Photo: Youka Nagase
Photo: Youka Nagase

「メダルがなくても最高の選手」、毎朝オリンピック選手を励ます男性が話題

7時15分前後に晴海3丁目交差点に出没、一躍有名人に

https://media.timeout.com/images/105800156/image.jpg
テキスト:
Youka Nagase
翻訳:
Sato Ryuichiro
広告

東京スカイツリーやレインボーブリッジがオリンピックの五輪の色でライトアップされたり、開会式で使われた聖火台は臨海副都心で現在展示中であったりと、東京2020オリンピックで沸きかえっている東京都。選手たちも選手村内部の様子を動画で投稿して、興奮を抑えきれない様子が伝わってくる。

選手たちは今大会のために鍛錬を重ね、競技に全力を尽くしているものの、メダルを手にすることができるのはわずか。残りの多くの選手は目指した結果に届かないこともあるだろう

Olympic Village 2020
Photo: Youka Nagase

しかし、ここに一人の男性が現れた。彼は毎朝、選手村の前に立って「おはようございます。メダルを取らなくてもあなたは最高の選手だ!自分を信じろ!(Good morning Athletes! Even if you don’t get a medal, you’re still the BEST!! So believe in yourself!)」というメッセージを掲げている。選手が自身のベストを尽くしたかいなかはメダルの有無に左右されるものではないことを訴えているのだ。

匿名希望のこの男性は7時15分にはやって来て、選手を乗せたバスが通り過ぎるたびにこのメッセージを見せ、およそ2時間ほど滞在する。本人いわく、始めたのは開会式前日の7月22日だが、掲げるメッセージが現在のものになったのは2021年7月26日から。多くの人がメダルの数にこだわるようになってきたのを目にしたのが、メッセージを変えた理由だという。

特筆すべきは、この男性の献身がきちんと報われていることだろう。彼に好意的な選手たちがInstagramに写真を投稿し、一躍有名人へと仕立て上げたのだ。彼は8月8日(日)まで立ち続けるということなので、選手村最寄りの晴海3丁目の交差点を訪れた際にはあいさつしてみてはどうだろうか。

オリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェック

原文はこちら

関連記事

大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選

柔道選手の髙藤直寿が日本初の金メダルを獲得

初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得

東京オリンピック開会式、近未来的なドローンの全貌を紹介

13歳の西矢椛が金メダルを獲得、日本の最年少メダリストに

写真で振り返る、東京オリンピック開会式8つの名場面

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告