Photo: Pexels/Pixabay
Photo: Pexels/Pixabay

Go To トラベルキャンペーン について知っておくべき情報

国内旅行が最大50%割引などキャンペーンの詳細を紹介

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

※2020年7月22日更新

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界中で広がる今、以前と同じ生活をするのは難しい状況だ。海外からの日本への入国制限は現在も行われているが、打撃を受けた観光業の活性化を促すため国内旅行が奨励されている。

国内旅行を促進し、地域の事業者を後援するため日本政府は「Go To トラベル キャンペーン」を立ち上げた。このキャンペーンにより日本国内での交通機関やホテル、飲食店、観光施設、買い物の費用の最大50%まで補助金が支払われる。

しかし、新型コロナウイルスの感染件数が増加しているため、東京はこのキャンペーンから除外された。東京都民と、東京発着の旅行は、この割引の対象にはならない。

現在、東京は警戒レベル4(最高レベル)にあり、知事の小池百合子は、都民に不要普及の県をまたぐ移動を控えるよう呼びかけている。都民にとって、国内旅行は今は選択肢にないかもしれないが、感染拡大が収まれば、政府は将来的に東京もキャンペーンに加えることを考慮することになっている。

Go To トラベル キャンペーンについての情報は、複雑で分かりにくい面もあるので、ここで情報を紹介したい。

なお、詳細について変更される可能性があり、新しい情報が入り次第、更新していく。

Photo: Walter Mario Stein/Unsplash
Photo: Walter Mario Stein/Unsplash
Photo: Walter Mario Stein/Unsplash

「Go To トラベル」とは何か

Go To トラベル キャンペーンは、経済活動を活性化させるために、国内旅行を奨励する日本政府の支援金だ。新型コロナによる緊急事態宣言発令中に多くの店が休業を余儀なくされた、地域の観光業や宿泊飲食業などの業績を回復させることも目指している。

いつ始まるのか

キャンペーンは、2020年7月22日(水)に開始される。7月22日から8月31日(月)までの間、旅行費用の最初の35%の割引を受けられる。9月1日(火)以降は、旅行者は35%割引に加え、旅行先の対象店舗で使用できる地域共通クーポンとして15%の割引が適応され、合わせると旅行費用の50%が割引となる。

具体的な日にちはまだ公表されていないが、キャンペーンは、2021年の春には終了する予定だ。

Advertising

どのような旅行が対象になるのか

割引対象となるのは国内旅行のみで、一定の金額までしか請求できない。日帰り旅行の場合は、対象となる費用は一日当たり最大1万円で、1泊あるいはそれより長い場合は、1泊最大2万円が支給される。9月地域共通クーポンが配布されるまでは、最大費用はそれぞれ1日7,000円、一泊1万4,000円。

上記の金額よりも費用がかかる旅行も事業の対象となるが、割引は上記の金額までしか適用されない。

観光庁資料より
観光庁資料より
観光庁資料より

割引の対象になるのは

割引を受けるには、「Go To トラベル事業の支援対象の旅行」「その旅行商品を販売する事業者が、今後Go To トラベル事業の参加登録を受けること」が条件だ。

参加事業者の一覧は、観光庁の「Go To トラベル」専用ウェブサイトに今後掲載される予定(このサイトはまだ開設されていない)。

日本の大手旅行代理店の大半はこのプロモーションに参加しており、各社の予約システムへの組み込みが完了すれば、代理店を通じて直接予約するときに、割引後の料金を支払うことになる。

パッケージのみでなく直接宿泊施設へ予約する宿泊も対象になるので、ホテルや旅館はもちろん、届け出のある民泊も対象になる(そのほか、ホステル、カプセルホテル、バンガロー、テント、コテージも届け出があれば対象)。

Advertising

7月22日以前に旅行を予約した場合

7月22日(土)より前の旅行を含むパッケージツアーの場合は、代理店を通じて予約した場合も対象にはならない。しかしホテルを直接予約した場合は、7月22日から24日(月)のホテル宿泊について割引を申請することができる。

観光庁の申請書に記入し、領収書や旅行の証明書とともに提出することで、割引が適応される。申請書の入手先のウェブサイトなどの詳細は、近々発表される予定だ。

飛行機代も含まれるか

旅行代理店を通じて予約する場合は、飛行機代も含まれる。直接予約した交通機関は対象にならない

 

Advertising

どこでクーポンを使えるか

観光庁は、参加店舗と所在地の一覧を発表する予定です。これには、土産物店、飲食店、観光施設、観光客向けのアクティビティなどが含まれる。クーポンは返金不可で、クーポンを使って払った場合はおつりはもらえない。クーポンは紙媒体、電子媒体で配られ、旅行代理店を通じて、あるいはホテルで受け取ることになる。

東京都民は対象外? キャンセル料金は

東京都在住者、東京都内を目的とした旅行や東京都内を発着する旅行は、当面の間対象外になる。いつ頃まで対象外にするかについては、感染症の状況を見て判断される。

例えば、都内のホテルに宿泊する交通付きツアー、都内観光が目的地に入っているパックツアー、都外から東京の観光地を巡るバスツアーは対象外だ。

一方、地方から新幹線で東京駅を経由して富士山観光、飛行機で羽田を利用して東京ディズニーリゾート、都外在住者が東京駅や羽田空港を利用して都外へ行くといった旅行は対象となる。

キャンセル料に関しては、国土交通大臣の赤羽一嘉が21日の記者会見で「キャンセル料を支払わなくてよいこととし、その旨を旅行会社などに徹底する」「旅行者がキャンセル料を支払わずにすむように対応する」とした。


対象となるのは、キャンペーンの開始日を公表した今月10日から、東京を対象外とすることを表明した17日までの間に旅行を予約した人となる。

Advertising

若者と高齢者は対象外なのか

事業者にはキャンペーンに参加する条件として、チェックイン時に本人確認をし、検温をするなどの感染症対策を実施することを義務化し、本人確認証の提示がない旅行者は割引の対象外となる。

「重症化しやすい高齢者、若者の団体旅行や宴席を伴う旅行は対象外」とする方針を出したが、観光庁は「高齢者、若者の団体旅行や宴席を伴う旅行については事業者の判断に委ねる」とした。 

もっと「Go To トラベル キャンペーン」を知りたいなら……

Tokyo
Photo: 雰囲気イケメン、写真AC

東京都を対象外「Go To トラベルキャンペーン」が見直しに

ニュース シティライフ

日本政府は「Go To トラベルキャンペーン」をこのほど見直すと発表した。同キャンペーンは2020年7月22日(水)から実施予定だったが、新型コロナウイルス感染症の感染者の増加を受け、各方面から実施による感染拡大を懸念する声が上がっていた。

国土交通大臣の赤羽一嘉は内閣総理大臣の安部晋三と16日夕方の会談後、東京発着の旅行をキャンペーン対象外とすると表明した。具体的には東京都を目的地とする旅行、東京都に居住する人の旅行をキャンペーンの対象から外す方針だ。東京都以外のキャンペーンは予定通り行う見通しで、旅行業界と旅行者双方に感染拡大防止策を求めていくとも話した。 東京都の感染者数は16日に過去最高の286人となり、各方面から「Go To トラベルキャンペーン」の見直しを求める声が上がっていた。今回の見直しはそれに対応する形となったが、実施直前の変更で現場のさらなる混乱も懸念される。 

Tokyo
Photo: TOGA、写真AC

観光庁の「Go To トラベルキャンペーン」の概要が発表

ニュース シティライフ

観光庁は2020年6月16日、Go To トラベルキャンペーンの概要を発表した。同キャンペーンは、日本政府が7月開始を目指していた『Go To キャンペーン事業』の一部を成す。この事業は、新型コロナウイルス感染症の流行収束後に影響を受けた地域の経済を再活性化させるための官民一体型の需要喚起キャンペーン。予算として経済産業省に1兆6,794億円が計上されている。

具体的な内容は以下の通り。 1. 国内旅行を対象に宿泊、日帰りの旅行代金の2分の1相当額を支援(一人1泊当たり宿泊2万円、日帰り旅行1万円が上限)。  2. 連泊制限や利用回数の制限は設けない。 3. 支援額の7割程度が旅行代金の割引、3割程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与される。 旅行代金の割引と地域共通クーポンはセットとなっており、1,000円単位(1,000円未満は四捨五入、釣りなし)。発行は事務局で一括で行い、旅行代理店や宿泊施設で配布する。クーポンの利用は、地域の観光協会や観光地域作り法人(DMO)、商工会などを通じて地域の店舗に参加、登録を呼びかける予定だ。 宿泊、日帰り旅行の割引の条件は以下。 1. 宿泊旅行 個人旅行は旅行代理店や旅行サイト経由、宿泊施設の直販システムいずれの申し込みでも可能で、宿泊や宿泊と交通機関のセットプラン、宿泊に準ずる夜行フェリーや寝台列車が割引対象となる。ただし、個人で予約した交通機関は割引対象外。修学旅行や職場旅行も旅行代理店や旅行サイト経由なら対象。 2. 日帰り 往復の乗車券などの移動と旅行先で消費する食事や観光体験などのセットプランが対象。 クーポンは旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、 アクティビティ、交通機関などを対象に、紙媒体(商品券)、電子媒体共に利用できるようにするという。

なお、『Go To キャンペーン事業』は運営委託費が高額過ぎるとの批判を受け、キャンペーン内の各事業省を担当する庁ごとに再公募するとしていたが、国土交通省大臣の赤羽一嘉は、同日の記者会見でGo To トラベル事業の事務局の公募を開始すると発表した。6月29日(月)17時までに提出された提案書を企画競争委員会で審議、選定する。 前回の批判を受け、審査の透明性の確保、事務委託費の縮減のために企画競争委員会に外部から有識者4人を迎えるほか、事業者から提案される事務委託費の妥当性について、評価項目全体の3分の1を占める大きな割合の配点を当て流という。事業委託費の上限は約2,294億1,371万円、契約締結後も効率的な執行に努めるとした。 開始時期については、観光庁は感染症の専門家の意見を取り入れつつ検討するとしており、17日の会見で観光庁長官の田端浩は、8月の早い段階での開始を目指すと語った。 詳細については、観光庁の公式サイトで概要、様式を確認できる。 

日本を旅するなら……

Hokkaido Train
Photo: Masahiro Nakamura/PhotoAC

わずか1万2,000円で北海道を巡る6日間の旅が可能に

ニュース トラベル

日本国内の旅行制限緩和が始まった現在、国内旅行を奨励するための特別割引が発表されている。観光庁が発表したGo To トラベルキャンペーンは2020年7月22日(水)から始まり、国内旅行代金の最大50%をカバーする予定だ(新型コロナウイルスの感染状況により、開始変更の場合もある)。

JR東日本では、8月20日(木)の乗車分から新幹線が半額になる『お先にトクだ値スペシャル』が販売される。 そんななかJR北海道は、6日間乗り降り自由な切符『HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス』を、半額で提供すると発表した。この周遊パスは普通車指定席も4回まで利用でき、JR北海道内の在来線特急列車の普通車自由席、およびジェイ・アール北海道バスに乗ることができる。通常の価格は2万4,000円だが、2020年7月17日(金)から、2021年1月25日(月)までに購入すると、半額の1万2,000円で手に入れることが可能。 なお、これらのチケットは期間終了予定日よりも早く入手することをおすすめしたい。なぜならば半額の1万,2000円は北海道の助成金であり、それが尽きるとプロモーションが早く終了するからだ。

パスは北海道のJR駅、JRチケットオフィス、または日本の旅行センターで購入でき、購入後1カ月以内に利用する必要がある。夏と冬のピークシーズン(8月10〜19日、12月26〜1月6日)を除きいつでも使用できるため、旅行計画に役立ててほしい。 

河口湖
河口湖

日帰りできる富士山絶景スポット

Things to do

日本で最も高い標高3776メートルの富士山は、その優美で完璧な対称をなす形状で息を飲むような姿を誇る。富士山は日本のシンボルであり、観光客なら一目は見たいと思うだろう。 運が良ければ東京の街中からでも、一年を通してその姿をおぼろげに見ることはできる。ベストシーズンは、空気が冷たくて清々しい、そしてほとんど雲がない鮮やかな青空の広がる冬だ。

ここで紹介する山梨と神奈川の風光明媚な5カ所は、東京から日帰りで行きやすく、富士山の撮影に出かけるのにおすすめの場所。日中は雲が出て眺めが遮られることもあるため、早朝か午後遅くに到着することを心掛けてほしい。

おすすめ

    関連情報

      Advertising