『福もち』などが販売されている。2階、3階の喫茶では、あんみつのほか、おにぎり、カレーなどの食事メニューも楽しめる。

関連記事『東京、あんみつ 10選

26
目白庭園
アトラクション, 公園&庭園

滝の景色を望む。

icon-location-pin 目白

目白庭園
フランク・ロイド・ライトが建てた自由学園明日館から程近いところにある小さな公園。伝統的な日本庭園が広がり、美しく配置された池や滝が楽しめる。ビューポイントの芝生の上でピクニックを楽しむのもいいだろう。

Advertising
27
ユルカフェ
レストラン

スローなひとときを過ごす。

icon-location-pin 池袋

ユルカフェ
雑司が谷駅から徒歩5分の場所にあるカフェ。プレハブ倉庫を改装し、ゆったりとした空気感漂うカフェ。じっくり抽出することで苦味が少なくコクのある「水出しコーヒー」やココナッツミルクをたっぷり加えた、まろやかなルーが特徴的な「ユルカレー」が看板メニュー。ユニークな視点で選んだクラフトビールや手作りタルトなどもひとひねりきいている。

28
バー井原
バー

フルーツカクテルでほろ酔う。

icon-location-pin 目白

バー井原
目白駅近くにあるバー。カウンター8席、小さなテーブル1つという、こじんまりとした店だ。味わうべきは、フルーツを使ったカクテル。毎日、旬の果物を使用した約5種類のカクテルが用意されている。22〜25時は比較的混み合うので、ゆったり酒を楽しみたい人はそれ以外の時間で訪ねるのがおすすめだ。

関連記事:『東京、旬の果物にほろ酔うバー10選

Advertising
29
アトラクション, 宗教的な建物&場所

祈りを捧げる。

icon-location-pin 雑司が谷

鬼子母神堂
雑司ヶ谷霊園近く、今も江戸独特の情緒が残る。江戸初期から、子授け、安産祈願の神社として多くの参詣人を集めた。境内のオオイチョウは樹齢700年といわれる神木だ。都電荒川線『雑司が谷』駅まで続く参道は商店街になっており、週末に『みちくさ市』や『手創り市』が開かれている。

大塚エリア

30
大塚記念湯
Things to do

レトロフューチャーに浸る。

icon-location-pin 大塚

大塚記念湯
時代が大正から昭和に変わる1926年にオープンした歴史あるレトロな銭湯。1989年の改築当時、宇宙ブームだった名残りで、天井や壁面には宇宙をイメージした絵画が描かれている。ぬるめのお湯でリラックスできるほか、2階にはサウナや指圧師によるマッサージルームがあり、昼ごろから深夜12時までくつろぐことができる。 

31
フルーツすぎ
レストラン

衝撃のフルーツパフェを食す。

icon-location-pin 大塚

フルーツすぎ
果実専門店が開いているフルーツパーラー。季節のフルーツパフェはInstagramにも最適な見栄えに加え、厳選した果実は衝撃のおいしさなのでぜひ味わってみてほしい。数量限定の人気商品のため、食べるためには開店前から整理券を入手する必要があるが、その価値は十分にあるだろう。

Advertising
32
くわん
レストラン, 日本料理

お気に入りの日本酒を見つける。

icon-location-pin 大塚

くわん
日本酒と和の家庭料理である「おばんざい」が楽しめる居酒屋。日本酒は日本各地のものを季節ごと日替わりで30種ほどを提供。料理は旬の焼き魚や、『鮭と白子の天ぷら』など日本酒に合うニューが多数並ぶ。内観はカヒノキ細工のテーブルや、自然の土から造った土壁など各所に自然の恵みを感じることができる、大地に根ざした飲み屋だ。

33
レアンドロ
バー

ワインで百年の時を超える。

icon-location-pin 大塚

レアンドロ
マデイラ島で作られた独特の甘みと香りを持つマデイラワインに特化したバー&カフェ。ギネスブック登録された、世界で一番マデイラワインを置いている店だ。18世紀に作られたものでもおいしく味わうことができるのが特徴。同店でも自分や親が生まれた年のワインなどを気軽に飲むことができる。グラスを傾け味覚を通じて時間旅行を楽しんでみてほしい。

Advertising
34
Titans Craft Beer Taproom & Bottle Shop
バー

餃子とビールで夜をスタートさせる。

icon-location-pin 大塚

タイタンズ クラフトビアタップルーム&ボトルショップ
大塚駅前のクラフトビアパブ。アメリカ人オーナーの人望もあり夜な夜なにぎわっている。世界各国のクラフトビアがタップで常時12種類、ほかに缶やボトルも豊富。15〜18時のハッピーアワーは宇都宮で作っている餃子と1タップ900円以下のビールのセットが1,000円で楽しめる。

※消費税10%込みの価格

35
とんかつ 三節
レストラン

グラマーな生姜焼きにかぶりつく。

icon-location-pin 大塚

とんかつ 三節
現都知事もひいきにするとんかつ屋。店のどのメニューもレシピはほとんど創業当時から43年間レシピはほとんど変わっていない。とんかつも良いが、活力をつけたいときには280グラムほどのロース肉を使った豪快な『生姜焼き定食』もおすすめ。歯切れの良い肉厚な生姜焼きは今まで味わったことのない新しい味わいだ。

Advertising
36
ペンギン堂雑貨店
ショッピング

愛しいペンギンたちにときめく。

icon-location-pin 大塚

ペンギン堂雑貨店
ペンギンをモチーフとした雑貨を販売する同店は、ペンギン愛好家には夢のような空間だ。商品は、新鮮味を出すためにあえて10年から20年間、倉庫で寝かせたものを並べている。今では見ることのできないものばかりなので、レアなアイテムも見つかるだろう。

37
ぼんご
レストラン

究極のおにぎりにほっぺを落とす。

icon-location-pin 大塚

ぼんご
大塚駅前すぐにある人気おにぎり屋。『おにぎり』(各260円〜)は、定番の『梅』や『焼たらこ』から、変わり種の『うにくらげ』や『ピーナッツ味噌』まで50種類以上。新潟産コシヒカリを使用し、ふんわりと握られたおにぎりは、口の中でホロっと崩れる。注文が入ってから握るので、のりのパリっとした食感まで楽しめる。

※消費税10%込みの価格

Advertising
38
Karaoke Bar Tao Pai Pai
バー

カラオケはスナックアレンジで楽しむ。

icon-location-pin 大塚

カラオケ酒場 タオパイパイ
個性豊かな飲み屋地帯「大塚のれん街」にあるスナック風のカラオケ屋。ミラーボールとバーカウンターのあるお店風空間の中で、90分2,000円から飲み放題、歌い放題のシステムで楽しめる。生ビールやサワーはサーバーからオールセルフで注ぐスタイル。会計は1階のアガリコ餃子楼で支払う形式で、餃子やツマミなどといった食事もオーダー可能だ。

※消費税10%込みの価格

39
Live Jazz Bar Donfan
バー

グルーヴに入り込む。

icon-location-pin 大塚

ライブジャズバー ドンファン
ライブハウスも多く、フェスティバルも開催される音楽の街大塚の老舗ジャズバー。こじんまりとした店だが、ハイレベルな日本のプロミュージシャンたちが日夜ライブを行っているジャズバーだ。客だと思って一緒に飲んでいた人が、おもむろにステージに向かい出し、痺れるようなソロを弾き艶かしい歌声を聴かせる。そんなラフな雰囲気も魅力だ。

Advertising
40
ホテル

OMOレンジャーに醍醐味を学ぶ。

icon-location-pin 大塚

星野リゾート OMO5 東京大塚
星野リゾートが手がける新ブランド「OMO」のホテル。OMOは観光客をターゲットに、都市型観光に特化したサービスを中心に展開する。他の星野リゾートモデルにはない手頃な値段で、ビジネスホテルとは異なる充実したサービスを受けることができる。また、「OMOレンジャー」と呼ばれるホテルのスタッフが大塚の街を案内してくれるサービスもある(コースによっては有料)。

41
レストラン

大塚のムーランルージュに行く。

icon-location-pin 大塚

シスイ ドゥー
「大塚で一番楽しいバー」の謳い文句にうそはないかもしれない。毎週火曜に開催されるダンスショー「フレンチ・カンカン」はセクシーかつエネルギッシュで、パリのムーランルージュが再現されたかのよう。会場と一体となったパフォーマンスに、あなたもいつのまにか手拍子してること間違いなしだ。ワインやパスタなどの食事も一緒に楽しめる。

巣鴨エリア

42
をごちゃん
Photo by Yuki Nakamura
バー

ヒップにタコ焼きを味わう。

icon-location-pin 巣鴨

タコヤキスタンドをごちゃん
関西風のふわふわたこ焼きとこだわりの酒が飲める唯一無二のたこ焼きバー。ガリガリ君が丸ごと刺さっている『ガリガリ君カクテルラムネ』や『絞った生姜が入った辛いモスコ』などユニークな酒が多く並ぶ。たこ焼きや、一番人気の焼きそばとのペアリングを楽しんでほしい。店のシャッターなど随所に店主のデザインセンスが光るフックの効いた一軒。

43
お食事と甘味 たけやま
レストラン, 日本料理

爽やかなビーフシチューに出逢う。

icon-location-pin 巣鴨

たけやま
巣鴨にある肉食のシニアたちが集まるレストラン、たけやま。1964年創業当時から変わらない味を提供している。おすすめは一ヶ月かけて作るソースと国産牛を使った『ビーフシチュー』や『ハンバーグ』。ほかにもクリームあんみつなど、甘味のメニューもそろっている。

Advertising
44
ジャパニーズ-ソバ-ヌードル-蔦 
レストラン

ミシュラン級ラーメンをすする。

icon-location-pin 巣鴨

ジャパニーズ ソバ ヌードル 蔦
ラーメン店で初のミシュランスターを獲得した東京有数の人気ラーメン屋。黒トリュフのトッピングや何種類かの醤油をブレンドして作ったスープは濃厚で複雑、麺はつるっと味わい深く、チャーシューは柔らかでジューシーだ。整理券制となっており朝7時ごろから配布されるため早起きして行かなければ食べることができないが、その価値は十分にある。

関連記事 『東京、ベストレストラン100

45
うるうーる
ヘルス&ビューティー, ネイルサロン

歳を重ねたことを喜ぶ。

icon-location-pin 巣鴨

巣鴨ネイル うるうーる
巣鴨にあるシニア専門のネイルサロン。年代別割引サービスを実施しており、50代は50パーセントオフ、60代は60パーセントオフとなり、100歳以上ならば無料でネイルを施してもらえる。

Advertising
46
そめいいなり
ショッピング, デリ・デリカテッセン

おいしい一口で充電する。

icon-location-pin 巣鴨

そめいいなり
染井霊園のほど近い閑静な住宅街の一角にひっそりとある、テイクアウトのみの隠れ稲荷寿司店。三角のかわいい稲荷寿司(70円)は、甘さのある皮に青じそやゆず、しょうが、塩酢など飾らない具材と酢飯というシンプルなメニューを5種ほど提供する。いずれも素朴な味で落ち着いた気持ちにさせてくれる日本のソウルフードだ。

※消費税10%込みの価格

47
みずの
レストラン, ストリートフード

名物こそ元祖を食べる。

icon-location-pin 巣鴨

元祖塩大福 みずの
巣鴨の名物、塩大福。同地にはいくつも塩大福の店が軒を連ねるが、その発祥が巣鴨地蔵通り商店街の中ほどにある、みずのだ。厳選された小豆の甘みと絶妙な塩加減が食べやすく優しさのある甘さ。ほかにも草餅やみたらし団子、あんみつなど懐かしさを感じる甘味も提供されている。

Advertising
48
森の茶室
レストラン

茶の道はバーカウンターで学ぶ。

icon-location-pin 巣鴨

森の茶室
遠州流茶道宗家直門上席師範の位を持つ茶人、森雅三による本格抹茶と創作料理を提供する茶室。茶器が並ぶバーカウンターでカジュアルに本格抹茶を楽しめる。厳選した抹茶を使った”茶のエスプレッソ”こと『濃茶』は茶のうまみが凝縮した一品。濃さこそあるが嫌な苦味がないまろやかな口当たりは、ぜひ一度体験してみてほしい。

49
xyzコレクティブ
アート

最新のアートトレンドをチェックする。

icon-location-pin 巣鴨

XYZ コレクティブ
COBRA(ビデオアーティスト)、松原壮志朗(現代美術作家)、服部円(編集者)、気鋭のアーティスト3人がディレクターを務めるアーティスト・ラン・スペース。20~30代を中心とした、若手アーティストのスタジオとオルタナティブスペースで構成される。XYZ collective(コレクティブ)と4649、2つのギャラリーが交互に展示を行っている。XYZにスタジオを構えるアーティストの個展や、スタジオ外の同年代のアーティストの展覧会、さらには音楽・ファッションなど、ジャンルを超えたイベントを開催している。

Advertising
50
マルジ赤パンツ館
ショッピング

赤の力で厄をはらう。

icon-location-pin 巣鴨

マルジ 赤パンツ館
活力の象徴である赤いパンツを専門に取り扱う、世界初の洋服店。還暦のお祝いに赤い衣服を贈る伝統を強力に後押しするだけでなく、日常生活に赤の力で厄をはらい、幸福を与えてくれる。地蔵通り商店街のイメージキャラクター『すがもん』やハローキティとコラボレーションするなどユニークさとキャッチーさを持ち合わせた商品も多い。唯一無二の巣鴨土産に1枚いかがだろう。

51
染井霊園
Things to do

美しさの永続性を思ふ。

icon-location-pin 巣鴨

染井霊園
毎年春になるとソメイヨシノが満開となる花見の名所。混雑することもなく、美しい景色を鑑賞することができる。高村光太郎、二葉亭四迷、岡倉天心などの著名人の墓があることでも有名。文学ファンならば、芥川龍之介や谷崎潤一郎が眠る近隣の慈眼寺と併せて訪れてみるのはいかがだろう。

駒込エリア

52
百塔珈琲
レストラン, コーヒーショップ・喫茶店

コーヒーという芸術に触れる。

icon-location-pin 駒込

百塔珈琲
本郷通り沿いのビル2階にあるコーヒー専門のクラシカルなカフェ。酸味や苦味だけでなく、甘味にもこだわった自家焙煎(ばいせん)のドリップコーヒーがフルサーブで楽しめる。とても静かな店内なので、池袋の喧噪(けんそう)に疲れたらぜひ立ち寄ってほしい。なお、ノートパソコンの使用は禁止なので注意しよう。

53
komagomesoko
アート

芸術的な人々と交流する。

icon-location-pin 駒込

駒込倉庫
東京のアートシーンに生まれるプロジェクトに、実現の場を与えるために誕生したアートスペース。Instagram映えする優しいカラフルな外観、近所の古い住宅とのコントラストも面白い。この倉庫のようなギャラリーでは、地元のクリエーターから、ニューヨークやタイ、韓国など世界中の次代を担うアーティストの企画展を不定期に開催している。見逃さずにチェックしてほしい。

Advertising
54
ポニー
レストラン, カフェ・喫茶店

昭和シックな喫茶店で過ごす。

icon-location-pin 駒込

ポニー
ベルベットのソファが印象的な喫茶店。地元民に愛され、この場所で31年間営業している。コーヒーやクリームソーダから、生姜焼きやエビフライ、ミックスサンドといったフードが充実しているのが魅力だ。毎月第3水曜日には、店内にある小さなステージでジャズの演奏も行われる。ローカルの拠点でありながら、在りし日のシックな雰囲気を感じることができる一軒。

55
ショッピング, 花店・フローリスト

サボテンランドで癒される。

icon-location-pin 駒込

鶴仙閣 駒込本店
圧倒的な品揃えを誇る多肉植物専門店。店内と屋上の温室に、サボテンの強刺類から有星類、牡丹類、多肉植物ではコーデックス系などを取りそろえる。産地は南米、南アフリカ、メキシコ、ブラジル、ペルーなど、日本ではここでしか見られない品種も多数ある。マニアから素人まで、見物目的に訪れても楽しめるディープな一軒だ。

遊んだ後は風呂に浸かる。

Camera
Things to do

東京、銭湯富士10選

東京の銭湯の特徴は、破風のある宮造り様式や格天井、中庭、タイル絵など、視覚的に楽しい極楽空間にある。そんな粋の心の最たるものが、銭湯富士である。

本記事では、都内の銭湯に描かれている必見の銭湯富士を紹介する。レトロな一軒から、スーパー銭湯さながらの近代銭湯まで、各所の個性が光る、雄大な富士の姿に癒されてほしい。また、詳細ページでは各銭湯の桶の写真もアップしている。ケロリンばかりと思われがちな銭湯の桶も、木桶やモモテツ桶など、実はいろいろな種類があることが分かるだろう。

Advertising