MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
Photo: ©Okuyamato CR Promotion Committee

緑とフュージョン、奈良の大自然を歩いて回る芸術祭が開催

「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」でアートを鑑賞

作成者: Shiori Kaneko
広告

猛烈な暑さと新型コロナウイルスの影響で、どこへも出かけられず窮屈な日々を過ごす人も多いだろう。今年の秋には非日常を求め、自然とアートを楽しむことを勧めたい。奈良県で2020年10月3日(土)~11月15日(日)に開催される芸術祭『MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』は、広大な地域で「3密」を避け、五感でリアルにアートや自然を体感できるイベントだ。

会場は、古事記や日本書紀などにも登場し、数多くの史跡が今も守り伝えられている吉野町の「森」、世界遺産に登録された大峰山がある天川村の「川」、ススキの大海原で有名な曽爾高原が広がる曽爾村の「地」で構成。それぞれの地域を35時間ほどかけて、世界遺産や歴史的価値のある日本の風景を堪能し、自然に包まれながら作品を鑑賞するというものだ。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

プロデュースしたのは、ライゾマティクス アーキテクチャー代表の齋藤精ー芸術祭を開催することについて、「コロナ禍では自分の足で歩いたことで、家の周りや自分の身体や周辺空間の解像度が上がったことに気がついた人も多かったと思います。同時に、ステイホーム期間中、人は結果として土に触れ、自然を見ることで理由のない落ち着きを取り戻し『人間とは?』『自然とは?』『環境とは?』『いのちとは?』など答えなき哲学的な問いを考える機会にもなりました。奈良の奥大和の広大な大地を使い、今この時期だからこそ自分の足で歩き、アートを通して身体と自然を感じてほしい、そのような思いから、歩く芸術祭を広大な奥大和で開催することにしました」と語る。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

実際に自分の足で会場に行き、生の作品を鑑賞することで、芸術のエネルギーは感じられるものだ。また、齋藤は「こんな未曽有な状況であるからこそ、自分がいる場所(心の中)に美術館を作ることができるのではないか。アーティストたちがこの自粛期間に貯めたエネルギーを、奥大和の自然や大地とともに展示できないだろうか」と語っている。

参加アーティストは、上野千蔵、木村充伯、力石咲、ニシジマ・アツシ、細井美裕など。公式サイトでは、アーティストや地域の住民へのインタビューなども随時掲載される。

旅気分で自然を散策しながら、美しいものを観て心を癒してほしい。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』の詳細はこちら

関連記事

どこにもない場所を見せてくれる展示7

日本を代表する建築家やクリエーターの公衆トイレツアー

アートは飛躍するのか

MANGA都市TOKYO」を楽しむ5のこと

『都心から1時間半、藤野の自然の中で上質なグランピングを体験

最新ニュース

    広告