東京、アニメ沼に沈むスポット10選

飲む、歌う、泊まる、彫る、塗る……深淵なるヲタヴェニューの世界

作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

タイムアウト東京 > 東京、アニメなスポット50選 > 東京、アニメ沼に沈むスポット10選

ある特定の趣味に没頭して抜け出せなくなる状態を、インターネットなどでは「沼にハマる」と表現する。アニメ作品の場合は、キャラクターや世界観を知るうちに、気がつくと沼落ちしてしまったという人が多いはずだ。ここでは、映像やグッズを眺めるだけでは満足できない人のために、アニソンを思いっきり歌えるカラオケバーやアニメキャラのタトゥーを入れられるスタジオ、キャラクターと同じ髪型にできる美容室、キャラクターに囲まれて眠れるホテルなど、さらに沼に深く潜ることができるスポットを紹介しよう。

関連記事:
東京、アニメなスポット50選

バー

バー

ANI-SON BAR あにすた!

icon-location-pin 御徒町

御徒町駅から徒歩2分、2011年2月に日本で初めてのアニソンを専門としたカラオケバーとしてオープン。店主の「親分」は、かつてアニソンバンド、Little Nonとしてメジャデビューし、声優の水樹奈々にも楽曲提供をしたという経歴を持つ。店内にはアニメのポスターやフィギュアが至るところに飾られているが、ひときわ目立つのがバンドセットが置かれたステージ。同店では生バンドに合わせてアニソンを歌うことができるのだ。親分や「あにちあ」と呼ばれる女性スタッフがバックで演奏しながら思いっきりアニソンを歌えるのは、通常のカラオケでは味わえない気持ち良さがある。最新から懐かしのアニメ作品の主題歌、さらにはボカロ、ゲーム、特撮系の曲も歌える。カラオケを歌うには4枚つづりで1,080円のチケットが必要で、チケットの消化枚数によって、あにちあへの歌のリクエストやデュエットをお願いできる。あにちあたちは、持ち歌のある実力派揃いで、彼女らのCDは店内で購入できる。歌に集中できるよう、店内が禁煙なのにもこだわりを感じる。数々のアニソンを提供、担当してきたシンガーソングライターの松浦有希が、月一回で店長を担当しており、その日は多くのファンが集うという。思いっ切りアニソンを歌いたい人も、アニメトークをしたい人も、どちらも楽しめる店だろう。

バー

44Sonic

icon-location-pin 阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷駅北口から歩いてすぐの、スターロード商店街近くにあるバー。「アニソンバー」と名付けられたこの店は、アニメソングを聴きながら、濃く熱いトークやゲームなどで盛り上がりたいオタク達にとって、小さな楽園のような存在だ。アニメ、特撮、ゲーム、おもちゃ、何でもあり。一歩足を踏み入れると、店内を埋め尽くすフィギュアやDVD、漫画の熱量に圧倒されるが、同店の一番の魅力は店主にあると言っていいだろう。好きなキャラクターを告げれば、映像作家でもある知識豊富な店主がバーテンダーとなって、そのキャラクターをイメージしたドリンクを作ってくれる。古今東西、どんなキャラクターであろうと、あらゆるリクエストに応えてくれるのだ。 特集記事 高円寺でしかできない50のこと

クラブ

クラブ

MOGRA

icon-location-pin 御徒町

オタク文化の最先端をいく、秋葉原の地下にある本格DJバー&クラブ『MOGRA』。その立地を活かし、アニメソング、ゲームミュージック、同人音楽など、「アキバ」ならではのイベントが開催されている。平日は、MOGRA DJや各ジャンルのDJを迎えてのDJバーとして営業。平日限定のフードメニューやカクテルなどが提供されている。週末はクラブ営業で、様々なイベントが開催されている。 

ロボット居酒屋

レストラン

ROBOT KICHI

icon-location-pin 池袋

ロボットのフィギュアに囲まれ、ロボットアニメの映像を見ながら楽しめる居酒屋。『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデルなどを手掛けるバンダイナムコグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)と居酒屋チェーンの養老乃瀧が共同で運営。コックピットの中のような近未来的でおしゃれな店内には、超合金魂などのロボットフィギュアやプラモデルが展示されている。映像配信サービス『BANDAI CHANNEL TOUCH』を利用し、店内の大型モニターやタブレットで『機動戦士ガンダム』『装甲騎兵ボトムズ』『コードギアス反逆のルルーシュ』などのロボットアニメを見ることができる。提供されるフードやドリンクもリーズナブルで美味しいと評判だ。ロボットアニメなどとのコラボレーションなども定期的に行われ、キャラクターをイメージしたメニューを味わうこともできる。

ヘアサロン

ヘルス&ビューティー, 美容室・ヘアサロン

OFF-KAi!

icon-location-pin 末広町

秋葉原にある「オタクに優しい」「アニメファンのアニメファンによるアニメファンのため」がコンセプトの美容室。外観、内装ともに木目調のおしゃれなカフェのような雰囲気だが、店内には2000冊を超えるマンガが並べられ、アニメの映像とアニソンが常に流れている。美容師は「面接では、どんなアニメが好きかを聞かれた」という生粋のアニメファンが集められ、施術中はアニメやマンガ、ゲームの話を好きなだけできる。話に困ったら、ヘアメニューの横に用意された最新アニメの案内表を見ながら、担当美容師にお勧めのアニメを聞くのも良いだろう。話すのが苦手な人は店内に置かれたマンガや声優雑誌を読みながら、仕上がりを待つこともできる。アニメキャラクターの画像を見せると、キャラクターの髪型や髪色に合わせてカットやカラーをしてくれるのも、同店ならではだ。再現が難しそうな髪型でも、イメージに合わせて最大限努力してくれるので、好きなキャラクターに近づきたいという秘めた思いがある人は、相談してみよう。

ホテル

ホテル

サンシャインシティプリンスホテル

icon-location-pin 池袋

池袋のランドマークとなっているサンシャインシティに入るホテル。2015年から約4年の歳月を費やし、1000室以上の客室、ロビーエリア、ラウンジ、会議室、ミーティングルームなど、ホテル各所のリニューアル。2019年春に全て完了予定だ。これに伴い、2019年4月6日(土)から25階が、国内外のサブカルチャーファンに向けたコンセプトフロア『IKEPRI 25』としてオープン。過去にも様々なアニメ作品とのコラボルームを展開してきた同ホテルならではの取り組みだ。「常に好きなものに囲まれて過ごす、夢体験」をキーワードに、フロアは4つの共有空間と20室のコンセプトルームで構成される。タイアップコンテンツは定期的に入れ替わる予定で、オープン第一弾のコラボとして、アニメ『Fate/Grand Order』が発表されている。ファンにとっては、大好きなキャラクターと一緒に宿泊できる夢のような空間だ。ホテルから羽田、成田空港までの直通リムジンバスが運行しており、海外のアニメ、マンガファンが利用しやすいだろう。

カフェ

レストラン

ダイニングカフェ イゼルローンフォートレス

icon-location-pin 御徒町

田中芳樹によるSF小説『銀河英雄伝説』の公式テーマカフェが2019年3月26日(火)にリニューアルオープンした。同作はアニメ、マンガ、舞台など様々なメディアに展開し、根強いファンも多い不朽の名作だ。2018年3月、新作テレビアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』の放送を記念して1年間限定でオープンしたが、好評につき営業期間が延長された。黒を基調とした高級感のある店内は、大人のためのダイニングカフェという雰囲気。壁には貴重な資料やイラストが展示され、作品の世界観に浸りながら食事を楽しめる。メニューも作品をモチーフにしたもので、作中に登場した戦艦をかたどった器など細部にまでこだわりを感じる。期間限定メニューもあり、オープン記念として『イゼルローン要塞最中』(1,050 円)などが提供される。オリジナルグッズの販売もファンにはうれしいだろう。

コスプレショップ

ショッピング

ACOS池袋本店

icon-location-pin 池袋

コスプレ関連のグッズが並ぶ専門店、ACOS(アコス)の池袋本店。新作のタイトルから懐かしいアニメまで、幅広い作品のコスプレ衣装が揃っている。さらにコスプレイヤーには欠かせないウィッグやカラーコンタクトレンズ、模造刀などの小物も充実。より忠実にキャラクターを再現したい人へ向けて、白塗りや褐色肌用のファンデーションなど化粧品も取り扱っている。まさにコスプレのトータルショップだ。店舗イベントやフェアも随時開催されている。衣装は試着もでき、アイテムについて分からないことがあれば、スタッフが対応してくれる。コスプレを始めたい初心者にもぴったりだろう。

タトゥースタジオ

ショッピング

Diablo Art

icon-location-pin 横浜

アニメのキャラクターなどをモチーフとする刺青「ヲタトゥー」の先駆け店。店主のアキは公式に自分がオタクであることを認めており、スタジオにもキャラクターのフィギュアなどが飾られている。客の想像した通りにヲタトゥーができるよう、細部にわたり具体的な話し合いを行っている。

ネイルサロン

ヘルス&ビューティー, ネイルサロン

ウェヌスリコ

icon-location-pin 秋葉原

秋葉原駅から徒歩3分のネイルサロン、Venus Rico(ウェヌスリコ)。手描きによるアートと繊細なデザインに特化している。その技術を活かした『痛ネイル』を施してくれる店舗としても人気だ。アニメやゲーム関連のイベントやライブの参加前に、来店する客も多いという。痛ネイルは、アニメ、ゲームなどのイラストが描かれたものから、キャラクターのテーマカラーや世界観を再現したネイルまで幅広く対応。定額制という料金プランも分かりやすく良心的だ。常時、200種以上の定額アートを用意しており、毎月新作ネイルも追加している。ちなみに痛ネイルを希望する場合は、描いてほしいキャラクターやモチーフなどの画像、資料を持っていく必要がある。なお一般的なネイルのデザインメニューも提供している。好きな作品の世界に浸りたいなら、ネイルから変えてみるのもいいかもしれない。

Advertising