Mario Kart in Tokyo
Photo: Dayo Adepoju/Unsplash

東京の街中を走るマリオカート、今後の運営は困難に

ツアー会社の敗訴、インバウンド減少による業績不振など要因

作成者:
Kasey Furutani
広告

初めて海外から東京を訪れる人の中には、街がアニメやビデオゲームのように見えることを期待している人がいる。日本のポップカルチャーは、オタクグッズが手に入る秋葉原や、最先端なファッションやかわいいスイーツが集まる原宿のように、実際の街の風景に溶け込んでいる側面も見られるだろう。

最近まで、キャラクターの衣装を着た観光客がマリオカートで東京の街路を駆け巡り、地元のドライバーを怒らせながら観光を楽しむ姿を見ることができた。 残念ながら、マリオカートをもう見かけることはない。 元々の会社名はマリカーだったストリートカートは、マリオ、ルイージ、ヨッシーのコスチュームに身を包んだ観光客が東京の街中を巡るツアーを主催していた。そのツアーでは、ビデオゲームと同じように、街中をゴーカートを運転しながら、東京タワー、渋谷、秋葉原など、東京の有名なランドマークを見て回ることができる。

2017年、任天堂はマリカーを知的財産権侵害で訴え、最終的にはゴーカート会社は2020年1月に5,000万円を支払うことになったその後、同社は名前をストリートカートに変更し、任天堂とは関係がないことを説明する免責事項を掲げて、事業を継続した。ストリートカートはまた、任天堂との関係を連想させる衣装を使うのを止め、代わりに動物とスーパーヒーローの被り物に変更。

新型コロナウイルスによるパンデミックで、 日本のインバウンド観光は、ウイルスの最盛期である4月に99.9%減少し、ストリートカートは訴訟と顧客不足により、急速に業績が落ち込んだ。424日、ストリートカートは、日本の募金ウェブサイトCampfireで「ストリートカートを救おう」という名称でクラウドファンディングキャンペーンを開始した。資金集めは630日に終了し、200万円の目標に対し、11,569円しか集まらなかった。 

それ以来、ストリートカートの今後についての最新情報はない。ただ、日本ではトラベルバブルの導入が計画され、『東京オリンピック・パラリンピックも来年の夏に予定されている。今後も観光を促進していくことは間違いなく、将来的にはまた奇抜な衣装を着たゴーカートが復活する可能性がある。

原文はこちら

関連記事

ユニバーサル スタジオ ジャパンが任天堂エリアの開業を延期へ

パルコミュージアムトーキョーで新作含むグループ展が開催

「人道上の事情あれば」外国人の再入国を許可へ

東京、アニメショップ16

竹下通り、秘密のスポット8

最新ニュース

    広告