注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

今朝 IMAASA

東京、文豪が愛した料理店13選

浅草や銀座、人形町、神保町などで堪能する文学の味

Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、文豪が愛した料理店13選

Text by 松崎雅子 and Time Out Tokyo Editors

小説やエッセイを読んだ際、さりげなく登場する料理の名前や描写が、読後にまでも深く印象を残していることはないだろうか。作品に叙情的な厚みを加え、強烈なイメージとなって脳裏に焼き付く料理は、作家が思い入れや意図を持って配置した、作品の重要なエッセンスとも言えるだろう。食に強いこだわりを持つ作家は多く、彼らの著作に贔屓(ひいき)の料理店の名前が繰り返し出てくることもよくある。ここでは、明治~現代の文豪と関係深い料理店を紹介する。下町の洋食店や老舗の和食店など、いずれも文豪が活躍した当時から営業を続ける老舗ぞろい。往時に想いをはせながら、長きにわたって受け継がれてきた味を堪能してほしい。

煉瓦亭

レストラン 銀座

洋食の老舗である煉瓦亭も、多くの文化人が愛した店として知られている。『楡家(にれけ)の人びと』や『どくとるマンボウ』シリーズで知られる作家、北杜夫もその1人。『マンボウ哀愁のヨーロッパ再訪記』では、「ほどよく冷えたビールの小ビンに、カリッと揚げたての上カツレツとピカピカのライス、そしてアツアツのコーヒー。まさしく銀座の昼食バンザイ!と叫びたくなってしまう美味しさ」と紹介している。北も絶賛した、サクサクとした衣の音が響きわたるほどの揚げたて食感は、ぜひ一度体験してほしい。

慶楽

レストラン 中華料理 有楽町

1950年創業の広東料理店。落ち着いた濃い茶系のトーンで統一された店内は、高級すぎずカジュアルすぎない居心地の良さがあり、著名人にもファンが多い。特に常連として良く知られていたのは、昭和の小説家、吉行淳之介。よく注文していたという『蠔油牛炒麺(カキ油牛肉ヤキソバ)は、広東風のややコシのある焼きそばにレタス、キクラゲ、牛肉が豪快に盛られた一皿。濃いめの味付けで、ボリュームも満点だ。

Advertising

芳味亭

レストラン 人形町

店構え、店内ともに純和風の民家のような雰囲気を漂わせる芳味亭は、1933年創業の洋食店。戦後を代表する脚本家であり、小説家、エッセイストでもあった向田邦子は、47歳にして人形町を初めて訪れ、以来たびたび同店にも足を運んだという。三和土の玄関、畳の小上がりなど、昭和情緒たっぷりの店内では、『スチュー』や『オールドオーブル』など、昔懐かしい味の定番洋食を提供。初めて訪ねるなら、コロッケやハンバーグ、海老フライなどの人気メニューが一度に味わえる『洋食弁当』がおすすめだ。

おすすめ

    関連情報

      Advertising