Photo: Lim Chee Wah; design: Zineb Bektachi
Photo: Lim Chee Wah; design: Zineb Bektachi

東京、今飲むべき最高のアイスコーヒー4選

夏の定番、アイスコーヒーをおいしくアレンジしている店を紹介

作成者: Lim Chee Wah
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、今飲むべき最高のアイスコーヒー4選

東京のうだるような夏の暑さから逃れる術はなく、我慢して耐えるよりほかはない。もちろん、大量のアイスコーヒーを飲めばいいのだが、飽きずに飲めるものは限られている。

ありがたいことに、街の多くのカフェやコーヒーショップでは、このありふれた夏の定番ドリンクに新しいフレーバーや材料を加えたり、新たな調理法を用いたりと、クリエーティブなアレンジをしている。早く秋が来ないものかと待ちわびながら、夏の間ずっと飲んでいたいアイスコーヒーを紹介しよう。

関連記事
東京、ベストデザインカフェ15選

 

Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah

コピカリアン『アイスコピカリアン』

レストラン カフェ・喫茶店 原宿

たった一つのシンプルな材料が、大きな違いを生むことがある。原宿にあるインドネシアから上陸したコーヒーショップ&カフェでは、質素なアイスカフェラテに、オーガニックのアレンガ・サトウヤシの砂糖を使って、黒蜜のような濃厚な甘さを加えている。これが、トーストのようなコーヒーの香りを完璧に引き立てているのだ。

エスプレッソはシングルショットとダブルショットから選ぶことができるので、甘いアイスコーヒーが好きな人は前者を選ぶといいだろう。シングルは650円で、ダブルは700円。

Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah

スイッチコーヒー『エスプレッソトニック』

レストラン カフェ・喫茶店 茅場町

トニックウォーターは、ドリンクに生ビールのような泡立ちと、ほのかなかんきつ系の甘みを与え、ダークローストのコーヒーとの素晴らしいバランスを取っている。ただし、『エスプレッソトニック』(650円)には中毒性があり、驚くほどエネルギーが出ることに注意が必要だ。というのも、ソフトドリンクのような爽やかさと、エスプレッソの苦味がマッチしていて、一気に飲み干しても、もう一杯欲しくなってしまうだろうから。

Advertising
Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah

ダブリューアール『アイスモカカプチーノ』

レストラン カフェ・喫茶店 学芸大学

滑らかなチョコレートカプチーノのミルクセーキ。冷たい牛乳とクラフトチョコレート、エスプレッソをハンドブレンダーで泡立て、クリーミーな味わいに仕上げている。氷が入っていないので、最後の一口まで濃厚な味わいが楽しめるだろう。爽やかさと満足感を同時に味わえるドリンクだ。価格は850円。

Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah
Photo: Lim Chee Wah

フグレン『エスプレッソシェケラート』

バー 渋谷

※当面の間、7時00分~20時00分に営業時間を変更

この氷のように冷たいイタリアの伝統的なアイスコーヒー『エスプレッソシェケラート』(510円)は、エスプレッソのストレートショットのように濃くはなく、アイスアメリカーノのように水で薄めていることもない、中間的な存在だ。

エスプレッソとブラウンシュガーを氷の上でカクテルシェーカーに入れてシェイクすると、滑らかな泡立ちの爽やかなドリンクが出来上がり、思わず口にしたくなる。これにアマレットやサンブーカなどのリキュールが入っていれば最高なのだが。

夏に食べたい冷たいスイーツ......

Nekogoori
Photo: Time Out Tokyo

東京、かき氷30選

レストラン

東京のかき氷シーンは、年を重ねるごとに盛り上がっているといっても過言ではない。多くの店が個性を打ち出すべく、これまでかき氷には使用されてこなかった食材や斬新な素材の組み合わせなどを駆使し、新しいメニューを次々に生み出している。

一年中かき氷が食べられる店が増えたとはいえ、ベストシーズンは。ここでは、タイムアウト東京エディターで、かき氷を愛してやまないケイラ イマダ(@kakigori_kaila)一部監修のもと、暑い日にはしごしてでも巡ってほしい店を紹介する。

喫茶宝石箱
喫茶宝石箱(Photo: Keisuke Tanigawa)

東京、クリームソーダ9選

レストラン

カラフルなソーダの上にバニラアイスが浮かぶ、目にもおいしい飲み物、クリームソーダ。「西洋のハイカラな飲み物」として日本に上陸して100年余り、今なお愛される理由はその奥深さにある。

ソーダのシロップ、トッピングの種類など、アイデア次第でクリームソーダはさまざまな姿に変わる。我々をあっと驚かせてくれるファンシーなものもあれば、「やっぱりこの味」としみじみさせてくれるものもあり、飽きさせることがないのだ。

今回は、老舗の喫茶店からフォトジェニックなカフェまで、個性的なクリームソーダを扱う9店を紹介する。

Advertising

東京、ベストジェラート13選

ショッピング

日本の法令で乳固形分15%以上、そのうち8%は乳脂肪でなければならないと定義されているアイスクリームに対し、通常5%前後の乳脂肪で作られるのが一般的なジェラートは(この場合、日本ではアイスミルクに分類される)、果物や野菜など素材そのものの味を楽しむことのできるヘルシーなスイーツだ。

空気の含有量も考えながら作られており、濃厚で滑らかな舌触りが特徴。さらに、その時期に旬を迎える食材を使用しているところが多いため、季節の味を楽しめるのもうれしい。ここでは、牧場が運営するジェラテリアや雨の日限定のフレーバーを提供する店など、都内で味わえる絶品ジェラート店を紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Best selling Time Out Offers
        Advertising