柏で行くべき古着屋5選

ウラカシエリアで、お気に入りを見つける……

作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
グリーフル

タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 柏で行きたい古着屋5選

柏の古着シーンが盛り上がりを見せたのは、1990年代。アメカジスタイルを提案するアパレル店(当時はヴィンテージを扱っていた)フリークス ストア(FREAK'S STORE)の1号店がオープンしたことがきっかけだ。このエリアは「ウラカシ」(裏の柏という意)として、40以上の古着屋が軒を連ね、若者文化の発信地であった。現在では、古着屋の軒数は減り、約10店舗ほどになってしまったが、異なる個性を持つ店が存在感を放っている。柏の古着屋は、アメリカ製のメンズ商品を取り扱う店が多いのだが、ここでは、レディースとメンズ両方を扱う店も併せ、おすすめの古着屋を5軒紹介する。

ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

ギミック

icon-location-pin

柏駅から徒歩5分ほど、「ウラカシ」エリアにある2005年にオープンした古着屋。1950〜2000年代までのジャンルにとらわれずに自由にセレクトした、メンズとレディースの古着を販売している。アメリカ古着がメインだが、ヨーロッパやアジアの古着もラックから発見できることもある。Tシャツやジャケット、セーター、ワンピースのほかバッグなどの小物類も販売している。

ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

グリーフル

icon-location-pin

1990年代にフリークスストアがあった場所に店を構える、古着屋。現地に足を運んで買い付けているという、1980〜90年代のアメカジを豊富にそろえる。メンズ、レディースアイテムを半々扱っており、センスの良いヴィンテージワンピースは、6,000〜8,000円ほどで販売している。 アメリカのアンティーク家具で統一されたカフェも併設しており、ショッピングの休憩にもぴったりだ。人気メニューのワッフルは食べ放題コースもあるので、甘党はチェックしてほしい。

Advertising
ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

エゥーゴ

icon-location-pin

柏駅から徒歩5分ほどの場所にある、2001年にオープンした古着屋。アメリカで買い付けした、1950〜90年代の古着と靴、雑貨類を販売している。豊富にそろうポップなデザインのTシャツや、柄物のシャツコーナーは特に見逃せない。お気に入りの一点が見つかるはずだ。また 、レディース古着を専門に扱う、エゥーゴ02(Aeugo02)も近隣にある。

ショッピング, ヴィンテージショップ・古物商

シャムロック

icon-location-pin

「ウラカシ」エリアから離れた、柏駅の南口から徒歩2分ほどの場所にある、1997年より営業する古着屋。アメリカのデッドストック古着とアンティーク雑貨、レザーシューズを中心に取り扱う。ビンテージのポップな絵柄のアロハシャツや、1950年代のロカビリーたちが着ていたボーリングシャツなど、時代をまたいだ様々な古着が揃う。レザーシューズは、歴代アメリカ大統領が愛用するシューズブランドの『アレン エドモンズ』や160年の歴史を持つ『 ジョンストン&マーフィー』など、こちらもアメリカ製中心の品揃えだ。

Advertising
ショッピング

ファブリック

icon-location-pin

柏駅より徒歩5分ほどの場所にある古着屋。メンズとレディースのアメリカ古着を中心に、アンティークの家具や雑貨、食器類なども扱っている。スニーカーブランド『コンバース』や『ヴァンズ(VANS)』のデッドストックシューズや、1980〜90年代のロックTシャツやネルシャツ、ワンピースなど、状態の良い商品が並んでいる。

レストラン

お腹が空いたら:ホワイト餃子 柏店

icon-location-pin

千葉県の野田市に本店を構える餃子専門店、ホワイト餃子の柏店。このチェーンでは本店、支店を問わず、それぞれが材料を買い付け、各店独自に製造している。まず注文したいのは俵型の『焼餃子 1人前(10個)』(480円)。固めで厚くボリューム感がある皮が特徴の名物メニューだ。また、もっちりとした皮に、程よい量の餡(あん)が包まれている『水餃子(8個)』(480円)は、おなかに余裕があればぜひオーダーしてみてほしい。皿に添えられたレモンを一絞りして、ポン酢を付けて味わうという独特のスタイルで楽しもう。

東京でショッピングを楽しむなら……

ショッピング

東京、ベストショップ100

東京には、あらゆる客に応える巨大ストアから、ニッチな趣味を持つコレクターを魅了する専門店まで、星の数ほどの店が存在する。ファッションひとつとっても、ドメスティックブランドで最先端のハイエンドファッションに身を包むのも、マニア垂涎(すいぜん)もののスニーカーを手に入れるのも、すべてが望むままだ。毎日に新しい風を吹き込みたいなら、ユニークなテーマを掲げるコンセプトストアや、日々の生活を豊かにするライフスタイルショップを巡ってみるものもいいだろう。ここでは、新たに加わった旬のヴェニューから定番の老舗まで、タイムアウト東京が選んだ100軒を紹介する。関連記事:『東京、ベストカフェ50』『東京、天丼18選』

ショッピング

夜も営業している古着屋

仕事終わりに無性にショッピングがしたくなったり、金曜の夜に新しい服を買ってから出かけたいと思うことはないだろうか。そんなときは、夜中まで営業している古着屋をまわってみよう。祐天寺を中心に、池尻大橋、三軒茶屋などのエリアには、スタイリストや美容師が通う人気の店が点在している。ここでは、22時から25時あたりまで営業しているおすすめの古着屋を紹介する。 

Advertising
ショッピング

中目黒&代官山、ベストショップ

中目黒と代官山といえば、日本人なら憧れるおしゃれなエリアのひとつ。もともと住宅街として発展してきたこのエリアは、新宿や渋谷と異なり商業施設が少ない。様々なブランドの旗艦店や、こじんまりとした路面店など、オーナーの哲学が感じられる店が多いのも特徴のひとつだ。足を運んだ際は必ずチェックしたい店を紹介する。

ショッピング

原宿、シークレットショップ6選

テキスト:Kaila Imada 原宿には、可愛いもの、派手なもの、安っぽいものしかないと片付けてしまいがちだが、狂乱の群れを離れ、奥まった静かな場所へ入っていくと、クールで洒落た店や事務所が立ち並んでいることに気が付く。ここでは、原宿でひっそり営業する、隠れたショップを6軒紹介する。

Advertising