GLOBAL POP UNDERGROUND
GLOBAL POP UNDERGROUND

パルコミュージアムトーキョーで新作含むグループ展が開催

ナンヅカがキュレーション、空山基、田名網敬一、YOSHIROTTENなど国内外21作家出展の「GLOBAL POP UNDERGROUND」

Advertising

2020年7月4日から、渋谷のパルコミュージアムトーキョーで現代アートギャラリーナンヅカ(NANZUKA)のキュレーションによるグループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』が開催中。出展作家は空山基をはじめ、田名網敬一、YOSHIROTTEN、ピーター・ソール(Peter Saul)ほか、国内外から総勢21人のアーティストの作品がそろう。

コロナ禍での新作

渋谷パルコ1階のスペイン坂広場に巨大な『セクシーロボット(Sexy Robot)』のパブリックアートを設置したことでも話題を読んだ空山基は、今回、コロナ禍のなかで制作を進めた新作の絵画を出展。インタビューでは「未知のウイルスの前では文化も革命もなすすべがない」と触れ、死と天命について改めて考え制作したという。また、パルコ1階のパブリックアートは、渋谷という街の大通りにあることで、若者に向けて観てもらいたいと語った。 

空山基

 

新作『Sex Matter (C)』を前にインタビューに答える空山基

 

空山基『Sexy Robot_Floating』

 

空山基『Sexy Robot_Floating』

 

グローバル規模で幅広い作家陣がそろうグループ展

GLOBAL POP UNDERGROUND

 

左から、ジョイス・ペンサート『Underground Mickey』2019、エリック・パーカー『Lovery』2019、ピーター・ソール『Untitled』2019

 

本展は、2019年にニューヨークとロサンゼルスにあるジェフリー・ダイチ(Jeffery Deitch)ギャラリーで開催された『Tokyo Pop Underground』のコンセプトを受け継ぎ、アンダーグラウンドを切り口に再構成した展示となっている。

出展作家は冒頭に挙げた4人のほか、梅沢和木、オリバー・ペイン(Oliver Payne)、キャサリン・バーンハート(Katherine Bernhardt、ジェームス・ジャービス(James Jarvis)、谷口真人、山口はるみなど、若手中堅作家からも幅広く、国籍も年齢もさまざまにそろう。

GLOBAL POP UNDERGROUND

 

左から、佐藤 貢一『Gaijin & Tetsujin』2020、佃弘樹『Untitled』2020、クリスチャン・レックス・ ヴァン・ミネン『#DEADASS』『ABANDON HOPE』2020

 

2020年に制作された新作も多いため、同時代を生きるアーティストが放つ現在の表現を確認しに行ってみてはいかがだろうか。また7月11日(土)には、自宅に居ながら会場の様子を3Dビューで鑑賞できるオンライン展示も開催予定だ。

GLOBAL POP UNDERGROUND
2020年7月4日(土)〜7月26日(日)
10時00分〜21時00分(入場は閉館の30分前、最終日は18時まで)
入場無料

オンライン展示
※7月11日(土)公開予定。詳細は公式サイトで後日発表。

詳細はこちら

関連記事

空山基の全長7メートルのセクシーロボットが渋谷パルコに登場

ヨックモックミュージアムが南青山にオープン、ピカソの陶芸など公開

ビリー・アイリッシュと村上隆がユニクロのTシャツでコラボ

東京都美術館が7月1日に再開へ、コロナ対策も

「Tokyo Music Evening Yube 〜⾳楽の⼒で、みんなにエールを!!〜」第3弾が7月14日配信

Share the story
最新ニュース
    Advertising