1. Aya Niseko
    Photo: Aya Niseko/booking.comAya Niseko
  2. Kyoto Granbell Hotel
    Photo: Kyoto Granbell HotelKyoto Granbell Hotel
  3. Yadoru Kyoto Hanare Shoji No Yado
    Photo: Yadoru Kyoto Hanare Shoji No Yado/booking.comYadoru Kyoto Hanare Shoji No Yado
  4. Aya Niseko
    Photo: Aya Niseko/Booking.comAya Niseko
  5. Konjaku-So Dotonbori Garden SPA Stay
    Photo: fb.com/KonjakusoKonjaku-So Dotonbori Garden Spa Stay

Go To トラベル対象のおすすめ宿泊施設

Booking.comでキャンペーン対象になる、北海道から沖縄のおすすめホテルを紹介

Kasey Furutani
テキスト:
Kasey Furutani
広告

タイムアウト東京 > トラベル >Go To トラベル対象のおすすめ宿泊施設

いよいよ10月から東京発着の旅行と都民が対象になることとなったGo To トラベルキャンペーン。今、旅行の計画を立て始めているという人も多いのではないだろうか。これまでは、特定の旅行代理店を通じて予約しなければ割引を受けることができなかったが、Booking.comがキャンペーンに参加したことで、オンラインでリーズナブルなプランを簡単に検索することができるようになった。

ここでは、割引を最大限活用できるラグジュアリーホテルや、1日1組限定で安心した宿泊ができる宿など、旅行を計画中の人に勧めたいキャンペーン対象のホテルを紹介する。

料金:2万6,753円から1万5,678円ほど

祇園の中心部にある京都グランベルホテルは、日本のミニマルなデザインを取り入れ、洗練されたモダンな美学と融合させた、見た目も美しく快適なホテルだ。ロマンチックな照明のラウンジでリラックスしたり、金箔(きんぱく)で装飾されたバーのこんじきで酒を飲んだりできる。注目は、日本庭園を眺めながら旅の疲れを癒せる大浴場だ。

料金:5万円から3万2,500円ほど(1日1組限定)

伝統的な京町家をリノベーションした宿。1日1組限定で客室には、二つのベッドルームとリビングルーム、小さなキッチンがあり、最大4人で利用できる。庭一面に障子を全面に設え、わびさびを感じられる。祇園や八坂神社にも徒歩で行ける距離にあるので、アクセスも抜群だ。

広告

料金:マウンテンビューの客室は6万2,765円から3万518円ほど

綾ニセコは、スキー目的の滞在にぴったりの宿。客室には、床から天井までの窓が付いており、美しい自然の景色を楽しめ、素晴らしい滞在になるだろう。ホテルからグランドヒラフリゾートのスキーリフトへ直接アクセスでき、すぐに楽しむことができるのも見逃せないポイント。

ハイキングやスキーを楽しんだ後は、羊蹄山を一望できる内湯と露天風呂に入るのがおすすめ。

料金:1万6,000円から1万400円ほど

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがリニューアルオープンしたので、休日に足を運んでみようと計画している人もいるかもしれない。

パークフロントホテルは、その名の通り、テーマパークのゲートから徒歩1分ほどの場所にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの最新の公式ホテル。アールデコ様式を取り入れた、広くて快適なホテルだ。

広告

料金:3万4,425円から2万2,376円ほど(貸し切り限定

大阪ではあまり見かけることのない旅館だが、今昔荘 庭風呂別邸は、昔ながらの旅館風の別荘型民泊施設。繁華街の中心地にあり、貸し切り限定で最大4人までが宿泊できる。小さな日本庭園と露天風呂のあるベランダが備わっている。

料金:1万8,180円から1万1,817円ほど

広島は平和記念公園や広島城といった独自の見どころがあり、また宮島への玄関口でもある。Kiro 広島は広島市の中心部に位置し、平和大通りから徒歩数分の場所にある。

明るい客室は6人までのグループに対応しており、バーやラウンジエリアでは、他の宿泊客との交流や、静かに酒を飲みながら夕日を眺めるのに最適だ。

広告

料金:4万円から2万6,000円ほど

はいむるぶしは離島の小浜にある日本最南端のリゾートホテル。ホテルには、プールとプライベートビーチ、オーシャンビューの部屋があり、理想的なバケーションを過ごせるだろう。

トロピカルドリンクを飲みながらプールサイドでくつろいだり、海を眺めながら露天風呂に入ったりと、沖縄での滞在を存分に楽しんでほしい。

料金:3万1,460円〜4万8,400円ほど(朝食・夕食込み)

ニホンザルが温泉に浸かる姿で有名な、地獄谷野猿公苑の近くにある長野の老舗旅館。旅館は6部屋のみで、湯田中温泉でも一番小さな宿だ。天然温泉が楽しめるのも魅力で、日本庭園を眺めることができる。

料金には朝食と夕食が含まれており、夕食には地元の旬の食材を使った会席料理が味わえる。

広告

料金:3万3,164円から2万1,557円ほど

金沢城の近くの、趣のあるデザインホテル。21世紀美術館や茶屋街などがある中心地を散策するのに最適な立地だ。和の感性とモダンな建築を融合させた雨庵では、テラス付きの客室とシティビューの客室を用意する。

日本酒の試飲や、21時から23時までそばの無料提供、24時間無料のほうじ茶とコーヒーの提供など、豊富なサービスも魅力だ。

料金:5万7,200円から3万7,180円ほど

日本旅行といえば、富士山を見ずしては語れない。湖南荘からは富士山と河口湖の素晴らしい景色が望め、広々とした畳敷きの和室の客室、天然温泉を提供している。

温泉は、内湯と外湯、屋上には足湯があり、どの風呂からも富士山が一望できる。絶景を楽しみたい人には、おすすめの宿泊施設だ。

旅行に行くなら……

  • トラベル

自然の中でも快適で洗練された宿泊体験を指すグランピング。テントやアウトドアグッズを持っていない人も気軽に泊まることができ、ラグジュアリーな家具などの設備やおいしい食事の用意がある場所も多いことから、近年人気が高まっている。2020年10月1日(木)から、Go To トラベルキャンペーンの対象にようやく東京が入り、今後の人気はますます期待されるだろう。

 

広告
  • トラベル

東京から新幹線で約1時間強の好アクセスながら、山、海、温泉と三拍子そろう観光地として人気の熱海。徳川家康の時代には湯治場として、明治期には志賀直哉や坪内逍遥をはじめとする文豪の創作の場として、昭和期には新婚旅行や団体旅行でにぎわった街だ。

広告
  • トラベル

明治時代から栄えた歴史ある避暑地の軽井沢。ハイエンドなイメージだが、気軽に、しかも質のいい、まさにコスパに優れた穴場的スポットもある。目利きの別荘族も毎週通うジェラートやリカーショップ、あの高級リゾートの新形態のホテルなど、話題のスポットもたくさん。今回は駅や旧軽井沢の中心地からアクセス抜群の、車でなくても行きやすい、今、通うべき軽井沢を案内する。

おすすめ
    関連情報
      広告