yayoi kusama
Photo: 『マンハッタン自殺未遂常習犯の歌』2010年 ©︎Yayoi Kusama

この夏行くべきアートイベント

見ることの果てしなさをかみしめて

作成者: Ryuichiro Sato
Advertising

タイムアウト東京 > アート&カルチャー > 東京で行くべきアートイベント

東京のアートシーンは多様だ。見る側のニーズもそれ以上にさまざまだ。だから、自分が好きなアートに巡り合うのは簡単なようで難しい。何も知らずにアートに触れ、その虜(とりこ)となったり、分かり合えないまま破局を迎えた人たちはいったいどれほどいたのだろうか。不用意に近づいて石灰化するナトロン湖のように危険で魅力的なアート界をうまく泳いでいくためには、何かしらの指針が必要なときもあるだろう。

ここでは、現在東京都内で開催されている多様な展示をテーマに沿って紹介する。今回は、近寄ってみることで作品の真価を理解できる展示やハシゴして理解を深められる展示など

今年のお盆期間は遠方への旅行を控えるように求められているが、都内の展示をじっくり巡ってみてはどうだろうか。

森山大道
森山大道
『東京ブギウギ』より 2018年 ©Daido Moriyama Photo Foundation

東京の街巡りをしたくなる展示4選

アート

アートが好きな人の多くは、アートだけではなく、歴史や場所といった具体的なものから言説、眼差しなどの形のないものまで、それを取り巻くさまざまな要素にも関心があることだろう。アートを見た後はその知見をさまざまな方面に広めたくなるだろうし、出かけたくもなる。

今回は「東京」というトポスに焦点を当てて、東京という街を巡ってみたくなる展示を紹介する。銭湯、マンガ、江戸の歴史などの展示と、その冒頭にあるリンク先の記事と合わせて東京を巡ってみてはどうだろうか。

月岡芳年
月岡芳年
月岡芳年『風俗三十二相 いたさう』(太田記念美術館蔵)前期展示

近寄って見てこそ楽しめる展示4選

アート

コロナ禍の最中、ソーシャルディスタンスが求められる時勢。人同士に限らず、作品と鑑賞者の間にも同じことが求められる。屏風やインスタレーションなどは作品と鑑賞者の間にも適切な距離をとってこそ全体像が見えてくるというものだ。しかし、離れて見るのではなく、近くに寄ってこそ分かる魅力もある。

今回は、東京国立博物館常設展の日本最高峰と謳われる『大包平』、太田記念美術館の月岡芳年の「血みどろ絵」に凝らされた巧妙な技法、沖潤子による刺繍を織り成す糸の有り様など、近づいて見て、うっとりできる作品のある展示を紹介する。

Advertising
福井 誠《命を継ぐ神「パレス・ボザール」》2019年
福井 誠《命を継ぐ神「パレス・ボザール」》2019年
福井 誠《命を継ぐ神「パレス・ボザール」》2019年

日本美術史を学べる展示5選

アート

作品を鑑賞するときは、先入観なしで造形を理解できれば、それが一番自由で幸せなのかもしれない。美術史的な知識を得ることは、多くの場合、物の見方を去勢してしまうことになるからだ。しかし、それは作品を理解するために必要なことでもあるはずだ。

今回は、50年以上も世界の第一線で活躍し続ける草間彌生の最新作、三菱財閥のコレクションを歴史の一部として眺める展示、近年注目を浴び、歴史的な枠組みから逸脱することでむしろ学問的な眼差しを意識させがちなアーティストならざる者の表現などを紹介する。 新型コロナウイルス感染症対策や事前予約制などを採用している展示もある。詳細は公式サイトを参照してほしい。

森山大道
森山大道
鶴松

ハシゴしたい展示4選

アート

アーティストを知ることは作品を見ることと一見同じようだが、実は違う。作品はその作品だけで鑑賞に耐えうることもあるが、作品を数多く見なければ作り手であるアーティストの特徴は見えてこないだろう。もちろん、その逆もあり得るし、結局は両者は分かち難く結び付いているのだから。だからこそ複数の展示を見ておくことは意味がある。

現在、鴻池朋子と森山大道の展示がそれぞれ複数開催中だ。今回は、この二人のアーティストをより深く知りたい人のために展示を選んでみた。 入場制限などを設けている場合もあるので各公式サイトを事前に確認してから訪れてほしい。

アートニュースをもっと読むなら

Photo: Keisuke Tanigawa
Photo: Keisuke Tanigawa

現代アートを身近に、寺田倉庫がコレクターズミュージアムを開設

ニュース アート

2020年12月12日(土)、日本最多のギャラリー数を誇るテラダ アート コンプレックス 2や、運河沿いの水上ホテル、2021年1月にはギャラリー専用の美術品保管サービスのギャラリー デポの誕生などアート界で躍進を続ける寺田倉庫が、現代アートのコレクターズミュージアムを新たにオープン。ここでは天王洲をアートの一大拠点として、また、現代アートの価値と魅力を広く伝えるための新施設を紹介する。

 

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020
Photo: Keisuke Tanigawa

ヨコハマ・パラトリエンナーレ6年間の集大成が開幕

ニュース アート

2020年11月18日、障害がある人をはじめとする市民と、アーティストなどの多様な分野のプロフェッショナルによる、現代アートの国際展『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』のコア(発表)期間が始まった。

本展は2014年に始まり、2017年の会期を終え今年で最終回。コロナ禍での試みで、開催終了の11月24日(火)まで、ほぼ全てのプログラムを公式ウェブサイトから公開。出典作家や参加者750人をはじめ、会場に来られない人を含めてより多くの人が楽しむことができるよう、オンラインとリアルが融合したステージが繰り広げられる。

 

Advertising
村上隆
村上隆 《お花の親子》Haha Bangla Manus 2020年 素材:ブロンズ・金箔(きんぱく) サイズ:高さ1,000.1cm・幅647.1cm・奥行465.5cm

村上隆の10メートルの金色新作彫刻が六本木ヒルズ前に登場

ニュース アート

2020年11月26日、六本木ヒルズ前の66プラザで、現代美術アーティスト村上隆による金色に輝く新作彫刻作品『お花の親子』が公開された。高さは約10メートルという巨大さで、コロナ禍にあっても六本木ヒルズからアートの力で元気や希望を世界に届けようという思いから、設置に至ったという。

森谷真理
森谷真理

ソプラノ歌手、森谷真理がオペラにかける思い

アート

 

日本を代表するソプラノ歌手の一人、森谷真理。28歳でオペラの殿堂、メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera House、以下MET)デビューを果たし、欧米で活躍後、昨年帰国。同年11月に『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で国歌を独唱して改めて注目された。その彼女が、日生劇場の『ルチア~あるいはある花嫁の悲劇~』に主演する。当初上演予定だったオペラ『ランメルモールのルチア』を90分に凝縮して送る舞台だ。新たな公演を前に聞く、森谷の歌手人生と今の思いとは。

 

Advertising
Photo: Intermediatheque
Photo: Intermediatheque

東京、無料で入れる美術館・博物館16選

アート

無料で美術館やギャラリーが東京には一定数ある。今回セレクトするのは、質の高い国内外の作家を紹介する資生堂ギャラリーや明治期洋画の重鎮、黒田清輝の作品を展示する黒田記念館から、目黒寄生虫館やおりがみ会館といった変わり種まで16館だ。

会館時間が変更になっている場合もあるので、事前に公式ウェブサイトを確認してから訪れてほしい。

おすすめ

    関連情報

      Advertising