1. Tiffany Cafe
    Photo: Tiffany & Co.
  2. Beige Alain Ducasse
    Photo: Beige Alain Ducasse
  3. Ralph's Coffee
    Photo: Ralph's Coffee

東京、ラグジュアリーブランドのカフェ&レストラン6選

誰もが憧れるブランドのラグジュアリー空間で食とファッションの融合を楽しむ

Emma Steen
テキスト:
Emma Steen
翻訳:
Hanako Suga
広告

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ラグジュアリーブランドのカフェ&レストラン6選

高級ブランドが運営するデザイナーズカフェは、かつては買い物客を店舗に引き止める戦術でもあった。しかし、今やそれ自体が目的地となるまでに進化している。単なるリフレッシュの時間ではなく、訪れた人に特別な「体験」を提供することに重点を置いているのだ。

正直に言うと、多くの人が買い物をオンラインで済ませてしまう時代に突入してきている。そんな中、ルイ・ヴィトンのような高級ブランドの旗艦店では、有名シェフとのコラボレーションやインスタ映えする店内のデコレーションなど、私たちを誘い込むためのさまざまな努力を意欲的に行ってきた。

革のハンドバッグよりも、おいしいカプチーノや写真映えするパスタボウルに目が留まるという人は、ここで紹介するカフェやレストランを訪れてみよう。高級アイテムに手を出さなくても、オートクチュールの世界への入り口となってくれるはずだ。

関連記事
東京のベストを選ぶ、Time Out Love Local Awardsノミネートが開始

  • レストラン
  • 銀座

『シャネル』とアラン・デュカスのコラボレーションによって2004年に誕生したレストラン。両者に共通する「シンプル&エレガント」なエスプリが、料理と空間の細部に表現されている一軒だ。シャネル銀座ビルディングの最上階にあり、ガラスの向こうには銀座のきらめくような景色を望むことができる。

総料理長を務めるのは、デュカスから絶対の信頼を得るミシュランシェフの小島景。厳選された日本の食材を最大限に使用した、洗練されたフランス料理を提供する。

ランチコースは1人1万500円で、アミューズブーシュとメインディッシュが2品、デザート1品が付く。2品目はソムリエが選んだワイン2杯と交換することも可能だ。ディナーは1人1万6,000円からだが、シャネルの財布を購入するよりもリーズナブルなのは確か。最高にラグジュアリーな雰囲気の中での食事を満喫してほしい。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 原宿

映画のように、ティファニーで朝食をとるのはどうだろう。キャットキャットストリートにオープンした同店は、ニューヨークに続き『ティファニー』が手がける世界で2店舗目のカフェだ。1階はショップスペースで、香水やアクセサリー、キャットストリート限定のアイテムを手に取って買い物を楽しむことができる。

ティファニーブルーに包まれたフォトジェニックな店内は洗練された雰囲気だが、カフェは比較的カジュアルで立ち寄りやすい。メニューは、テイクアウトも可能な軽食がメイン。ニューヨーク店でも人気のスイーツや、『ティファニーで朝食を』をイメージしたクロワッサンはぜひ味わっておきたいところ。入れたてのコーヒーと一緒にペストリーに舌鼓を打ちながら、オードリー・ヘプバーンになりきってほしい。

広告
  • レストラン
  • 銀座

高級宝飾品ブランドの『ブルガリ』が持つ世界観を料理と空間、サービスで披露するイタリアンファインダイニングレストラン。2011年からミシュランの星の数々を獲得し、2020年度の「アジアのベストレストラン50」にも17位でランクインしている。

高層ビルの9階に位置し、窓に囲まれたメインダイニングは開放的な雰囲気。味わえるのは、料理長のルカ・ファンティンによるイタリアの伝統料理を現代的に解釈したメニューの数々だ。ランチタイムには2種類のおまかせコースが提供されている。

さらにラグジュアリーなひとときを過ごしたいのなら、ブルガリ銀座本店に併設するブルガリ イル・バールにも立ち寄ってみよう。ドンペリニヨンのシャンパンやカクテル、本格的なイタリアンデザートなどがセットになったアフタヌーンティープランが楽しめる。

 

カシミヤのセーターとコーヒーは相性がいい。ラルフローレンの表参道旗艦店にニューヨークスタイルのカフェがあるのは、理にかなったことなのだ。アイビーグリーンのインテリアと、アメリカンサイズのボリュームで提供されるメニューの数々は、東京ではなくマンハッタンでブランチをしているような気分にさせてくれる。

おすすめメニューは、クリームチーズのアイシングをかけた『キャロットケーキ』や、バニラアイスをトッピングした『ブラウニー』。コーヒーも、コルタードやフラットホワイトなど、日本の喫茶店ではあまり見かけないバリスタ特製のメニューがそろう。

広告
  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 銀座

『ディオール(Dior)』と『ラデュレ(Ladurée)』による、カフェ。ギンザシックス内にあるディオールの旗艦店、ハウス オブ ディオール ギンザの4階に入居する。

店内は、2つのメゾンが織り成す優雅な空間が広がり、同店のために特別にデザインされたテーブルウエアが映える。ディオールのコードである、カナージュモチーフのデザインと、ラデュレを象徴するパステルカラーのコラボレーションは、ここでしか見られないだろう。

パリのシェフ達が監修したスイーツやセイボリー(塩気のあるスナック)をはじめ、旬の食材を使用したスイーツや、ディオールのクチュールコレクションから着想を得たメニューも見逃せない。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 銀座

大阪に続いてオープンした、世界で2番目の『ルイ・ヴィトン』のカフェ。リニューアルした銀座並木通り店の7階に位置し、著名な建築家、青木淳とピーター・マリノによってデザインされた見事なビルの外観は、一見の価値がある。

ショップではアクセサリーや革製品、服、靴、時計、高級ジュエリー、フレグランスなどを販売。ヴィトンファンが求める、メゾンのラインアップが全てそろっている。

カフェは、アーティスティックかつ居心地のいい雰囲気。ルイ・ヴィトンのソファやテーブルが置かれており、シェフの須賀洋介が手がける季節のスイーツやセイボリーを楽しめる。

東京でカフェ散歩をするなら……

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

数えきれないほど多くのカフェが存在する東京。もちろん、行きつけの一軒を持っている人も多いだろう。

目当てのドリンクやフードを味わう、友人とおしゃべりを楽しむ、ちょっとした作業をする……。カフェに行く目的は人それぞれだが、「癒やされに行く」というのもまた一つの選択肢。ここでは、一人でゆったりと過ごしたくなるような植物のあふれるカフェを5つ紹介する。

  • Things to do

高層ビルが立ち並ぶ東京で、群集から離れたいと思ったときは空を見上げてほしい。デパートや駅ビルなどの商業施設の屋上に、隠された秘密の庭園を見つけられるかもしれない。六本木や表参道、日比谷、目黒など、都会の真ん中にあるこれらの屋上庭園は無料で自由に入ることができる。

 

広告
  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

ここ数年、海外で人気を博したカフェやコーヒーショップの日本初出店が増えている。海外旅行はまだ気軽にできなくとも、都内で外国のカルチャーに触れたり、異国情緒に浸ったりするのはどうだろう。今回は中でも海外の雰囲気が満喫できる店を厳選して紹介する。

おすすめ
    関連情報
      広告