森山大道
鶴松

ハシゴしたい展示4選

いくつものヴェニューで開催中の鴻池朋子、森山大道の展示をピックアップ

作成者: Ryuichiro Sato
Advertising

アーティストを知ることは作品を見ることと一見同じようだが、実は違う。作品はその作品だけで鑑賞に耐えうることもあるが、作品を数多く見なければ作り手であるアーティストの特徴は見えてこないだろう。もちろん、その逆もあり得るし、結局は両者は分かち難く結び付いているのだから。

だからこそ複数の展示を見ておくことは意味がある。現在、鴻池朋子と森山大道の展示がそれぞれ複数開催中だ。今回は、この二人のアーティストをより深く知りたい人のために展示を選んでみた。

入場制限などを設けている場合もあるので各公式サイトを事前に確認してから訪れてほしい。

《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭 2019 展示風景
《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭 2019 展示風景
《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭 2019 展示風景

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

アート アーティゾン美術館, 京橋

従来の美術手法から拡張し、芸術の根源的な問い直しを続ける現代美術家、鴻池朋子と石橋財団コレクションが共演する展覧会が開催。展示室全体に広がる円形の大襖絵(ふすまえ)を中心とした新作インスタレーションを展示する。 本展では森羅万象を紙でかたどった影絵灯籠や、鴻池の声によるオオカミ、風、雪女など人間以外の生き物の音と映像の部屋が出現。そのほか幅12メートル、高さ4メートルの作品『皮トンビ』、アーティゾン美術館収蔵品であるクールベ『雪の中を駆ける鹿』、シスレー『森へ行く女たち』などを併せて紹介する。展示室を結ぶ通路には、毛皮やビニールなど多様な素材から成る森の小径を用意。五感が刺激され、宙返りするような視点が味わえる。 作品にあふれる野生の息遣いを体感してほしい。

古典×現代2020―時空を超える日本のアート
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 江戸時代・19世紀 和泉市久保惣記念美術館、しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》 2017年 作家蔵

古典×現代2020―時空を超える日本のアート

アート 国立新美術館, 乃木坂

古典的な日本美術の作品と、現代の第一線で活躍する作家の作品とを対置させる展示が、国立新美術館で開催。 曽我蕭白(そが・しょうはく)と横尾忠則から葛飾北斎(かつしか・ほくさい)としりあがり寿といった、さまざまな作品が対比される。鴻池朋子の6メートル×24メートルの『皮緞帳(かわどんちょう) 』など一目見たら忘れられない作品も展示される。 対比されている作品を見比べるだけではなく、その組み合わせを選んだキュレーターの選球眼を問うてみるのも面白いだろう。なお、伊藤若冲『鳥禽図』と棚田康司『曲線の女』は展示取り止めとなった。 チケットは事前予約制で、会期を三つに分けて販売開始時が設定されている。詳細は公式サイトを確認してほしい。

Advertising
森山大道
森山大道
鶴松

森山大道「沖縄 s49」展

アート スーパーラボストア トーキョー, 神保町

写真家のによる森山大道『沖縄 s49』展がスーパーラボストア トーキョーで開催中。今回は、1974年に森山が沖縄を初訪問した際に撮影した作品を展示する。なお、この展覧会に併せて同名の写真集が700部限定で刊行される。 森山は当時一週間滞在し、那覇を中心とした沖縄の情景を撮影したという。その写真は今回観光の写真集にも掲載されている。 作品を鑑賞するだけでなく、アメリカが日本に返還されて間もない沖縄の風景を追体験できるのは、現在ではなかなかできない貴重な機会でもある。沖縄という場と森山の写真の共演を楽しんでみてはどうだろうか。

森山大道
森山大道
(c)Daido Moriyama Photo Foundation courtesy of Akio Nagasawa Gallery

DAIDO MORIYAMA COLLECTION

アート 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM, 銀座

写真家、森山大道の写真とコレクターズアイテムを集めたフェアが銀座 蔦屋書店(GINZA SIX 6階)とオンラインストアで開催。 ハイコントラストでフィルムの粒子の粗い作風で知られる森山は「写真は何らかのものに印刷されて社会に流通することで成立すると思っている」という自身の思いのもと、ジャンルを超えたコラボレーションで作品を生み出してきた。 このイベントでは平面作品を中心に第1部と第2部で期間を分けて展示販売する。多数の作品が直筆サイン入りなのも特徴だ。 第1部は1960〜80年代に撮影された代表作のゼラチンシルバープリントやキャンバス作品を展示販売。注目は、初公開となる『Lips! Lips! Lips!』のスモールエディションだろう。7月17日(金)までの開催だ。 第2部ではシルクスクリーン、ポスター、写真集のほか、展覧会やイベントの際に制作されたネオン菅サインなど、一般流通していないスペシャルアイテムを扱う。こちらは7月22日(水)までとなっている。 販売される作品は全てオンラインストアで見ることができるので、事前に確認してから実物を見に行っても良いかもしれない。

ほかにもアートニュースを読むなら

teamLab Planets TOKYO ©teamLab Universe of Water Particles Falling from the Sky’
Photo: teamLab Planets TOKYO ©teamLab

チームラボが新しいパブリックアートを発表、豊洲に巨大な滝が出現

ニュース アート

冷たいドリンクを飲みながら、冷房のきいた空間で快適に過ごしたい季節がやってきた。蒸し暑い日は、営業再開し始めたプールへ行ったり美術館へ足を運んで涼んでみるのも良いだろう(もちろんマスクの着用は必須だ)。 チームラボのデジタルアートを存分に楽しめる、チームラボプラネッツとチームラボボーダレスは、今月から安全対策を強化してリニューアルオープン。特に、チームラボプラネッツでは、「水に入る」ことをテーマにした作品が展開されており、暑さをしのぐには最適な空間だ。   Photo: teamLab Planets TOKYO ©teamLab Universe of Water Particles Falling from the Sky   また、2020年7月16日(木)からは屋外で『空から降り注ぐ憑依する滝』と名付けられたパブリックアートの公開が始まる。同作品はチームラボボーダレスにある『人々のための岩に憑依する滝 』をほうふつとさせる新作で、涼やかな滝が石の上に落ちていく様子を再現した巨大インスタレーションだ。 そのほかの作品と同様に、鑑賞者が近づくと水の流れが変わり、滝が人に反応して動く様子や変化が楽しめる。もちろん、本物の滝ではないが信じられないほど涼しげな光景を体感できるだろう。 また、同作品はチームラボプラネッツ前に展示されるパブリックアートのため、チケットを買わなくても無料で鑑賞できるのも魅力。チームラボのパブリックアートには、銀座シックスの『Universe of Water Particles on the Living Wall』や、丸の内キッテの『時に咲く花』、東京スカイツリーにある『隅田川デジタル絵巻』などがある。 『空から降り注ぐ憑依する滝』は、チームラボプラネッツの会期が終わる2020年末までの公開を予定。豊洲を訪れた際はぜひ立ち寄ってほしい。   関連記事 『ホテルニューオータニのプール、今年は宿泊プラン利用者限定で営業』 『着物ブランドのやまとが、誰でも簡単に着用できる新作浴衣を販売』 『東京都美術館が7月1日に再開へ、コロナ対策も』 『初の外国人ディレクターで横浜トリエンナーレが7月17日開幕』 『作品泥棒OK「盗めるアート」展が7月開催』

Akiko Toya
Akiko Toya

豊島区立トキワ荘マンガミュージアムが7月7日にオープン

ニュース アート

豊島区立トキワ荘マンガミュージアムが、いよいよ2020年7月7日(火)、南長崎花咲公園内にオープンする。同施設は、手塚治虫をはじめ、日本を代表する漫画家たちが青春時代を過ごした2階建ての木造アパート、トキワ荘の再現施設だ。 トキワ荘は、老朽化のため1982年12月に取り壊されてしまったが、このマンガミュージアムでは、アパートの大きさや外観、そして何人かの漫画家の部屋や共同炊事場などをできるだけ忠実に再現。足を踏み入れれば、昭和20〜30年代の漫画家たちの生活を垣間見ることができるだろう。   再現された共同炊事場(photo:Akiko Toya)   そのほか、ペン入れが体験できる部屋や、漫画家になりきって写真が撮れる部屋といった体験型のコンテンツも用意。トキワ荘にゆかりのある漫画家の作品を自由に閲覧できる『マンガラウンジ』や、展示やイベントを開催する『企画展示室』も設けられているので、子どもから大人まで思い切り楽しめそうだ。 また、6月27日には一般公開に先駆けてオープニング式典が開催され、豊島区長の高野之夫や、東京都知事の小池百合子、漫画家の水野英子らが出席した。 当時トキワ荘に住んでいたという水野は、当時を振り返りながら「トキワ荘というアパートには、漫画さえ描いていれば幸せという人たちが住んでいて、笑い声が絶えませんでした。当時は、漫画は下等で、子どもが読むと頭が悪くなるといわれていた時代。漫画を描いていることが家族にばれたら、勘当ものでした。トキワ荘では24時間漫画に浸ることができ、食べ物やお金がなくても天国でした。そして、それが伝説となり、文化となりました。こうして再現されることは、私にとって奇跡です。ここに住んでいた半分の方々は他界されましたが、ご存命なら心から喜んでくださったでしょう。ここが日本の漫画の発祥地であることを証明できるよう、頑張っていきたいと思っています」と話した。   豊島区長の高野は「地域の方々の熱い思いが長く消えることなく、地元をあげての熱心な活動、そして協力により、当時の建物をできるだけ忠実に再現できるよう、建設に向けて進めてまいりました。長い長い時間をかけて、念願のオープン。特に魂を込めた1階の展示コーナーには、歴史の証しである天井板も展示してあります。漫画アニメ文化をこの豊島区から、世界に発信していきたい」とコメント(photo:Akiko Toya)   7月7日、ついにオープンを迎える豊島区立トキワ荘マンガミュージアムだが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、当面の間は予約制での入館になるとのこと。入館予約のシステムや注意事項は公式サイトに記されているので、予約をする際は併せてチェックしておこう。 そして、ミュージアムを楽しんだ後は、トキワ荘にゆかりのある漫画家の作品およそ5000冊を自由に手にとって読むことができるトキワ荘マンガステーションや、『トキワ荘スリッパ』や『トキワ荘ボーロ』などのグッズを購入できるトキワ荘通りお休み処といった、商店街にある関連施設に立ち寄るのがおすすめだ。 予約フォームはこちら豊島区立トキワ荘マンガミュージアムの詳しい情報はこちら 関連記事『池袋でしかできない55のこと』 『豊島区の「夜」に特化したガイドマップ(英語版)をリリース』 『日本初、手話で注文できるスターバックスが国立にオープン』 『東京ディズニーランドとシーが7月1日から再開』 『自信作が勢ぞろい、夏を乗り切る快適マスク5選』

Advertising
ヨコハマトリエンナーレ 2020
ヨコハマトリエンナーレ 2020

初の外国人ディレクターで横浜トリエンナーレが7月17日開幕

ニュース アート

ヨコハマトリエンナーレ2020組織委員会は2020年6月22日に記者会見を開き、横浜美術館館長の蔵屋美香が見どころとなる作品を紹介した。7回目となる今回は新型コロナウイルス感染症の流行のため、会期をずらして7月17日(金)〜10月11日(日)に開催を予定している。 タイトルは「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」。アーティスティック・ディレクターには、初の外国人となるインドの3人組アーティスト集団、ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)を迎える。タイトルの「AFTERGLOW」は、ビッグバン後の宇宙に発せられて今に至るまで降り注ぐ光、時空を超えて広がる光のイメージを指す。 会見では、五つのソース(考えの源)と呼ばれるキーワード、「独学」「発光」「友情」「ケア」「毒」が紹介された。従来のように一つのテーマを決めてアーティストが作品を制作するのではなく、アーティストと観客がこのソースを共有して考えながら展覧会を作っていこうという点が特徴だ。ラクスは身体や思考は制止するのではなく、自由に動かす中で初めて自由な発想が生まれてくると考えているため、このような流動的な方針を採用したという。   ラクス・メディア・コレクティヴ (撮影:田中雄一郎、写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会)   作品紹介では上記のソースのうち、特に「毒」との関連が強調された。「世界の中にも人の心の中にも、嫌なもの、毒は否応なく存在する。それを排除せずに共存し、それと付き合う中でいかに自分を輝かせるかを考えるためのもので、直接の着想源は、太陽光に含まれる放射線から身を守るためにサンゴが美しい殻を発達させることから得たのだという。 「この「毒」は去年の11月に発表されたが、現在の私たちが直面している新型コロナウイルス感染症という毒と付き合いながら生きる中で、どうやって自分を輝かせるかといった課題のようにも聞こえてくる。アーティストは時に未来を予見してしまうようなテーマを引き当てることがある」と蔵屋は語る。   インゲラ・イルマン 《ジャイアント・ホグウィード》(部分) 2016 / 2020 ( Photo by Sebastian Dahlqvist )   紹介された作品の中でも、特に知っておくべきは、インゲラ・イルマン『ジャイアント・ホグウィード』とエヴァ・ファブレガス『ポンピング』だろう。 イルマンの作品は、光毒性を持った美しい花を咲かせる植物ジャイアント・ホグウィードを巨大化させた造形を布などで制作。大きな書屋物の間を歩きながら光や毒について、そして毒が実は美しいということを考えてもらいたいという。 またファブレガスは鑑賞者の身体を包み込むようなインスタレーションを通して、人間の身体や欲望、情動が産業デザインからどのような影響を受けるのかを探究している。この作品では、シリコンなどの柔らかな素材をもとに、健康器具などの形を着想源としている。ファブレガスは、ここで健康器具のように私たちが気持ち良く感じる形状を社会が受け取り、産業システムに組み込まれることについて考えているという。   エヴァ・ファブレガス 《ポンピング》2019   ちなみに、ラクスはファブレガスの作品の形状から人体の腸を連想した。ソースの毒との共存という考えを踏まえるならば、腸は、臓器という意味では閉じられた環境だが、無数の細菌のすみかである点ではほかの生物に開かれており、それらと共存する場所でもある。このような自由な連想や解釈を広げていくことが

Same Gallery
Photo: Same Gallery

作品泥棒OK「盗めるアート」展が7月開催

ニュース アート

品川にあるセイム ギャラリー(same gallery)では、2020年7月に「盗めるアート」展を開催する。展覧会は通常の展示と同様に7月9日(木)のオープニングレセプションから始まるが、翌日7月10日(金)の午前0時からはノーセキュリティーの上24時間無休で公開され、全ての作品を文字通り「盗む」ことができる。 参加作家は、昨年開かれたあいちトリエンナーレの出展も記憶に新しいアートユニットのExonemo、グラフィックデザイナーの平野正子、画家の中村譲二など国内外で活躍するアーティストがそろい、独自のスタイルとメディアの作品をそれぞれ展示予定だ。 この投稿をInstagramで見る exonemo(@exonemo)がシェアした投稿 - 2020年 3月月29日午後3時51分PDT 展示は全作品が盗まれた時点で終了となる。クリエーティブディレクターの長谷川踏太(はせがわ・とうた)は、この実験的なイベントを通じてアーティストと鑑賞者の関係性を問いかけている。従来のアートギャラリーとしての境界が破壊された空間で、現代におけるアートの定義を問い直すきっかけとして「盗めるアート」展を企画したという。 この投稿をInstagramで見る Masako Hirano มาซาโกะ ฮิราโนะ(@cokepotato)がシェアした投稿 - 2020年 5月月29日午後8時44分PDT もちろん、これは作品のみを「盗めるアート」企画展であって、展示会場が完全な無法地帯となるわけではない。ギャラリーの公式サイトのルールには、まず盗める作品は1人1点まで(キャッツアイの場合は3人で1点のみ)、ギャラリー近隣の住民には迷惑をかけず、マナーのある「泥棒行為」をすること、作品以外の什器などの盗難は通報に値することなどが記載されている。 この投稿をInstagramで見る joji nakamura(@joji_nakamura)がシェアした投稿 - 2020年 3月月6日午前7時22分PST また会場は無人だが、設置された監視カメラの動画を公開する場合があるという。泥棒の顔をさらされたくない場合は、マスクや仮面を着けるなどの対策をしてから訪れよう。 「盗めるアート展」 会期:7月10日(金)0時〜19日(日)※全作品が盗まれ次第終了時間:24時間会場:セイム ギャラリー 関連記事 『豊島区立トキワ荘マンガミュージアムが7月7日にオープン』 『初の外国人ディレクターで横浜トリエンナーレが7月17日開幕』 『空山基の全長7メートルのセクシーロボットが渋谷パルコに登場』 『ふさわしいのはプリンス、コロンブス像の交換を求める署名運動』 『ROVOが多摩あきる野で野外ライブを開催決定』

Advertising
GLOBAL POP UNDERGROUND
GLOBAL POP UNDERGROUND

空山基の全長7メートルのセクシーロボットが渋谷パルコに登場

ニュース アート

ギャラリーナンヅカ(NANZUKA)のキュレーションによるグループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』がパルコミュージアムトーキョー(渋谷パルコ4階)で2020年7月4日(土)から開催される。この展覧会はナンヅカが選出したグローバルなアーティストによるグループ展で、日本に限らず、アメリカやスペインなど海外出身のアーティストを含めた21人それぞれの作品を平行して紹介。 開催を記念して、イラストレーター空山基(そらやま・はじめ)による、全長7メートルの巨大な『セクシーロボット(Sexy Robot)』のパブリックアートが、渋谷パルコ1階のスペイン坂広場で展示される。 空山は、その後のロボットのイメージ形成にも影響を与えた『セクシーロボット』シリーズでかねてより知られてきた。今回の展示は、2018年に行われたディオールのファッションショーで話題となった巨大な『セクシーロボット』を新たなポージングで制作し直した作品を、世界で初めて披露する機会となる。   ©Hajime Sorayama Courtesy of NANZUKA   見るだけでは満足できないファンのために、展覧会の来場者を対象に、空山の『Sexy Robot floating』を4分の1サイズで再現した限定100体のエディションを先行抽選販売する。1回の入場につき1人1回、抽選に参加できる。価格は16万5,000円。 『GLOBAL POP UNDERGROUND』は日時指定制でチケットを専用サイトでオンライン販売しており、現在販売しているのは、7月4日(土)~12日(日)の回。展覧会の詳細は公式サイトを参照してほしい。 『GLOBAL POP UNDERGROUND』の詳しい情報はこちら 関連記事 『ヨックモックミュージアムが南青山にオープン、ピカソの陶芸など公開』 『ビリー・アイリッシュと村上隆がユニクロのTシャツでコラボ』 『作品を自分の色に塗り上げよう、フリーダウンロードできる塗り絵6選』 『初の外国人ディレクターで横浜トリエンナーレが7月17日開幕』 『七尾旅人などが参加する藝大生キュレーションの展示が開催中』

おすすめ

    関連情報

      Advertising