注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

もつ道1/2
まい泉2/2

東京、ハート形が食べられる店

ピザやステーキ、もつ鍋など、バレンタインディナーに行きたい店

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、ハート形が食べられる店

バレンタインデー当日。いつもはチョコレートをプレゼントするという人も、今年はハート形を忍ばせたサプライズディナーで気持ちを伝えてみよう。かわいらしく、おいしいハート形メニューならば、それだけで気持ちが伝わるはず。本特集では、ピザやステーキに加え、もつ鍋やミニバーガー、お好み焼きなど、ユニークなハート形メニューを提供する店舗を紹介する。チョコレートが苦手な人にもうれしい演出だ。ハート形の力を借りて、忘れられないひとときを演出してほしい。

ENZO2
ENZO2
TimeOutTokyo

エンゾ パステリア

レストラン イタリア料理 西麻布

西麻布交差点近くの、こぢんまりとしたイタリアン。映画「グラン・ブルー」の登場人物、エンゾ・モリナーリの食卓が店内に再現されており、青いドアや、大きく座り心地の良い椅子が、映画の空気感を出している。

料理は『自家製色々野菜のピクルス』やパスタの『ペスカトーレ』など、南イタリア料理をベースに、野菜をたっぷり使ったメニューを提供。ここで注文したいのは、ハート形に焼かれた、当店オリジナルのピッツァ、『マルゲリータ』。薄くもっちりとした生地に、バジルの香りが食欲をそそる。ワインもイタリア全土のものが豊富に取りそろっている。 ペット(犬)が同伴可能なので、気になる人は事前に知っておこう。

もつ道 秋葉原店

レストラン 鍋料理 秋葉原

秋葉原駅ほど近くにある、モツ鍋専門の居酒屋。モツ鍋には、鮮度の良い国産黒毛牛の生モツを使用しており、2人前以上が注文できる。

西京味噌(みそ)をベースにした『もつ鍋 味噌』や、甘めのピリ辛スープが後を引く『もつ鍋  キムチチゲ』など6種類の基本の鍋があるが、なかでも注目なのが、『ハートの明太もつ鍋』。福岡の老舗ブランド、かねふくの明太子がたっぷり200グラム、ハート形に盛られており、見た目のボリュームも味わいも圧巻だ。

バレンタインを祝うのに、ケーキやチョコレートではなく、モツ鍋というのもしゃれたサプライズになるかもしれない。

※『ハートの明太もつ鍋』は前日までの予約が必要。

Advertising

トウキョウ カウボーイ

ショッピング フード&ドリンク(特産品) 用賀

世田谷の用賀にある和牛専門の精肉店。用賀駅から12、13分歩くと、閑静な住宅地の中に突如カフェのようなスタイリッシュな建物が現れて驚く。

店内のガラスケースに牛肉のブロックがずらりと並ぶ姿は圧巻だ。 同店が取り扱うのは、牛肉、それも黒毛和牛の雌のみ。『MEAT KEEP』は、購入したブロック肉の食べる分だけをカットして持ち帰り、残った肉は店舗で保管してくれるというユニークかつ画期的なサービスだ。ハート形のカッティングも可能で、要望があれば通年受け付けてくれるため、バレンタイン以外にちょっとした記念日にも最適だ。

公式オンラインショップでは、あらかじめハート形にカットされた商品も販売している。

※こちらはバレンタイン限定

 

まい泉
まい泉

とんかつ まい泉

1965年の創業のとんかつチェーンのまい泉。柔らかなとんかつを小さなバンズで挟んだミニバーガーは、手ごろなサイズで手土産にも最適な人気商品だ。

毎年バレンタインデーの時期になると、ハート型のバンズに柔らかなヒレかつを挟んだ『ハートdeかつバーガー』(242円)を販売する。豚の鼻がアクセントの赤いハート型シールが可愛らしく、甘いものが苦手な人や、子どもへのプレゼントにもおすすめ。

販売場所は、全国のまい泉直営店全店および主要スーパー。またホワイトデーには『白いハートdeかつバーガー』の発売を予定している。

Advertising

産直鉄板 くり

レストラン 六本木

六本木の東京ミッドタウンの目の前、ビル中2階にある鉄板料理の専門店。産直で仕入れたA5ランクの山形牛や岩手産短角牛、宮崎産の地鶏、また市場で目利きした魚介や野菜を店内の鉄板で焼き、提供している。

大きな肉や魚の切り身が焼き上がる様子は迫力抜群、お好み焼きやオムレツなどの鉄板料理のメニューもあり、『記念日コース』注文時には花形や顔など、好きな形でオーダーできる『デコレーションお好み焼き』を焼いてくれる。バレンタインにはハート形に焼いて、メッセージをマヨネーズで添え、パートナーを喜ばせたい。

ハートのタピオカで想いを伝える......?

ヒカリズフェイバリット

レストラン カフェ・喫茶店 五反田

フレッシュな自家製ハート形タピオカが特徴のヒカリズフェイバリット(Hikari’s Favorite)が五反田にオープン。『波照間黒糖ミルク』(600円)、『フレッシュベリーミルク』(750円)など、見た目にも鮮やかなメニューがそろう。甘いタピオカを飲んだ後には、白トリュフ塩をきかせた『Hikari'sクリスピーポテト』(750円)もおすすめだ。

関連記事

Deathmatch in Hell
Photo: Keisuke Tanigawa

東京、一味違うバレンタインの過ごし方

Things to do

バレンタインデーという行事にプレッシャーを感じているという人も少なくないだろう。日本では一般的に2月14日に女性が男性にチョコレートをあげるが、世界的にもこの風習があるのは日本と近郊のアジア諸国だけのようだ。街を行くカップルがイチャつく姿にイライラしてしまう人、恋愛で傷ついたばかり、そもそもプレゼントをもらう見込みがない、そんな人でも楽しめる、ちょっと風変わりなバレンタインデーの過ごし方を提案する。  

東京、バレンタインイベント2020

ショッピング

世界におけるバレンタインは、互いに愛や感謝の気持ちを伝え合う日とされているが、日本では大切な異性にチョコレートを贈る日として定着している。そろそろバレンタインに向けてチョコレートを探し始めた人も多いのではないだろうか。 ここでは、2月14日に向けて展開されるバレンタイン商品や、人気のチョコレートを販売するイベントなどを紹介。本命チョコはもちろん、義理チョコや自分へのご褒美チョコを探す際は、ぜひ参考にしてみてほしい。 また、東京のバレンタインはチョコレートだけではない。パートナーと一緒に楽しめるイルミネーションやプラネタリウムでのバレンタインイベントなども紹介するので、自分なりのバレンタインの楽しみ方を見つけよう。

Advertising

東京、チョコレートショップ10選

ショッピング

もしウィリー・ウォンカが東京でチョコレート工場を始めていたら、彼は今頃休暇を取っているかもしれない。東京のチョコレートシーンは競争が激しく、有名なフランスのサロン・デュ・ショコラでは日本のチョコレートメーカーが最優秀賞を取得し、海外のエキスパートとも肩を並べているからだ。ここでは、情熱的なショコラティエが届ける、複雑な風味のカカオを使ったチョコレートショップを中心に紹介する。例えばマダガスカルの強い酸味が特徴の品種や、アマゾン流域のフルーティーな後味が素晴らしいオーガニックカカオなど。 バレンタインシーズンの直前に、恋人に贈るにも自分を甘やかすにもおすすめしたいチョコレートショップを厳選した。シングルオリジンのシンプルなチョコレートバーもよし、アソートスイーツの詰まったぜいたくなギフトを奮発するのもよし、豪勢なデザートを注文してその場で味わうのもいいだろう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising