東京、ベストハンバーガー20選

バーガーブームを築いた老舗から、蘇った下町の名物バーガーまで

作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
Baker Bounce 三軒茶屋本店
Baker Bounce 三軒茶屋本店

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ベストハンバーガー20選

チェーン店による廉価なファストフードとしてのハンバーガーから、肉のクオリティや火入れ、合わせる素材の組み合わせから、それらすべてを挟むバンズまで、店ごとの個性が際立ったグルメバーガーまで、東京都内には百花繚乱といっていいほど、たくさんのバーガー専門店がひしめいている。東京都内のハンバーガー専門店分布としては、やはり西側に良店が多いように見受けられるが、東側にもキラリと個性が光る完成度の高い専門店も点在している。たかがハンバーガー、されどハンバーガー。ここでは、店ごとのこだわりが光る個人店を中心に、とびきり美味いバーガーを食べられる20軒を紹介する。

※2015年5月29日に情報アップデート

レストラン, ハンバーガー

FIRE HOUSE

icon-location-pin 本郷

本当においしいハンバーガーを食べたくなったら、本郷三丁目に向かおう。春日通り沿いに店を構えるFIRE HOUSEは、1996年の開店以来、今でも行列の絶えないハンバーガー専門店だ。アメリカンスタイルの店内で、様々な種類のバーガーやホットドッグ、サンドイッチなどをはじめとするアメリカらしい料理を楽しめる。きっちり塩を効かせ、香ばしく焼き上げたパティは噛み締める程に肉の旨味が溢れてくる。カリカリに焼いたベーコンとチェダーチーズが入る定番の『ベーコンチーズバーガー』(1,490円)は絶対に外せないが、人気メニューの『モッツァレラマッシュルームバーガー』(1,501円)も、ここに来たら是非頼みたい。パティ、レタス、トマト、レリッシュ、タマネギに、マスタードとマヨネーズ、とろとろのモッツァレラチーズとたっぷりのマッシュルームをバンズで挟んだ一品だ。エスプレッソフレーバーのドッグを使ったホットドッグもおすすめで、容赦ない量のザワークラウトが載る『ホットドッグw/ザワークラウト』(853円)も非常に美味。間違いなく東京でベスト5に入るバーガーショップだろう。また、2013年1月には新橋にデリバリー専門の店舗をオープンし、東京のグルメバーガーシーンを変わらず牽引し続けている。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

レストラン, ハンバーガー

横綱バーガー

icon-location-pin 両国

「横網」という地名をご存知だろうか。これを正しく読める人は、墨田区生まれか、はたまた地図好きかのどちらかに違いない。「よこあみ」と読むこのエリアは、本所と両国の中間、隅田川沿いの一角を指すのだが、多くの人が「よこづな」と読んでしまうことがほとんど。そんな横網にある「横綱バーガー」は、基本的にテイクアウトのみというハンバーガー専門店。パティの大きさ(160g、120g、90g)によって、名称が横綱、大関、小結と変わるのが土地柄を反映しているようでご愛嬌。だが、その味は侮れない。国産牛を使ったパティはしっかりと旨味があり、本所にある天然酵母パンの店「レクレオ」に特注しているというバンズは風味がいいだけでなく、サックリと小気味のいい食感で肉のジューシーさを引き立てている。オリオンビール(300円)とともに焼きたてバーガーをテイクアウトして、歩いてすぐ近くにある隅田川テラスで川面を眺めながら頬張るのがおすすめ。なお、昼時は注文が立て込むため、あらかじめ電話をしておくといいだろう。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

Advertising
レストラン, ハンバーガー

BROZER'S 銀座店

icon-location-pin 新富町

グルメハンバーガーの名店、人形町の『ブラザーズ』が、銀座の奥座敷、新富町に待望の新店舗をオープンした。中央区役所向かいに構える同店舗は、本店と同じく真っ赤な外観がトレードマーク。オーストラリアで修行したオーナーがこだわりぬいて作り上げた、種類豊富なハンバーガーが楽しめる。同店のバーガーの特徴は、やや硬めに焼いた直径11cmのバンズと、牛肉100%のジューシーなパティ、しなやかに折りたたまれたフレッシュレタスだ。これらを最大限に楽しむためにぜひ食べてほしいのが、同店の代名詞『ロットバーガー』(1,500円)。レタス、トマト、パティに、ベーコン、チーズ、エッグ、パイナップルをトッピングした贅沢なバーガーだ。バンズの香ばしさ、パイナップルのほのかな甘さ、ベーコンの旨み、ソルトとブラックペッパーの効いたパティの味わいなど、ひとつひとつの要素が互いを引き立て合い、絶妙なハーモニーを創り出している。ソースは定番のBBQのほか、テリヤキ、レッドホットチリ、スイートチリの4種類から選べるので、リピートして全種類を制覇するのもいいだろう。テイクアウトにも対応しており、ランチタイムには近隣のマンションやオフィスから多くの利用者が訪れる。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

Camera

【閉店】 MARCATO

ハンバーガー不毛地帯とも言える馬喰町・東日本橋界隈で、おいしいバーガーにかぶりつきたくなったらここへ。国産黒毛和牛を使っている『浅草バーガー』(1,300円)は、程よいミディアムレアな焼き上がりで、浅草の庶民派パン屋テラサワに特注しているというふっくらしたバンズとの相性もいい。ほんのり甘めのバーベキューソースも美味。
Advertising
Camera

【閉店】TOKU

いわゆるグルメバーガーには飽きてきたという人におすすめしたいのが、神保町にあるTOKUの『お好みホットドッグ』。浅草で愛されていた名店ジローの味を引き継ぎ、ペリカンに特注しているバンズでデミグラスソースを絡めたハンバーグとマカロニ、たっぷりの千切りキャベツを挟んだ小ぶりなバーガーは、日本人ならきっと誰もが愛する懐かしい味でしみじみ美味い。ベーコンなどのトッピングも可能。
レストラン, ハンバーガー

ASクラシックスダイナー

icon-location-pin 目黒

店内の所々に飾られている旧き良きアメリカのおもちゃや冷蔵庫、ポスターなどは見ているだけで心躍る。オーナーの水上誠二は、前職で度々訪れたアメリカのダイナーに魅せられ、2005年に『AS クラシックスダイナー』をオープンした。 2009年12月にはメニューをリニューアルし、約100種類もの料理を提供。「ハンバーガーを食べなくても食べるものはたくさんある」と水上は笑う。しかし不動の一番人気といえば、牛肉をハンドチョップで裁断し、つなぎなしのパティを使用したハンバーガーだ。そのミンチとも言えないようなボリューム満点の“肉の集合体”は、口に含めばギュッと肉の旨味が流れ出る。そんなパティに、自家製チリミートとサワークリームを合わせたのが、リニューアル時に加わった新メニュー、ホット&サワーバーガー(1,458円)。サワークリームの酸味が、スパイシーなチリミートをより引き立たせ、人気のチリチーズバーガー(1,350円)と並び評判を呼んでいる。 夜は月ごとに変わるハンバーガーやプレート料理など、メニューが豊富。大勢でビールでも飲みながら、オーナーの言葉通り、ハンバーガーはもちろんサラダやポテトなど、様々な料理を注文したい。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

レストラン, ハンバーガー

オーセンティック

icon-location-pin 港区

バーガーと音楽をこよなく愛する『オーセンティック』のオーナー佐藤健は、赤坂の地で独立して4年目。そんな同店のバーガーの主役パティは、赤味8割、和牛の脂身2割をつなぎなしで合わせ、塩コショウのみの味付けとなっている。さらに、歯ごたえが強くならぬようにと柔らかさを重視した新橋ベーカリー製のバンズと、自家製のオーロラソースが全体の味をバランス良くまとめる。個性的でありながらも優しい味わいのハンバーガーには、場所柄、外国人ビジネスマンのファンも多い。音楽は国境を越えると言うが、なるほど、美味しい食べものには始めから国境などないのだ。 もはや看板メニューといっても過言ではない『ブロッコリーチーズバーガー』(1,306円)は、ブロッコリーのコリコリした食感に、クリーミーなモントレージャックチーズが絡まる一品。また、2009年末からの新メニュー、黄桃のシロップ漬けを使った『ピーチーズバーガー』(1,234円)も、頼んだら最後、思わずリピートしてしまう味だ。「休みは年末年始とフジロックだけ」、と笑うオーナーとともに、ご機嫌な時間を過ごしてほしい。700円ごとにたまるポイントカードは忘れずに活用したい。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

Advertising
レストラン, ハンバーガー

ブラッカウズ

icon-location-pin 恵比寿

『ミート矢澤』で有名なヤザワミートが手がける黒毛和牛バーガーショップ。温度管理された店内の専用スペースで作られる黒毛和牛100%のパティは流石の味。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

レストラン, ハンバーガー

アメリカンダイニング EAT

icon-location-pin 外苑前

外苑西通りにあるカリフォルニアダイニング店。黄色い看板とネオン管が目印だ。この店では、ロサンゼルスから帰国した有名フレンチシェフがつくる、手作り素材にこだわったハンバーガーを楽しめる。定番は、神戸牛と黒毛和牛100%の肉を使った『プレミアム神戸バーガー』(1,800円)。肉とたっぷりのレタス、フレッシュトマトサルサ、アボカドのワカモレ、ブラックビーンズ、スパニッシュライスをトルティーヤで巻いた『ブリトー』(1,300円)や、ポテトカッターで作るフレンチフライも人気だ。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

Advertising
レストラン, ハンバーガー

エリックス ハンバーガーショップ

icon-location-pin 若林

世田谷通りからやや入ったところにある、ローカルなバーガーショップ。オリジナルながら、チェーン店とさほど変わらぬ値段でバーガーを提供している。おすすめは『ポパイチーズメルト』(単品440円)。炒められたたっぷりのほうれん草に、チェダーチーズがとろける一品。他にも財布に嬉しいバーガーが多数揃うので、飽きずに何度も通いたくなる店である。 特集記事 東京、ベストハンバーガー20選

レストラン

タイムアウトカフェ&ダイナー

icon-location-pin 恵比寿
毎度おなじみのタイムアウトカフェ&ダイナーでも、美味いバーガーが楽しめる。信州、八ヶ岳山麓にある上里牧場から直送される赤身肉を使ったパティは200gとボリュームたっぷり。ライブ前の腹ごしらえにおすすめ。
Advertising