蒲田、餃子のウマい店6選

ゴジラや飲み屋だけじゃない、奥深い蒲田餃子の世界

作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising
春香園1
1/3
春香園1
2/3
3/3

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ 餃子 >蒲田、餃子のウマい店6選

テキスト:長谷川あや

東京の餃子の聖地といえば、なんといっても蒲田だ。蒲田駅を中心に半径500メートル圏内に20軒を超える餃子店が集中している。もともとは中国残留孤児である八木功が、日本帰国後の1983年12月に你好(ニイハオ)を創業したのが始まりといわれている。大連仕込みの焼きまんじゅうからヒントを得て、裏側にバリバリの羽根が付いた『羽根つき餃子』が完成した。你好とともに「蒲田餃子御三家」に数えられる、金春(コンパル)、歓迎(ホアンヨン)の3店はいずれも八木の兄弟が創業している。春香園は、金春の店主の息子が店主を務める。今回は、数ある店の中から、特に蒲田らしい店を紹介する。

取材してみて分かった特徴は、パリパリの羽根が付いていることに加え、価格が控えめだということ。また、『羽根つき餃子』には、ニンニクやニラを使っていないという店が多い。とはいっても、店によって少しずつ特徴は異なる。ただ、どこもボリュームはなかなかのものなので覚悟して臨もう。

レストラン

歓迎 本店

icon-location-pin 蒲田

看板はなんといっても『羽根つき焼き餃子』(5個300円)。皮のもっちり感、羽の香ばしさが絶妙だ。ジューシーな肉汁は、トンコツと鶏ガラに漢方食材を加え、煮込んで作っているのだとか。しっかり味がついているので、まずは何も付けずにいただこう。『水餃子』『海老入りジャンボ餃子』などほかの餃子メニューや中華料理も人気だが、ここでは『揚げ茄子餃子』(7個960円)も賞味したい。餃子の具材に茄子を入れて揚げており、サクサクの食感が楽しく、また、ニンニク風味の特性タレがよく合う。このニンニクのタレを焼き餃子に付けるという楽しみ方も良い。常に混んでいる人気店だが、回転は比較的早いので、ちゅうちょせずに足を運んでみたい。

レストラン, 中華料理

金春 本館

icon-location-pin 蒲田

京急蒲田駅からすぐのアーケード商店街あすとに位置する金春(コンパル)本館。人気の『羽根つき焼き餃子』(6個300円)は、ぷっくりとした形と、皮のしっかりした食感が特徴。カリッとした大きな羽根とは対照的に、皮はむっちりとしていて食べ応えも抜群にある。ほかの蒲田の餃子店に比べるとやや小ぶりのため、女性でも頑張れば一口で頬張れるサイズ。『ナマコ入り蒸し餃子』などの変わり種や、中国では一般的だが日本はなかなか見かけないあんに卵とニラが入った『三鮮餃子』もおすすめだ。

Advertising
レストラン, 中華料理

春香園

icon-location-pin 蒲田

「蒲田餃子御三家」のうちの一軒である、金春の主人の子息が店主を務める店。店主は金春のほか你好(ニイハオ)でも修業をしているが、20数年前に同店をオープンするに当たって独自の味を追求。大ぶりの『羽根付き餃子』(5個320円)は、見た目が美しく、また厳選された肉と野菜を使っており、食材のうま味が存分に味わえる。肉や野菜の質は日々異なるため、その日の材料の状態に応じてレシピを変えているそう。しゃきしゃきとした野菜の歯ごたえも抜群だ。たっぷりの野菜と豚の唐揚げを黒酢を使った『酢豚』(800円)や『海老入り蒸し餃子』(550円)のファンも多い。

レストラン, 中華料理

你好 本店

icon-location-pin 蒲田

餃子激戦区として知られる蒲田。同所で餃子と聞けば、真っ先に你好(ニイハオ)を思い浮かべる人も少なくないだろう。同店は「羽根つき餃子」発祥の店といわれており、老若男女問わず人気を集める名店だ。 パリパリの香ばしい羽根とぎっしり詰められたあん、もちもちの分厚い皮が一体になった『羽根付き焼餃子』は、口に入れた瞬間に濃厚な肉汁が溢れ出す。まずは酢と醤油だけで食べた後に、卓上の『食べるラー油』も試してみてほしい。ごま油の香りが鼻を抜け、ぴりりと辛いラー油はまさに黄金の組み合わせだ。 店を訪れるほとんどの客が注文する『元祖焼餃子』は上下に大きく羽根が付き、さくさくした食感が楽しく、手作りの皮の中には肉汁たっぷりのあんが詰まっている。

Advertising
レストラン, 中華料理

味の横綱 蒲田店

icon-location-pin 蒲田

蒲田駅西口に位置する、黄色い外観が目を引き地元民に愛される町中華。赤色が鮮やかなカウンター席のみの店内には一人客も多い。こちらの特徴はお通しとして無料で付いてくる焼き餃子(3個)。『ギョーザ』(6個600円)の単品メニューもあるが、『ニラそば』『中華丼』などのメイン料理には、ウエルカムフードのごとく餃子がもれなく付いてくる。さらにメニューによってはスープやミニ炒飯もサーブされる。餃子は蒲田名物の羽根付きではないが、ジューシーかつ野菜の自然な甘みに癒されること請け合いだ。

レストラン, 中華料理

餃子 ワン

icon-location-pin 蒲田

もはや蒲田の名物となった你好(ニイハオ)で修行し、天津の名店でも勤務経験のある、店主のワンが営む中華料理店。小ぶりながらむっちりとした皮とこんがりパリッとした羽根を持つニイハオ仕込みの『锅贴 羽根付き焼き餃子』(6個380円)のほか、天津の名物料理『狗不理包子(コウプリパオズ)』(3個400円)も人気メニューの一つ。『狗不理包子』は羽根付き肉まんといった風貌が特徴の料理で、生地が半分発酵した時にあんを包み始める過程に特徴があり、日本ではなかなか味わうことができない食感をぜひ試してほしい。そのほか『one巨大餃子』(2個320円)もユニークだ。

餃子好きなら……

レストラン

神保町、餃子のウマい店12選

古書店やカレーの街として有名な神保町だが、実は中華や餃子の店も実力派ぞろい。その理由は、明治から大正期に多くの中国人留学生が周辺に住んでいたことから、彼らの空腹を満たす中華料理店が多かったことも挙げられる。ここでは、老舗から新手の餃子バルまで幅広く紹介。店ごとに皮の厚さや具材の中身など、味わいは多彩だ。たまには本やカレーではなく、餃子を目がけて神保町へ繰り出そう。

ショッピング

東京、手に入れたい餃子グッズ8選

もちもちの感触とヒダ、その何とも言えない型、日本の国民食として長きにわたり愛されている餃子。また最近では、「餃子は完全食」と言われ、栄養バランスが見直されている。 ここでは、そんな愛すべき餃子の「グッズ」を紹介したい。さまざまなグッズが出回っているが、実物を見て店頭で手に入れられるものに限定してセレクト。餃子ブローチを作り続けて10周年を迎えるアーティストの作品や、有名チェーン店のレアグッズ、横浜に行ったら手に入れたいB級餃子土産など、イマジネーションあふれる餃子の世界をのぞいてみよう。

Advertising
レストラン

東京、水餃子 20選

焼き餃子にはない、つるりとした舌触りともっちりとした歯ごたえが持ち味の水餃子。餃子を焼く文化を持たない中国では、水餃子が主流の食べ方であるが、ここ日本にも、うまい一品は中華料理店にあることが多いようだ。そんな中、餃子専門を掲げる店のこだわりの水餃子も負けていない。厚手の皮で、たっぷりの豚肉を包んだ肉感溢れるジューシーなものや、野菜がたっぷり入ったヘルシー餃子まで、タレをつけて食べるもよし、そのままかぶりつくもよし。ここでは東京都内で味わうことのできる、おすすめの水餃子20皿を紹介する。

Advertising