東京で楽しむ、手頃価格のミシュランレストラン

餃子、うどん、おにぎりなど、何度でも気軽に食べられるミシュランフード

作成者: Lim Chee Wah および Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京で楽しむ、手頃価格のミシュランレストラン

ミシュランの星を獲得したレストランの数は、東京が世界最多と言われるように、わが街は世界最高の食の都だ。2019年版のミシュランガイドブックにその名を刻むことができた星付きレストランは230軒。三つ星と評価されたのは13軒、二つ星は52軒、一つ星は165軒上る。今回、新カテゴリーとして「おにぎり」が登場したことも話題となった。誇らしいことではあるが、これらのレストランは、高価で予約も取りづらい、という印象があるだろう。ここでは、ビブグルマン(5,000円以下(サービス料、席料含む)で食事ができる、おすすめ店舗)を含む、予算1,000〜2,000円程度、またはそれ未満で楽しめる店を紹介する。 

レストラン

割烹 中嶋

icon-location-pin 新宿

ミシュラン一つ星


ミシュラン星付きレストランとしては、おそらく都内で最低価格のランチを提供している店だろう。懐石コースはディナー時だと1万5,000円~だが、ランチならたった800円から楽しむことができる。白米、味噌汁、漬け物、茶がセットになっていてボリュームもある。ランチの主役はイワシだ。揚げ、醤油煮、ごまとショウガであえた刺し身、柳川鍋から調理法が選べる。迷ったときは柳川鍋をおすすめする。揚げたイワシに、卵とタマネギを煮込んだ醬油だしが掛かった柳川鍋定食は懐かしい味がする。開店前から行列ができることと、6歳未満の子どもは連れて入れないことに注意しよう。

レストラン

ジャパニーズ ソバ ヌードル 蔦

icon-location-pin 巣鴨

ミシュラン一つ星

蔦(つた)のレビューをする際、特筆すべき2つのことがある。まず良い点は、ミシュランスター獲得の味を1,000円以下で楽しめること。残念な点は、当日の朝8時前に店に行って整理券をもらわないと、席を確保できないことだ。その価値はあるのかと問われれば、間違いなくあると答える。日本のラーメン店で初めてミシュランスターを獲得した蔦には、ミシュランの調査員が訪れる前から長い行列ができていた。ラーメンに徹底的にこだわる店長の大西祐貴あってのことだ。どんぶりには黒トリュフを一振り、何種類かの醤油をブレンドして作ったスープは濃厚で複雑、麺はシコシコつるつるで味わい深く、チャーシューはパーフェクトに柔らかくジューシーだ。

Advertising
レストラン, ラーメン

鳴龍

icon-location-pin 大塚

ミシュラン一つ星
Japanese Soba Noodle 蔦に続いてミシュラン星を獲得したラーメン店。自家製の特製担々麺が、群を抜いて他店よりうまい。小規模なラーメン屋は、個性たっぷりでしつこさが残る重めのスープを作る傾向がある。しかし、鳴龍のそれは赤唐辛子ベースのスープも手が込んでいるが、完食できてしまうほどにさっぱりとしているのが印象的。コシのある麺に、ゴマの香ばしさとパンチが効いた唐辛子の辛さが絡み合う。50円で辛みを追加することもできる。メニューには、醤油ラーメン、塩ラーメン、おにぎりもあり、トッピングとサイドオーダーには、チャーシューや海老ワンタンなどがある。いつも行列ができているが、注文は1人麺1杯に限られているので、長時間待つことはないだろう。その日のスープが終わり次第閉店するので、夜に行く場合は店のTwitterを確認しよう。

レストラン, ラーメン

ソバ ハウス金色不如帰

icon-location-pin 新宿二丁目

ミシュラン一つ星:2019

新宿の路地裏にひっそりと店を構えるラーメン屋、ソバ ハウス金色不如帰(こんじきほととぎす)。2019年1月に、ミシュラン掲載店に仲間入りを果たし、世界で3軒目の一つ星を獲得した。 ここで食べてほしいラーメンは、『真鯛と蛤の塩そば』(900円)だ。スープのベースには、2種類の塩(モンゴル岩塩と沖縄海塩)を使用しており、塩の旨味が、ハマグリとマダイの甘みを見事に引き立てている。イタリア産の白トリュフオイルや、ポルチーニ茸を煮込んだソースなど、こだわりの材料を加えて完成する一杯は、味全体に深みがあり、最後の一滴まで夢中になって平らげてしまう美味しさだ。 店内には、カウンター7席しかないため、外まで続く行列に並ぶ覚悟は必至。しかし、待つだけの価値は十分にある。    

Advertising
レストラン

おにぎり浅草宿六

icon-location-pin 浅草

ビブグルマン:2019年

浅草にある、東京で一番古いおにぎり専門店。おにぎりは1個200円台からで、お昼には、おにぎり2個に豆腐の赤だし味噌汁、たくあんが付くセットメニューもある。具材のラインナップは、定番のイクラやコンブ、山ゴボウ、ショウガ味噌漬、アミ、塩辛など。深夜26時まで営業しているので、酒を飲んだ後の締めに利用してもいいだろう。

レストラン

琉球チャイニーズ TAMA 渋谷店

icon-location-pin 渋谷

ビブグルマン:2019年

沖縄料理と中華料理をミックスしたユニークな料理を提供するのは、中国出身の父親と、沖縄出身の母親を持つ、沖縄生まれ渋谷育ちの玉代勢文廣。2008年にオープンした同店は、リーズナブルなBIOワインを、島とうがらしなど南国特有のスパイスが効いた料理と一緒に楽しめる上に、深夜3時まで営業していることで、とても人気のある店だ。中国酒や沖縄の香辛料をアクセントにした自家製の腸詰めや、パクチーサラダなどがおすすめ。 

Advertising
Chukakosai Jasmine
Photo: Lim Chee Wah
レストラン, 中華料理

中華香彩 ジャスミン

icon-location-pin 広尾

ビブグルマン

恵比寿と広尾のちょうど中間あたり、明治通り沿いにあるモダンな中国料理店。上海、四川、杭州を中心とした郷土料理が楽しめる。人気を呼んでいる『よだれ鶏』は、しっとりと茹で上げた鶏腿肉に、辣油や花椒(四川省の山椒)が効いたたれやゴマなどがたっぷりと掛かった、四川省の伝統料理。「よだれが出るくらいおいしい」という言われの通り、箸が進むおいしさだ。ランチタイムは、マーボ豆腐やよだれ鶏などのメイン料理とご飯、スープ、デザート付きで、1,100円から楽しめる。

レストラン

鳥つね自然洞

icon-location-pin 末広町

ビブグルマン

末広町にある鶏料理専門店。ランチの親子丼は行列ができるほどの人気。来店したら少しぜいたくして限定20食の特上親子丼を注文してほしい。なかでも『特上もつ入親子丼』(1,900円)は絶品。鶏肉は柔らかい食感を残すためレアに近い状態。レバーはなめらかな舌触りだ。こだわりの兵庫県産卵はふんわりと火を入れたものと、ほとんど生のものが二層になり、黄身の鮮やかなオレンジが食欲をそそる。

Advertising
レストラン, 日本料理

香川 一福

icon-location-pin 神田

ビブグルマン
本格讃岐うどんの店。うどんファンを失望させない店、と言い切れるだろう。滑らかでつるりとして、弾力のある文句なしの讃岐うどんだ。カレーうどんが人気だが、初来店の人は、まずはシンプルにかけうどんを頼んでみては。ぶっかけうどん、または釜玉うどんもそれぞれ麺の舌触りをより楽しめる。サイドオーダーには、おでんや炊き込みご飯など満腹になれるラインナップがそろう。トッピングは、わかめ、梅ぼし、温泉卵、マヨネーズなどから選べる。

レストラン, 中華料理

按田餃子

icon-location-pin 代々木上原

ビブグルマン

至る所で台湾のレストランを彷彿(ほうふつ)とさせる要素が満載な店。水餃子の形が通常のものとは異なり、ふっくらとしたトルテリーニのような形状だったり、餃子の具に使われている香辛料が、東南アジアのものを使っている点などだ。パクチーや干しエビ、ココナッツで味付けした鶏肉の餃子は、タイのトムヤムのよう。ほかにも、ニンジンとカレー粉を加えた豚肉、ショウガとハクサイの鶏肉餃子も見逃せない。おすすめは、8つの水餃子(各種2つずつ)と、豚そぼろ飯、わかめスープがセットになった餃子定食だ。ランチとディナーでメニューが変わることはなく、どの時間帯でもお気に入りを注文できるのが嬉しい。

Advertising
レストラン

とんかつ まさむね

icon-location-pin 溜池山王

ビブグルマン


シンプルだが、厳選された食材で作ったまさむねのとんかつは、極上の一品だ。同店では、ビタミンEと抗酸化物質が豊富な三重県桑名市のこめ油を使用し、和豚もち豚に特製のパン粉をまぶし、こんがりときつね色に揚げている。レモンを絞り、同店オリジナルのブレンド岩塩を掛けてシンプルに楽しんでほしい。なくてはならないキャべツと白米は大盛り無料。がっつり食べたい気分の日には『上ロースかつ定食』(1,680円)を。溜池山王のオフィス街に位置しているので、ランチには行列待ちが必至だ。

レストラン, ラーメン

麺や 維新

icon-location-pin 目黒

ビブグルマン


目黒駅東口から歩いてすぐの麺や維新のラーメンは、食材へのこだわりが生み出した唯一無二の逸品だ。もち豚のげんこつ、名古屋と秋田のブランド鶏、北海道の羅臼昆布を使用している。麺は国産小麦を使用した自家製麺。さっぱりと爽やかな『柚子塩らぁ麺』がおすすめだ。並盛りは850円だが、『特柚子塩らぁ麺』にアップグレードしてみては。ワンタン3つ、鶏肉3枚、甘辛醤油が染み込んだ柔らかいゆで卵が乗って1,100円だ。ほんの少しの鶏油が麺とスープの風味を豊かにしている。

東京を食べつくすなら...

レストラン

東京、ベストレストラン100

知る人ぞ知る、隠れ家的名店から、昔から地元の人々の空腹を満たしてきた大衆食堂まで、カテゴリーや価格も幅広くカバーし、今の東京を表すにおいて外せない100軒の店を選出した。

Advertising