SORANO HOTEL
SORANO HOTEL

時代はどこかへ出かける滞在からエリア内でくつろぐ滞在へ

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

2020年68日(月)、立川にオープン予定のソラノホテル(SORANO HOTEL)は、東京にあって東京にないホテル。広い空と豊かな緑に癒され、新宿から電車で30分程でありながら、非日常を感じられるリゾートなのだ。

テーマは心もからだも健やかに過ごす「ウェルビーイング」。ヘルシーな食事、温泉やスパ、フィットネスやワークショップなど、総合的なアプローチで、ウェルネスコンシャスな滞在を実現する。

プールサイド
プールサイド

ホテル最上階のインフィニティプールからは、隣接した昭和記念公園の緑が広がり、快晴の日には遠くに富士山も望める。2フロアにわたるプール、スパには独自に掘削した温泉水が使用され、ジムスタジオも併設されている。トレイルランナーのサポートでも知られるグリーンフィールド立川のトレーナー陣がパーソナルトレーニングを担当し、ビギナーでも安心できるコンディショニングや、プールサイドでのメディテーションを体験できる。3人でセミプライベートなトレーニングが受けられる宿泊プランも提供する。

デザインはフランス出身のグエナエル・ニコラ。81室の客室は全室パークビューでバルコニー付き、52平方メートル以上のゆったりとした空間だ。また、20平方メートル以上のルーフバルコニーのあるドッグフレンドリールームも展開している。

ドッグフレンドリーな「Wa Modern」ガーデンテラス
ドッグフレンドリーな「Wa Modern」ガーデンテラス

スパトリートメントは基本、客室内での施術。プライバシーが完全に守られた空間で、移動や身支度の煩わしさもなく、安心して受けられるのはこの時代にはうれしい。

インドアスパ
インドアスパ
新感覚のナノミストサウナ
新感覚のナノミストサウナ

ウェルビーイングショートトリップという、生活圏内での贅沢な過ごし方。時代はどこかへ訪れる拠点としての滞在から、施設内だけでくつろぐ滞在へと進化しつつある。

詳細はこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

竹芝の「メズム東京」で新しい風を感じる
ところざわサクラタウンで注目すべき5つのこと

最新ニュース

    広告