Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

ところざわサクラタウンで注目すべき5つのこと

作成者:
Tabea Greuner
広告

昨年末には渋谷スクランブルスクエア渋谷パルコがオープンし、東京の渋谷周辺が盛り上がりを見せたが、次の大型ショッピング&エンターテイメントセンターは東京の北、埼玉県所沢市になりそうだ。

2020年11月以降にオープン予定の『ところざわサクラタウン』は、出版社のKADOKAWAと所沢市による共同プロジェクトの一環だ池袋駅から電車でわずか40分のところにあるこの複合施設は、日本で最も人気のあるアニメ、マンガ、小説、ゲームなどを現実の生活体験に変えるべく、ミュージアム、イベントスペース、ショッピング、レストラン、ホテルなどに、ポップカルチャーの要素を取り入れている。日本のポップカルチャーの最先端の発信地を目指すサクラタウンの見どころを紹介する。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

1.角川武蔵野ミュージアム

6月6日(土)にオープンする角川武蔵野ミュージアムの、特に高さ30メートルの多面体の岩の形は、ところざわサクラタウンの中で最も目を引くデザインだ。コンクリートや鉄ではなく自然の要素を好む著名な建築家、隈研吾による美術館の外観は、2万枚もの重厚な花崗岩でできている。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

 2フロアにまたがり高さ8メートルの本棚が並ぶ巨大な図書館は、本好きにはたまらない。プロジェクションマッピングによる『本棚劇場』の演出にも注目してほしい。

一方、アニメファンには、角川武蔵野ミュージアム3階にある『EJアニメミュージアム』がおすすめだ。EJとはEntertainment Japanの略で、原作の展示に加えて、アニメスタジオや作品に携わったスタッフの情報など、アニメ文化を深く知ることができる。また、漫画や小説のライブラリーや土産ショップ、カフェも併設されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

2.EJアニメホテル

美術館を見学した後で、さらにアニメを堪能したいなら、エンターテインメントをテーマにしたこの新しいホテルの客室に泊まってみてはどうだろうか。和室を含む全33室の客室には大型スクリーンが設置されており、お気に入りのアニメを見たり、ゲームをしたり、漫画を読んだりすることができる。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

 3.ダ・ヴィンチストア

良い本と出合うには、KADOKAWA編集部と角川武蔵野ミュージアム館長の松岡正剛がキュレーションした本が豊富にそろう『ダ・ヴィンチストア』へ行ってもらいたい。 また、『ジャパンパビリオン』ではアニメグッズやコンサート、イベントなどのグッズも販売されている。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

 4.ジャパンパビリオン

ピラミッド型の構造で、eスポーツ大会やミュージカル、コンサート、映画上映会などのイベントスペースとして設計されている。大ホールは約1800人、小ホールは約200人が収容可能。

Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation
Tokorozawa Sakura Town
Photo: ©️Kengo Kuma & Associates ©️Kajima Corporation

5.武蔵野坐令和神社

驚いたことに、この新しい複合商業施設には近代的な神社まである。『武蔵野坐令和神社(むさしのにます うるわしき やまとのみやしろ)』、通称『武蔵野令和神社』も隈研吾の設計だ。

原文はこちら

関連記事

今、東京の観光地は? ライブカメラでチェック

新名所、渋谷スクランブルスクエアでするべき5つのこと

最新ニュース

    広告