おくらや
TimeOutTokyo

五反田TOCでしかできない5のこと

知られざる都会のディープスポットを制覇する完全ガイド

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > 五反田TOCでしかできない5のこと

※2023年春解体予定

1970年代に五反田で開館した商業施設、TOCビル試験会場やセール会場として知る人も多いだろうが、実は、生活に必要なものすべてが揃う一大ショッピングセンターでもある。とはいえ、もともとは卸売り業者のための施設。普通のショッピングビルとは訳が違う。

やけに塩対応な店員の態度に、不安なほど無造作に置かれた商品。しかしよく見ると、これがすべてとんでもなく安いのだ。そう、ここは見せかけにだまされない真の目利き、また真の穴場ハンターこそ楽しむべき場所なのだ。ここでは、一度ハマったら抜け出せない、五反田TOCビルの深すぎる魅力を楽しむ5の方法を紹介する。

関連記事
東京、無料でできる50のこと

1. 激安店で爆買いする。

14階建てのビルのあちこちに店舗が点在しているTOCビル。まずは、激安店がひしめき合う地下1階を入念に回ろう。無造作なディスプレイだが、掘り出しものは、美しくディスプレイされた商品の中にはない。数え切れない商品の山に目を凝らせば、きらりと光るお宝が見つかるはずだ。専門店が主に入居する上階の店舗も見逃せない。5階には子供用品、4、9階にはインテリアショップが多数入居している。

  • ショッピング
  • 五反田

人気コスメを驚愕(きょうがく)の安さで販売する化粧品店。卸店ならではの価格破壊はとどまるところを知らず、『ジョンマスター オーガニック』や『OPI』、『SKⅡ』といった人気ブランドが定価の半額以下でガンガン売られている。美容マスクのバラ売りもあるので、試し使い用としても便利だ。 

広告
  • ショッピング
  • アウトレット
  • 五反田

アメ横にあるロンドンスポーツの姉妹店。価格づけされた箱の上に商品が山積みされた画は、さながらバーゲン会場の様相だが、ここでは毎日がこの状態。『ナイキ』や『アディダス』など一流ブランドが驚きの安さで購入できるとあり、客の顔も真剣そのものだ。スポーツウェアの洪水に飛び込もう。

  • ショッピング
  • 五反田

化粧品から家電、自転車まで、あらゆる商品が圧倒的な低価格でそろう卸売店。中には謎の18禁コーナーまである。温マスクや和包丁、たこ焼き器など、海外への土産探しや景品選びなどにも最適だ。 

広告
  • ショッピング
  • 五反田

卸売り店ではあるが、一般客も購入できる帽子店。並ぶ商品は一見地味だが、着こなしによっては映えそうな玄人好みの商品ばかり。しかも、価格は驚きの1,000円。いや、たった1,000円なのだ。お洒落に自信がなくても挑戦する価値はあるかもしれない。 

広告
  • ショッピング
  • 五反田

輸入雑貨およびカジュアル衣料品店。キッチュなキャラクターTシャツなど、様々な商品がそろう。気になるのは、ライオンやトラなど、猛獣のモチーフが随所で推されているところだ。確かに、百獣の王も靴下などになってしまえば愛らしい。ヒョウ柄ならぬライオン柄ブームは来るだろうか。 

2. 昼は地下で食い倒れる。

買い物中の腹ごしらえは、地下1階の飲食店街がおすすめ。和食から、洋食、中華、喫茶店まで、様々な飲食店が横丁のように並んでいる。どこに行くべきか迷った時は、以下のガイドを参考にしてほしい。 

  • レストラン
  • 五反田

五反田TOCビルにある寿司店。人気の海鮮定食ランチは、五反田店限定の『欲張りメガ丼』(930円)がおすすめ。まぐろ大トロかつ、ネギトロ、まぐろ中落ち、温泉卵、ガリが溢れ出しそうなほどに盛られ、食欲をそそられる。

ネギトロ、中落ちにはわさび醤油、大トロかつには別添で提供される甘めの特製味噌ダレを合わせて。味のコントラストがあるので、大盛り飯もぺろりと完食できる。

広告
  • レストラン
  • 五反田

ボリューム満点の魚定食が人気の定食屋。メニューはサバやサケ、ホッケから、日によってアコウダイまでバラエティに富み、焼きまたは煮魚から一品と、ポテトサラダや肉じゃが、揚げ出し豆腐など好みのおかず一品が選べる。これにサービスのサラダと生卵、味噌汁、漬け物、山盛りライスがついて900円とあり、平日は混雑する。

  • レストラン
  • 五反田

座敷席で定食をかきこむサラリーマンという、なんとも昭和然とした光景が広がるノスタルジックな大衆食堂。一番人気は通称「ニクシチ」と呼ばれる名物『豚肉七味炒め』で、醤油ベースのタレと七味で炒めた豚肉が、椀の半分にこんもりと盛られたスタミナメニューとなっている。

広告
  • レストラン
  • ティールーム
  • 五反田

クラシックが流れるメロウな雰囲気とは裏腹に、『コーヒーぜんざいフロート』なるパンチの効いたメニューを提供する喫茶店。コーヒーにあんこを入れてみた遊び心に敬意を表し、挑戦するのも良し。コーヒーフロートとぜんざいの摩訶不思議なハーモニーが楽しめる。 

  • レストラン
  • 韓国料理
  • 五反田

店内は広くはないが木彫で明るく居心地が良い、韓国料理店。おすすめは、870円から提供している種類豊富なビビンバ。定番メニューの『牛カルビ石焼ビビンバ』は、熱々の石鍋で提供され、国産牛肉と6種のナムルなどを混ぜて食べる。こんがりと焼けたおこげが食欲をそそり、野菜もしっかり摂れる一品だ。

890円でスープがつくのも嬉しいポイント。そのほか、盛岡麺をアレンジした『ピリ辛ビビン麺』や『サムギョプサル定食』などもある。    

3. ディープな世界に浸る。

ここまで安さばかりを強調してきたが、五反田TOCビルの魅力は、それだけではない。TOCのもうひとつの魅力、それは、点在する種々の専門店にある。その存在を確かめるには、地下1階の入り組んだ通路をくまなく歩いてみよう。目立った看板がないため注意が必要だが、身を潜めるようにさりげなく、そして深く、趣味としか言いようのないディープな世界が広がっている。

  • ショッピング
  • アート、クラフト、趣味
  • 五反田

アフリカ各地から仕入れたカゴや布、食器などの小物を販売する雑貨店。広い店内にぎっしりと商品が並び、特に植物などを編んで作られたバスケットの品揃えが豊富。西アフリカ産の大胆で鮮やかな絵柄が美しい布や、ケニア産の味がある手編みのぬいぐるみなどは、プレゼントにも喜ばれそう。アフリカの大地で産まれた品々は、どんな部屋も鮮やかに彩ってくれるだろう。

広告
  • ショッピング
  • ホームデコレーション
  • 五反田

都内では取り扱いの少ないアメリカのインテリアブランド『ジェニファーテイラー』の商品をはじめとした、ヨーロピアンクラシックスタイルの雑貨が豊富に揃う。そのほか、イタリア製のグラスといった小物から、カーテン、ソファーまでラインナップは多岐にわたる。エレガントな雰囲気が溢れる生活空間を演出したい人は、一見の価値ありだ。

  • ショッピング
  • 五反田

ポテンシアはヒーリングアイテム専門店。店頭で袋売りされるのは、浄化作用があるとされるホワイトセージの枝。ほかにも、音波で脳に癒しを与える道具、ブレインチューナーや、チベットの僧侶が修行で用いるチベタンベルなど、日頃、目にかかれない珍しい品が揃う。浄化が必要な人におすすめ。 

広告
  • ショッピング
  • 五反田

パワーストーンや化石好きが集う石の専門店。石に興味のない人も、店特製のポップを読めば、その小さな欠片が雄弁に地球の歴史を語っていることに気づくはず。フックにかかった勾玉や石の詰め放題など、程よくカジュアルなところもまた良い。 

  • ショッピング
  • 五反田

毛筆や硯、和紙、便箋など、書にまつわる品を扱う専門店。店内にディスプレイされた筆のコレクションは眺めるだけでも美しく、一筆したためたくなるから不思議。和紙のシールや小物はちょっとした土産やギフトにちょうど良い。

広告
  • ショッピング
  • 五反田

七宝焼きに必要なあらゆる素材、部品が揃う七宝用品専門店。古くから伝統工芸ではあるが、金属に釉薬を塗って熱するというその工程は、確かに化学実験のようでもある。パーツ好きにはたまらない。 

4. 午後は自由時間にする。

買い物やグルメを満喫したら、残った時間は自由時間にするのも良い。TOCビルには、眺めの良い屋上や、フォトスタジオ、インテリアショップ、ゴルフの打ちっぱなしまであるのだ。ここは一旦解散して、それぞれが満足いくまで楽しむのが手だ。

TOCビル 屋上階
TOCビル 屋上階

TOCビル 屋上階

TOCビルを14階(P階)まで上るとある屋上。花壇やベンチなども置かれ、ショッピングのあとの一休みにうってつけだ。空を仰げる開放的な空間は、TOCビルで働く人々にとってもオアシス。見渡しがよく、東京タワーも見える。角には氷川神社が鎮座している。

広告
  • スポーツ
  • 五反田

屋上にあるゴルフ場。全14打席、60ヤードまでと飛距離を伸ばしたい人には物足りないかもしれないが、ルーフトップならではの青空の下、ひと汗かくのも一興だ。家族の買い物に付き合わされているお父さんの息抜きや、仕事帰りのリフレッシュに立ち寄りたい。 

  • ショッピング
  • ホームデコレーション
  • 五反田

オリジナル家具や生活雑貨が豊富に揃うインテリアショップ。注目したいのは、食器や置物などの商品。いずれも手頃価格でシンプルかつセンスの良いものが多い。棚やテーブルなどの家具は「国内有数の家具のまち」として知られる北海道旭川の職人によるもので、基本としている英国カントリースタイルのほか、ヨーロピアンクラシックや和モダン調のものもある。  

広告
  • アート
  • 五反田

フォトスタジオ、スタジオアリスの支店。子ども向けディズニーテーマの撮影プランが充実しており。憧れのキャラクターコスチュームを着てモデル気分で撮影したら、プロが物語の背景と合成してくれる。雪の国にだって、あっという間に行ける。

5. 無料バスで楽に移動する。
TOCバス

5. 無料バスで楽に移動する。

五反田駅から歩くと、TOCビルまでは10分程かかる。雨の日などは躊躇(ちゅうちょ)してしまう人も多いだろう。そんな時はTOCビルと駅をつなぐ、無料のシャトルバスを利用しよう。

バス停は、駅の西口を出てすぐにある野村證券 五反田支店が目印だ。平日は8時から20時まで、8分間隔で運行している(土・日曜・祝日は運休)。歩いた方が早い場合もあるが、激安店でどっさり買い込んでしまっても楽に帰れる。

五反田周辺を散策するなら

蒲田で過ごす24時間
  • Things to do

この記事では、朝から深夜まで楽しめるさまざまなヴェニューを紹介する。訪れる際は、蒲田ならではのレトロでドープな文化を存分に楽しんでほしい。

広告
東京、銭湯のオリジナルTシャツ7選
  • ショッピング

現在、全国で1日1軒が廃業しているという銭湯。しかし、近年のサウナブームや店主の世代交代、銭湯好きの若者による「東京銭湯」などのグループの活動によって銭湯の間口が若い世代にじわじわと広がっている。

おすすめ
    関連情報
      広告