日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノ
日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノ

都心から1時間半、藤野の自然の中で上質なグランピングを体験

奥多摩より近い好アクセス、日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノで憩う

作成者:
Hisato Hayashi
広告

都会を離れ、自然の中でゆったりと過ごす。そんな願いをかなえてくれるグランピング施設、日比谷花壇の”STAY”「里楽巣 FUJINO」日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノ)が、神奈川県相模原市の藤野に誕生した。「ココロも体も喜ぶ場所」をコンセプトに作られた施設は、里山の緑に囲まれた場所にあり、日比谷花壇初の試みとこだわりが詰まっている。ここではその魅力の一部を紹介しよう。

自然豊かなアートの町、藤野

藤野は芸術の町として、古くから数々の工房があり、職人や作家が集まっている。テントの外の専用デッキのガーデンテーブルは、藤野の工房で職人たちの手によって作られたものだ。また、和、洋のコースから選べる、フルサービス型の食事メニューにも、地元で採れた野菜がたっぷりと使われている。

『ECRU』では、犬も一緒に泊まれる
『ECRU』では、犬も一緒に泊まれる
見晴らしの良いウッドデッキ。ワーケーションの場としても快適
見晴らしの良いウッドデッキ。ワーケーションの場としても快適

テントの外のウッドデッキからは大自然を一望できる。室内にはビールサーバーも用意されており、大人のためのちょっとしたオアシスのようだ。

『RURI』専用デッキ
『RURI』専用デッキ

和と洋、2タイプから選べるドーム型テント

泊まる空間は全部で2室あり、和室タイプ『RURI』と、洋室タイプ『ECRU』が用意されている。なかでも、和のテイストを盛り込んだ『RURI』は、畳のような床で、グランピング施設でも珍しいリラックス空間を提供。アメニティーや寝具など、宿泊に必要なものは全てそろっているため、手ぶらで過ごせるところが魅力だ。

また、『RURI』『ECRU』ともに、車をデッキのすぐ横に駐車することができる。1室最大4人まで宿泊可能で、現在は夫婦やカップル、ファミリーの予約が多いそうだが、重いテント用品の運搬などが必要ないため、女性だけのグループでも気楽に利用できそうだ。

畳を模した和室タイプでのんびりと過ごせる『RURI』
畳を模した和室タイプでのんびりと過ごせる『RURI』
ラスティックスタイルがモダンな洋室タイプの『ECRU』
ラスティックスタイルがモダンな洋室タイプの『ECRU』

2020年8月1日から予約受付を開始し、8月21日にオープンを迎えた日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノ。現在、8〜9月の予約はほぼ埋まっており、10月以降の受付の場合は比較的空いているという。ドーム型テントは冷暖房が完備され、年末年始と毎週水曜を除きいつでも開場しているため、暑さが収まった頃に出かけてみるのも良さそうだ。

日比谷花壇のステイ 里楽巣 フジノ 詳細はこちら

関連記事

三浦半島にドライブインシアターが誕生、ラ・ラ・ランドなどを上映

新宿からたった30分、緑に囲まれた立川のリゾートで心と体を開放

時代はどこかへ出かける滞在からエリア内でくつろぐ滞在へ

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

真夏の30時間ステイ、ホテルニューオータニの都民優遇プラン

最新ニュース

    広告