東京、カレー30選

インド、タイ、欧風など、東京の広大なカレー宇宙をガイド
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

イギリス人がインドの煮込み料理をカレーと名付け、明治初期に日本に伝えて以来、絶え間ない進化を続けたカレーは、日本の国民食として確固たる地位を築き、ひとつの料理としてくくりきれないほどの存在となった。東京でも数えきれないほどの店がカレーを提供しており、タイムアウト東京でもエリアごとや、ジャンル別などで何度も特集を組んできたが、全体を捉えることは、実に難しい。ここでは、発祥の地、インドのカレーをメインに据え、タイカレーや、日本のカレーの礎となった「欧風カレー」などをジャンルごとに紹介。カレーマニアの読者にとっては、ジャンル分けやセレクトに異論も多数あることと思うが、これをひとつの基準として東京のカレー探索に勤しんでほしい。

レストラン, インド料理

北インド:シターラ

icon-location-pin 青山

青山のシターラは、インドの5つ星レストランで修行を積んだシェフの確かな腕と、白を基調とした洗練された空間で女性に人気の北インド料理の店。日本人の絶大な支持を受ける『バターチキンカレー』が同店の定番。トマトの酸味、甘味をいかしながら、ハチミツを加え煮込まれるためコクがある。甘口ながらタンドール釜で焼き上げた鶏の香ばしさがアクセントとなりしつこくならない。カバブをメインに据えた上質なディナーコースも魅力的だ。写真:『Wカレーセット』(1,350円)

レストラン

北インド:スパイスマジック世田谷上町店

icon-location-pin 経堂

TVのカレー選手権での優勝経験も持つ店主が営む北インド料理レストラン、スパイス マジック。この店で一番人気のメニューは『サグチキンカレー』(980円)。ほうれん草ベースのカレーにチキンティッカが入っていて濃厚だがヘルシーなカレーだ。見た目こそ青々しいがサグカレー特有の青臭さは控えめで、まろやかでコクのある逸品。甘口な仕上がりで口に感じる直接的な辛さは薄いが、食べているうちに内蔵がぽかぽかと温かくなってくるところが、まさにスパイスのマジックだ。

Advertising
レストラン

北インド:嶮暮帰

icon-location-pin 西麻布

嶮暮帰(けんぼっけ)は、いわゆるインド店らしいオリエンタルな内装ではなく、落ち着いた雰囲気。料理には天然のスパイスを使用しており、丁寧に作られたカレーのほか、しっかりとスパイスが染み込んだタンドールチキンも絶品だ。「東京で1番」との呼び声も高い。西麻布という立地にもかかわらず、昼は700円からあり、カレーにくわえ、丸型のナン、またはコシヒカリ米、サラダ、一口サイズのタンドールチキンまで付く。『豚挽き肉とナスのカレー』(800円)は、豚挽肉となすのみずみずしい食感のコントラストが印象的だ。

レストラン, インド料理

南インド:ニルワナム

icon-location-pin 神谷町

思う存分カレーが食べたいと言うときは神谷町の南インド料理のレストラン、ニルワナムの『ランチブッフェ』(1,200円)を利用しよう。チキン、マトン、野菜など数種類のカレーのほか、酸味の効いたインドのスープのラッサムや、すり潰した豆で作る揚げドーナツのワダ、牛乳でつくるデザートのパヤサムなど、南インドの味を気軽に楽しむことができる。人気店のため行列は覚悟しなければならないが、ランチタイムのビジネスマンが多いので比較的回転は速い。(1,200円)

Advertising
レストラン, インド料理

南インド:ダバ インディア

icon-location-pin 京橋

京橋のダバインディアは、南インド料理の人気店。おすすめは『ダバ ミールス』(ディナー2,200円)。バナナの葉の上に米、カレー、付け合わせが乗った南インド式の定食だ。チキン、魚、海老、3種のカレーは、それぞれに合ったスパイスがセレクトされ、素材の存在感がしっかりとある。さらにラッサムスープ、サンバルカレー、野菜のスパイス炒めなど、大満足の内容。ごろごろ入った海老に、レモンの酸味とバターのコクがよく合う『海老のレモンバターマサラ』(1490円)も他所では食べられない一品だ。

レストラン

南インド:アーンドラ キッチン

icon-location-pin 御徒町

アーンドラ キッチンでは、インド南部アーンドラ州出身のシェフが作る本格南インド料理が楽しめる。おすすめは、3種のカレーやラッサム、ラッシーまで付くお得な『ランチミールス』(1,290円)だが、この店に来たら、ほかにも南インドならのではのメニューを色々試したい。なかでも米粉や豆で作るクレープ、ドーサは、日本人好みのメニュー。じゃがいもとスパイスをくるんだ定番の『アーンドラ スペシャル マサラ ドーサ』(1,250円)はじめ、種類も豊富だ。

Advertising
レストラン

南インド:カマルプール

icon-location-pin 江東区

木場にあるカマルプールは、ダバインディア出身の店主が作る南インド料理を堪能できる人気店。『鯖カレー』、『カキチャーハン』などユニークなメニューが並ぶが、なかでも『ラムミントカレー』(1,100円)は必食の一品。たっぷりとミントが乗るものの、強烈な刺激は無く、はじめはラムのコクを感じるマイルドな味わいが口の中に広がり、後からミントがふわっと香る。ゴルゴンゾーラがたっぷり入ったインドのパン『ゴルゴーンゾーラクルチャ』(750円)もやみつきになること請け合い。

レストラン, インド料理

南インド:ナイルレストラン

icon-location-pin 東銀座

銀座の老舗、ナイルレストランに入るとメニューを開く間もなく店員から勧められるのが『ムルギーランチ』(1,500円)。岩手産のターメリックライスに、鶏の骨付き肉、マッシュポテト、ボイルしたキャベツが乗ったボリューム満点のメニューだ。運ばれると、今度はすべてを混ぜ合わせて食べるよう指示される。7時間かけ煮込まれた鶏は、ナイフを入れるとほろほろと崩れるほど柔らかく、具材をぐちゃぐちゃとスプーンで混ぜてすべての食材を混ぜることで、スパイスの効いた辛めのルーに野菜やライスの甘さが溶け合い、なんとも言えない味わいになるのだ。

レストラン

SPICE cafe

icon-location-pin 墨田区
押上のSPICE cafeは、一軒家を改装した心地のよい雰囲気だが、店主は毎年1ヶ月は店を閉め、インドなど本場へ勉強に出かけるなど、カレーに対する情熱は並々ならぬものがある。ランチタイムは2種類のカレーが楽しめる『ペアカレーランチ』(1,400円)が人気。『チキン』、『ラム』、『ココナッツ』、『ラッサム』のほか、日替わりのメニューも登場する。『ラッサム』は、トマトの酸味を効かせたスープだが、同店ではこれをライスにも合うような味わいにアレンジ。他店では食べられない一品だ。スパイスの魅力を発見させてくれるディナーコースもおすすめ。
レストラン, インド料理

デリー 上野店

icon-location-pin 湯島
1956年創業のデリーは、日本におけるインド、パキスタンカレーの草分け的存在。インドの伝統的な手法を用いながら、欧風カレーのエッセンスも加え、日本人に愛される味を追求してきた。辛いもの好き、カレー好きには昔からよく知られているのがこの店の代名詞的存在『カシミールカレー』(950円)。サラっとしたスープのようなカレーは食べ進めるうちに汗がぶわっと噴き出てくるほどの辛さだが、野菜の旨味と鶏のコクにスパイスが折り重なり、奥深い味となっている。箸休めのタマネギのアチャールも美味。
Advertising
レストラン

GHEE

icon-location-pin 原宿
GHEEは、かつて原宿にあった知る人ぞ知る名店。2005年に惜しまれつつ閉店したが、2013年よりBROWN HORSEの店舗を昼間のみ借りる形で復活した。カレーは、『バターチキンカレー』、『キーマカレー』、『ビーフカレー』、『野菜カレー』の4種類。それぞれ個性的で甲乙付けがたいが、まずは『ビーフカレー』を試してほしい。メニューに赤字で「激辛」と記されているだけあり、口に含んだ瞬間に刺激が襲うが、あとから奥深いスパイスの味わいが広がり、やみつきになる。好きなメニューを2種類組み合わせることができる『コンビネーション』で頼みたい。
レストラン, インド料理

般°若

icon-location-pin 下北沢
俳優の松尾貴史が手掛けるカレー専門店。インドカレーをベースとしながらも、出汁や醤油などを組み合わせ、複合的な美味さを生み出している。約半年の休業を経て2015年1月にリニューアルオープンした。スパイスの香りがダイレクトに感じられる、スープのようなチキンカレーと、パクチーがたっぷり乗ったラムのキーマがセットになった『チキンと羊のキーマ ハーフ&ハーフ』(1,350円)や、イカスミを使用した真っ黒な衣がインパクト大の『マーハカツカレー』(1,520円)など、こだわりのメニューが揃う。
Advertising
レストラン, インド料理

かえる食堂

icon-location-pin 池袋
かえる食堂はカウンター7席のみの小さな店。最初に訪れたら『チキンカレー』と『野菜カレー』、2種類の魅力が分かる『ミックスカレー』(850円)を注文しよう。さらっとしたカレーは優しい味わいでスパイスがじんわり身体を温めていくよう。途中でレモンを搾ると味がぱっと変化する。食感を残しながらも、柔らかく仕上げたチキンは軟骨まで美味しい。季節によって異なる野菜は、素材ごとに煮る、素揚げするなどの処理を行い、ライスはチキンスープで炊くなど、ひとつひとつ手間ひまを惜しまない仕事ぶりには頭が下がる。
レストラン, インド料理

ライオンシェア

icon-location-pin 代々木
代々木のライオンシェアは、かつて長野県松本にあったインド料理の名店、シュプラの味を受け継ぐ店。化学調味料、添加物、乳製品、卵、小麦粉を使用しないヘルシーなカレーにこだわっている。看板メニューは鶏肉で作るドライキーマカレー。低温でじっくり炒めた甘めのキーマは、ぱらぱらとした仕上がりながら、肉の旨味がしっかりと閉じ込められている。ランチタイムの『Aランチ』はこのキーマを乗せたライスに、好きなカレー1種類と刻み生野菜が付き1,200円。トッピングには特製のにんにく酢醤油に漬けた『酢たまご』(150円)をぜひ。
レストラン

トマト

icon-location-pin 荻窪
荻窪にある欧風カレー店の名店トマトは、夫婦が切り盛りする小さな店。この店のカレーは、スパイスを多く使用していて、シチューのようなコクを持つのが特徴。看板メニューは、スパイスが織りなす複雑な味の『和牛ジャワカレー』(1,890円)だ。これに多くの人がゴロゴロとした野菜の食感を楽しめる『季節の野菜』(440円)をトッピングする。平日の昼には、サービスでデザートが付く。カレーとしてはかなり高価だとは思うが、必ず満足できるだろう。行列必至なので、開店前から並ぶのが賢明だ。
レストラン

ボンディ 神保町本店

icon-location-pin 神保町
カレーの激戦区神保町において不動の地位を確立する元祖欧風カレー店。ボンディは、神田古書センタービル2階にあり、入り口は少々分かりにくいが、絶品カレーを求めて終日客足が絶えない。カレーは1,480円からと、少々高い価格設定かと思われるかもしれないが、じっくりと煮込まれた芳醇なカレーソースには、ゴロゴロと大きな具材が入り、ボリューム満点。食前に出されるじゃがいもはバターを塗ってそのまま食べても良いし、カレーと一緒に食べても良いだろう。写真:『ビーフカレー』(1,480円)
Advertising
レストラン, イギリス料理

サンライン

icon-location-pin 白金
高輪にある英国風カレー専門店、サンラインのメニューは『英国風カレー』1品のみ。医食同源をコンセプトに掲げており、香辛料の効果を最大限に発揮させるため、水は一切出さないというストイックな店だ。スープ状のカレーソースも、具がまったくないシンプルな見た目だが、たっぷりのスパイスや、牛肉、野菜独自の製法で臭いを消したニンニクなどで作ったものを裏ごししており、奥深い味わいだ。玄米はかなりたっぷりだが、カレーがかなり辛いので、水を飲まずに食べるにはちょうど良い量と言えるだろう。
レストラン

ビストロ喜楽亭

icon-location-pin 三宿
池尻の洋食店、ビストロ喜楽亭のメニューの中心は、壷焼きスタイルで提供している名物の欧風カレーだ。カレーはブイヨン取りから始まり、毎日10時間以上じっくり煮込み、さらに一夜じっくり寝かせたものを用意。アツアツで味わえるようにと、ルーを壷に入れ提供している。そして濃厚な欧風カレーに合わせるトッピングは、野菜、チキン、ビーフ、フルーツ、生ソーセージ、白身魚フライ、牛フィレステーキなどバリエーション豊富。迷ったときは、洋食屋らしく『ハンバーグかれー』(1,365円)をチョイスしよう。
Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

ストーン

icon-location-pin 浅草橋
カレーとチーズの相性の良さは語るまでもないが、浅草橋のストーンは、そのことを再確認させてくれる。名物の『焼きカレー』(800円)は、柄の付いた鍋に入ったドリアのようなビジュアル。カレーの上にはチーズが乗り、こんがりとついた焼き目は反則級に食欲をそそる。米を包み込むほどたっぷりとかかったカレーソースは、誰もが好きな懐かしい味わい。ほぼ生の状態の黄身を割れば、味がまろやかに変化し、最後まで飽きずに楽しめるだろう。
レストラン

3丁目のカレー屋さん

icon-location-pin 京橋
シーフードカレーが食べたくなったら、宝町にある3丁目のカレー屋さんを訪れよう。年代物の音響機器から流れるレコードの音に耳を傾け待っていると、土鍋に入った『シーフードカレー』(1,700円)が、ぐつぐつと音を立てて運ばれてくる、大きな帆立や海老、イカなどがごろっと入ったなんとも贅沢なメニュー。ルーはスープのようにさらりとしているが、口に入れると濃厚な魚介のエキスとスパイスが押し寄せ、固めに炊き上げられた米はあっという間になくなってしまう。辛さは3段階から選べるが、初めてなら中辛を選ぼう。
Advertising
レストラン

牡蠣料理 銀座 楸

icon-location-pin 銀座
美味しいカレーは専門店でなくても食べられる。銀座にある牡蠣料理専門店、楸はランチタイムに提供しているカレーが大人気。人気の『ステーキカレー』(1,100円)は、やわらかく焼き上げられた牛ロースステーキにくわえ、小ぶりながら、肉厚な牡蠣のソテーものっている。真っ黒なルーは、米をコーティングするほどさらりとしており、ほんのり苦みを感じる濃厚かつ深い味わい。しっかりと主張がありながら、ソースのように具材を引き立てている。
レストラン

共栄堂

icon-location-pin 神保町
1924年(大正13年)創業の、神保町でも歴史のあるカレー専門店『共栄堂』は、「スマトラカレー」にこだわる店。昼時ともなれば、行列が絶えない人気店だ。一見すると濃厚そうな黒褐色のカレーは、口当たりがさらりと軽やか。一口含んだだけで、スパイスの香りが口中にぶわっと広がり、ほろ苦い後味がクセになる。ポーク、ビーフ、チキンなど数種類のメニューが揃うが、中でもほろりと崩れる柔らかな『タンカレー』は絶品。辛さというよりは、スパイスの風味を味わいたい人にはぜひおすすめしたい店だ。
Advertising
レストラン, カフェ・喫茶店

まめ蔵

icon-location-pin 吉祥寺
カレーの名店が多く集まる吉祥寺の中でも高い人気を誇るのが、まめ蔵。辛さを抑えながら、スパイスの香りが立ったカレーは万人に愛される味。辛いのが好みであれば、卓上の辛味七味と香味七味で調節して食べよう。肉がごろごろ入った『ちきんカレー』『びーふカレー』プチトマト、なす、獅子唐と彩り鮮やかな『やさいカレー』など人気は分かれるが、数種類の豆の食感が楽しい『豆まめトッピング』(100円)は多くの人が頼む人気トッピングだ。写真:『ポークカレー』(930円)
レストラン

アサノ

icon-location-pin 町田
日本のカレーを語る上でカツカレーは欠かすことのできない存在だ。町田のアサノは、カウンター7席と小さいが、連日行列ができる人気店。多くの客が頼むのが看板メニューの『リッチなカツカレー』(1,450円)。かつには、神奈川県のブランド豚『高座豚』を使用しており、薄めだが豚の旨味をしっかりと感じることができる。カレーソースは、さらっとしていながら、濃厚で、スパイスの香りも良い。具材もにんじん、じゃがいも、インゲン、豚肉が主張しすぎることなく共存しており、非の打ち所がない。
もっとみる
レストラン, タイ料理

タイ:タイカリーピキヌー

icon-location-pin 駒沢大学

駒沢にある名店ピキヌーは、信濃町の名店メーヤウで修行を積んだ主人によるタイカレーの名店。それぞれ辛さが唐辛子マークで表記されているので、辛いのが苦手ならひとまず『グリーンカリー』(800円)を注文しよう。シャキシャキのキャベツと牛肉、パプリカやゆで卵など具だくさんで、サラサラと爽やかで洗練された味わいだ。卓上に置かれたナンプラーを米の上にひとかけすると、よりエスニックな味に。辛いのが好きな人は『激辛カリー』(900円)や『チキンカリー』(700円)がおすすめ。分かりにくい立地ながら客足が絶えないのも納得の味だ。

レストラン, タイ料理

タイ:ライカノ

icon-location-pin 北千住

北千住にあるライカノはリーズナブルにタイ料理が楽しめると人気。この店ではイスラム教徒のカレーと呼ばれるタイ発祥のマッサマンカレーが食べられる。この店のマッサマンカレーは鶏肉を使用した『ゲェーンマサマン・ガイ』(690円)と、牛肉を使用した『ゲェーンマサマン・ヌア』(690円)の二種類。ナツメグやカルダモンの入ったペーストを使用し、よく煮込んだ肉とゴロゴロと大きなじゃがいも、ピーナッツが入っており、こってりとまろやかな甘めの味付け。タイカレーが苦手な人にも是非トライしてほしいメニューだ。

Advertising
レストラン, ネパール料理

ネパール:TAAL

icon-location-pin 駒込

辛いもの好きならば、駒込のTAAL(タール)へ足を運ぼう。なかでも一番辛い『マトンカレー』(ランチ800円)は、サラッとしたスープ状のカレーに、具材はマトンのみというシンプルな一品だが、スパイスの爽やかな辛さは一口含んだだけでダイレクトに伝わってくる。メニューにある、「体調の悪い方は止めて下さいね」との断り書きの通り、発汗作用たっぷりの辛さで、ハンカチ必須で臨みたいレベル。だが、どこかクセになるような奥深い美味しさがある。また、添えられるアンズのチャツネがこのカレーと相性がよく、美味。夜訪れたときには炒め料理もおすすめだ。

レストラン

迷ったら......:ホーカーズ

icon-location-pin 田町

食べるカレーのジャンルに迷ったら芝浦のホーカーズへ。店主は世界中のカレーを食べ歩き、インドとタイで修行を積んだ筋金入りのカレーマニア。インドの『チキンカレー』、タイの『赤いカレー』、アイルランド、ダブリンの『ポークカレー』と各国のカレーを本格的に再現している。『ホーカーズディナー』(1,030円)は、好きなカレー2種類にナンと炒飯がセットになった、なんとも風変わりなメニュー。タイカレーをナンにつけたり、欧風カレーと炒飯を合わせるなど、ユニークなカレー体験ができるだろう。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com