八潮秘宝館
Photo: Keisuke Tanigawa八潮秘宝館

東京近郊の変わった博物館19選

刺青や地下鉄、ラブドールなど変わった博物館

Mari Hiratsuka
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京近郊の変わった博物館19選

東京には、視点が異なる多種多様な博物館が存在する。本記事では、変わった展示品や、見世物レベルの収蔵品など、強烈な個性をもつオーナーがコレクションした品々を展示する博物館を紹介する。

関連記事
東京、奇妙なレストラン13選
東京、オタクが集うバー5選

ディープスポットから攻める。

  • Things to do
  • 埼玉

埼玉県八潮市にあるラブドール愛好家、兵頭喜貴の夢の館。この一軒家を購入したことをきっかけに自宅を秘宝館にしてしまった。兵頭は、「ドールに囲まれて過ごしたい」という願望からラブドールや、マネキン人形など20体以上の人形(ひとがた)を収集し、所有している。特別公開は年に3回ほど。公開スケジュールと詳しい所在地については、兵頭の公式ブログを確認してほしい。

関連記事
自宅を秘宝館にしてしまった男、兵頭喜貴を訪問

広告
  • ミュージアム
  • 日本橋

日本橋たいめいけんの3階にある博物館。江戸凧を中心に、同店のオーナーが集めた3000点あまりの凧が展示されている。乾燥させた葉で作られたインドネシア産のもの、侍の版画がプリントされたもの、発泡スチール製のものなど、世界中の凧が壁から天井まで、室内を埋め尽くす。

  • ショッピング
  • 四谷三丁目

隕石研究家の景山八郎が経営する宇宙村。「隕石の所有量が世界一」が売りで、この場所で50年近く営業している。店内は、水晶や隕石、菩薩像などが並べられ、博物館のようだ。景山は6歳の頃から、星や宇宙の不思議な魅力に引き込まれ、18歳でロケットを自作し、55歳の時に隕石の研究をはじめた。怪しげで、入るのには勇気がいる店だが、気さくな景山と話をすれば、自分が地球にいることを忘れてしまうかもしれない。

いつもと視点を変えてみる。

  • ミュージアム
  • 目黒

1953年、医学博士の亀谷了が設立したユニークな博物館。亀谷が採集した4万5000体のうちおよそ300体の寄生虫の標本が展示され、そのうち20種が彼の財団により発見されたものである。2階にある40歳の男性から採取された8.8メートルもあるサナダムシは圧巻の一言。ミュージアムショップでは寄生虫のキーホルダーが買えるので、一番親しく、大切な人への土産にいかがだろう。

  • ミュージアム
  • 葛西

地下鉄の歴史から最新技術まで「みて・ふれて・動かして」学習できる地下鉄専門の博物館。銀座線を走っていた1000形や丸ノ内線を走っていた300形など実際の電車も展示されているほか、シミュレーターもある。ミュージアムショップでは、様々な地下鉄関連グッズが販売されている。

広告
  • Things to do
  • 多摩地域

東大和市駅のすぐ近くにある、入場無料の薬用植物園。植物園には、研究用の大麻やケシなどを栽培。冷房室併設の温室では、カカオや、イランイランなどを植栽している。ケシの花が咲くのは5月中旬、アサの見頃は初夏から秋のシーズンだ。

  • ミュージアム
  • 仙川

京王線仙川駅にある、キユーピーの体験型見学施設。仙川工場として製造活動をおこなってきた施設を、2011年に研究とオフィスの複合施設にリニューアル。1階部分を見学施設として開放している。マヨネーズの知られざる歴史や、商品にまつわるトリビア、製造過程、レシピなど、食卓の名脇役として愛され続けているマヨネーズのすべてを楽しみながら学ぶことができる。

広告
  • ミュージアム
  • 四ッ谷

新宿の歴史がまるごと分かる博物館。館内では、さまざまなテーマで先史時代から現代までの新宿区の歴史を紹介する展示が行われている。都電5000形の実物や、大正時代から増えたというサラリーマンに関する資料、軽演劇場のムーランルージュなど、新宿という街がどのような歴史をたどってきたかを知ることができる。

広告
  • ミュージアム
  • 押上

2015年に墨田区横川に引っ越した、たばこと塩の博物館。敷地は以前の約2倍になり、常設展示室、特別展示室だけでなく、ワークショップルームや図書閲覧室、多目的スペースなど、新たな施設も充実。「なぜ、タバコと塩の組み合わせなのか」という疑問は施設に行けば答えがでるはずだ。 

  • ミュージアム
  • みなとみらい

日清食品の創業者で、インスタントラーメンの発明者である安藤百福(あんどう ももふく)が抱いていた「子供たちに発明・発見の大切さを伝えたい」との思いを具現化する場として展開する、体験型ミュージアム。世界でひとつだけのマイカップヌードルを作れるほか、世界中のさまざまな「めん」 が味わえる飲食施設など、ミュージアム内には様々なアトラクションが用意されている。

広告
  • レストラン
  • 新横浜

今や大ブームとなったラーメン。その歴史を展示するための博物館ではあるが、地下にある8軒のラーメン店が魅力の一つ。店ごとに違ったスタイルのラーメンが楽しめ、北は札幌ラーメンから南は博多ラーメンなどバラエティ豊か。一番人気の店、すみれのみそラーメンはぜひ試してみてほしい。

  • ミュージアム
  • 半蔵門

1989年に開館したカメラ専門の博物館。日本のカメラの歴史が体系的に展示されるほか、国や機能などさまざまな視点で組まれる特別展では世界の多種多様なカメラを見ることができる。最新カメラの展示も行われているので新しいもの好きも見逃せないスポットだ。

広告
  • ミュージアム
  • 京橋

退屈な展示物が多かった警察博物館が、1年かけてリニューアルした。大人から子どもまで楽しめる、体験型のゲームが以前より増え、指紋採取ゲームや、自転車の交通シュミレーションなどが設置され、英語表記も増えた。子どもサイズの警官の制服を着て、ライトが光るカワサキの白バイに乗ったり、ヘリコプターのコックピットをのぞけば、すっかり警察気分になれるだろう。

  • ミュージアム
  • 四谷三丁目

旧新宿区立四谷第四小学校の校舎を利用した、おもちゃの美術館。館内には、日本伝統のおもちゃを展示する部屋や、ボードゲームを楽しむ部屋、ミュージアムショップ、休憩所など、教室を利用したさまざまな部屋がある。

広告
  • ミュージアム
  • 谷中

かつて、この博物館に並ぶ時計を買えたのは大名だけだった。大名時計博物館は、1部屋だけの博物館で、アラーム時計から着物を着ている時に使われていた時計まで、10数点の計時器を展示している。

  • ミュージアム
  • 日本橋

日本銀行が運営する博物館。平安時代後期に中国から輸入された硬貨から、19世紀後半に日本銀行が設立されて円が作られるまでの「お金」に関する長い歴史をたどっている。江戸時代の美しい小判や、シベリアの革製のお金、さらにタイのヒル貨幣を見てみよう。電話帳2冊分ぐらいある、1億円を持ち上げてその重みを感じるのもいい。

広告
  • ミュージアム
  • 歴史
  • 池袋

1978年にオープンした、「古代オリエント」がテーマの博物館。2部屋から成る展示室には、西アジアや中東、エジプト地域を中心としたレプリカを含むさまざまな資料が展示されている。特別展も開催しているのでスケジュールを確認して訪れてみては。 

普段飲まない酒を呑む。

東京、薬酒バー5選
  • ナイトライフ

夜遊びをしつつも健康に気をつける人が増えたのか、薬酒や薬草酒がじわじわと注目を集めている。薬酒は生薬をそのまま漬け込んだ酒のことで、生薬だけで服用するよりもパワーを発揮すると言われている。薬草酒は、度数の高いスピリッツに様々な薬草を漬け込み、その成分を抽出した酒で、使用するハーブによってさまざまな効果があるとも言われている。この特集では、薬酒と薬草酒を楽しめるオーセンティックなバーや、路地裏にある小さなバーなどを紹介する。

おすすめ
    関連情報
      広告