東京、酉の市

新宿、浅草、府中、築地、目黒。年末の風物詩で来年の幸を願う

作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
Hikki.s.h

日本各地の鷲神社、大鳥神社で開運招福や商売繁盛を願う祭として、江戸時代から続く酉(とり)の市。毎年11月の酉の日に開催される。江戸の鷲神社が発祥ということもあり、関東地方では盛んに行われている。各神社では市の日にしか買うことのできない「縁起熊手」や「熊手守り」などを売る露店が出店し、境内や神社周辺は大変なにぎわいを見せる。今年は二の酉までで、11月8日(金)、11月20日(水)に市が立つ。近所の酉の市へ出かけて、来年の幸せを願ってみては。

Things to do, マーケット&展示会・フェア

花園神社 大酉祭

icon-location-pin 花園神社, 新宿
icon-calendar

明治時代から続く花園神社の酉(とり)の市は、師走を迎える街の風物詩だ。開運招福、商売繁盛を願う飾り熊手などの露店が境内に出店され、境内と靖国通りが多くの人でにぎわう。ほかにも、花園神社名物の見世物小屋も楽しめる。各日、本祭の前日には前夜祭も行われている。

Things to do

目黒大鳥神社 酉の市

icon-location-pin 目黒 大鳥神社, 目黒
icon-calendar

社名が「大取」に通じ、宝物を大きく取り込むという商売繁盛、開運招福の神として信仰を集める目黒大鳥神社。同社の酉(とり)の市は、招福の熊手を求める多くの人でにぎわう。一の酉、二の酉いずれの日も、19時から社殿にて太々神楽、熊手の舞が奉納される。

Advertising
Things to do

浅草 酉の市

icon-location-pin 浅草 酉の寺 鷲在山 長國寺, 入谷
icon-calendar

毎年11月の酉(とり)の日に行われる祭礼。江戸時代から続く関東の冬の風物詩だ。浅草の酉の市は、鷲神社と長國寺が同時に開催するため、神様と仏様のご利益があるとしてひときわ大きくにぎわう。 一帯には多くの露店や屋台が並ぶが、やはり酉の市といえば、福をかき込む「熊手」だ。熊手商との値段交渉も粋に触れる醍醐味(だいごみ)の一つ。威勢のいい手締めで福を手に入れよう。下町の菓子、切山椒(きりざんしょう)も忘れずに味わいたい。時間は0時から24時までだが、夜は人出が多いので、入場が制限される場合もある。昨年求めた熊手は、「熊手納め所」まで持参するのを忘れずに。

Things to do

築地 酉の市

icon-location-pin 波除稲荷神社, 築地
icon-calendar

築地の波除稲荷神社で毎年開催される酉(とり)の市。境内で熊手が売られるほか、開運と商売繁盛の神符『かっこめ』(1,000円)が授与される。さらにそのなかから抽選で、金箔(きんぱく)入りのかわいらしい縁起物『鯛金(たいきん)』が当たるチャンスもある。

Advertising
Things to do

渋谷宮益御嶽神社 酉の市

icon-location-pin 渋谷宮益御嶽神社, 渋谷
icon-calendar

渋谷、宮益坂の中央あたりに鎮座する渋谷宮益御嶽神社で開催する酉(とり)の市。同社の酉の市は、大正初期より始まったといわれており、渋谷区では唯一の酉の市だけあって、毎年多くの人でにぎわう。境内に並ぶ露店で熊手を買って、縁起を担いでみては。

Things to do

大國魂神社 酉の市

icon-location-pin 大國魂神社, 府中
icon-calendar

府中の大國魂神社の境内にある大鷲神社で開催される酉(とり)の市。浅草、新宿と並ぶ江戸三大酉の市として知られる。参道には縁起熊手の露店がずらりと並び、早朝から深夜まで多くの参拝者でにぎわう。来年の幸を願いに足を運んでみてはいかがだろう。

食欲の秋を楽しむ……

レストラン

東京、天丼18選

丼ものの定番、天丼。起源は1830年代といわれており、江戸時代から愛され続ける日本の重要な食文化だ。高カロリーフードの代表のような存在の天丼だが、専門店で多く使用されているごま油は、コレステロールを下げる効果のあるリノール酸やオレイン酸、抗酸化作用のあるセサミンなどを含み、意外と健康的。ここでは、リーズナブルな価格で人気を博す天丼専門店から、高級店のランチまで、タイムアウト東京が厳選した店を紹介する。衣ひとつとっても、さくさく食感のものから、たれの染みたしっとりタイプまでバラエティー豊かなので、好みの一軒を見つけてほしい。

レストラン, 日本料理

東京、海鮮丼5選

丼に飯を盛り、上に並べた刺し身と楽しむ海鮮丼。使う食材は寿司と同じだが、職人の繊細な技術を堪能するというより、食べ手がしょう油やワサビで好きなように楽しむ、素朴でダイナミックな料理だ。 シンプルだが、オフィス街のランチタイムでは不動の人気メニューでもある。さらに海鮮丼は、時間が空くとふと強烈に食べたくなる、不思議な魅力がある。以前、大の日本通というオランダ人の記者に「日本で一番好きだった食べ物は?」とたずねたら、ラーメンでも天ぷらでもなく「築地市場で朝食に食べた、海鮮丼が何年経っても忘れられない」と聞いてなるほどと思った。確かに、市場には海外からの観光客が行列を作っている店もあり、海鮮丼は日本人のみならず海外の人にもファンが多い。 近年、都内では好みの刺し身をカスタマイズして楽しんだり、タワーのように豪快に盛り付けてあったり、居酒屋で24時間オーダーできるものなど、さまざまなスタイルが登場している。ここでは話題の海鮮丼が食べられる店5選を紹介する。

Advertising
レストラン, ラーメン

東京、平成を代表するラーメン12選

タイムアウト東京では、これまで毎年のベストラーメン特集のほか、『東京、激辛ラーメン』『東京、二郎インスパイア系ラーメン20選』など様々なベストラーメン特集を作成し、東京の深く多様なラーメンシーンを追ってきた。今回は、新しい元号を迎える区切りとして、ラーメンハンター メンチャックの監修のもと、都内に数多ある名店の中でも、平成のラーメンシーンを牽引してきたといっても過言ではない12軒を選出した。東京のラーメン界の潮流を築きあげた名店の歴史を振り返りながら、平成ラーメンの総復習に役立ててほしい。

Advertising