Navapon Plodprong/Dreamstime | Sakura at Chidorigafuchi Moat
Navapon Plodprong/Dreamstime | Sakura at Chidorigafuchi Moat

東京、水上で楽しむ花見 2022

逆さ桜や花いかだ、「密」を避け桜を愛でる新たな花見様式

テキスト:
Genya Aoki
広告

タイムアウト東京>Things to do>東京、水上で楽しむ花見 2022

日本気象協会の予想によると、東京都の桜が開花するのは2022年3月23日(水)の見込みだ。今年は少し趣向を凝らして舟からの花見はどうだろう。水鏡に映る逆さ桜や、水面が花びらで染まる「花いかだ」など水上ならではの乙な見所が盛りだくさん。写真映えするので、SNS上で体験を共有するのも新しい花見様式かもしれない。

期間限定のクルーズイベントなども合わせて紹介している。今年は、密にならない水上の花見にトライしてみては。

※2022年3月7日時点の情報、新型コロナウイルス感染症の影響で使用禁止になる場合もある。訪れる前に公式ウェブサイトなどを要確認

  • アトラクション
  • 公園&庭園
  • 吉祥寺

吉祥寺のシンボルの一つである広大な公園。中央にある井の頭池では各種ボートがレンタルできる。池の縁に枝を広げて咲く約200本の桜は圧巻で、水面に散りゆく花吹雪もまた風情があり、このシーズンに一度は行ってほしい場所だ。

今年は、ボート場付近の一部の売店や公園内のレストランは営業している。ボートレンタルするのもよし、園内を歩くのもよし。それぞれの楽しみ方で咲き乱れる桜を愛でてみては。

  • アトラクション
  • 九段下

2009年、千鳥ケ淵緑道の中間地点にリニューアルオープンしたボート場。皇居のお濠(ほり)でボートを楽しむことができる。

約200本の見事なソメイヨシノとヤマザクラ桜を水面から眺めることが可能だ。花の枝の下をこいで堀に手を延ばすのは、東京の桜の季節の必需品の一つ。

今年の観桜期は2022年3月10日(木)から4月10日(日)まで。期間中は混雑状況に応じて整理券制となるため、注意してほしい。

広告
  • アトラクション
  • 公園&庭園
  • 西荻窪

西荻窪と上石神井の中間にある広々とした公園。小さな弁財天神社と池があり、土・日曜・祝日は手こぎボートをレンタルできる。上の池と下の池の二つの池の周りには、約200本もの桜が縁を彩り、多くの花見客では毎年にぎわっている。特に、上の池には本数も多くボートに揺られて池にしだれる満開の桜を鑑賞するのに最適だ。

ただ、近くに最寄駅がないため、バスを使用しなければならないのが難点。

  • Things to do
  • 大田区

約4万平方メートルもある都内屈指の広さを持つ、淡水池が特徴的な公園。江戸時代、歌川広重の名所江戸百景『千束の池袈裟懸松』にも描かれた水辺の景観の面影を今も残している。春は約200本の桜でにぎわう彩り豊かなスポットだ。

併設されたボート場ではスワンボートが楽しめるほか、池月橋、水生植物園、勝海舟夫妻の墓や、日蓮上人像など見どころが多い。

広告
  • Things to do
  • 石神井

※2022年3月15日(火)ボート場再開予定

敷地の約半分を占める大きなひょうたん型の池がある、練馬区の区立公園。

9時30分〜16時30分は、併設されているボート場でローボートが楽しめる(新型コロナウイルス感染対策のため、休業していたが2022年3月15日(火)再開予定)。大人は1隻当たり、30分200円という気軽に払える料金もうれしい。春は、水辺にしな垂れる満開の桜が満喫できる。

線路沿いにあるので電車がよく見えるのも特徴の一つ。ボートに乗りながら行き交う電車を眺めるなんて楽しみ方もいいだろう。

お花見クルーズに参加したいなら

東京都江戸川区と墨田区、江東区の境界を流れる全長6.68キロメートルの一級河川、旧中川ではアウトドアスポーツクラブザックがお花見カヌーツアーを実施している。

所要時間は約1時間40分。護岸に桜が咲き誇り、広い運河と空に抱かれて進むカヌー体験は、開放感あふれるアクティビティだ。

少人数制なので、初心者や一人でも安心して参加できる。公式ウェブサイトやメール、電話で予約可能。新型コロナウイルス感染症対策のため、レインウエアやシューズのレンタルは行っていないので、服装などを事前にチェックしてから参加しよう。

もっと春を満喫したいなら

  • レストラン

そろそろ、春の訪れが待ち遠しくなってきた人も多いのではないだろうか。そんな人は、サクラを用いたスイーツやドリンクで、一足先に春を先取りしよう。見た目も華やかなスイーツは、手土産にもぴったり。花が満開になる季節まで提供されているものも多いので、サクラ色のスイーツを片手に、花見を楽しむのもいいかもしれない。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

スウェーデンの春に欠かせない伝統菓子「セムラ」。一見するとシュークリーム、あるいはマリトッツォのように見えるが全くの別物だ。どっしりした甘いパンにアーモンドフィリングと生クリームがたっぷり詰まっており、生地に練り込まれたカルダモンが心地良く香る菓子である。

日本でもセムラを提供する店が徐々に増え、親しみやすくなってきている。ここでは、東京で味わえる魅惑のセムラをピックアップした。

広告
  • Things to do

今が旬のフルーツといえば、イチゴだろう。レストランやカフェでは期間限定メニューが出ていたり、スーパーの果物売り場には真っ赤なイチゴがぎっしりと並んでいる。今週末は、甘酸っぱいイチゴを口いっぱいに頬張って、一足先に春の息吹を感じてみてはどうだろう。

ここでは大粒のイチゴを贅沢に使ったパフェや、絶品だと話題のショートケーキ、SNSではやりのフルーツサンドなど、ぜひ味わってもらいたいスイーツを紹介する。出かけ先の休憩タイムに、家族や友人、恋人と楽しんでほしい。

  • アート
  • アート

お台場にある、2022年8月31日(水)閉館予定のチームラボボーダレスは、桜などをモチーフにした最後の春の季節展示を開催する。2023年中に都心部で再オープンする予定ではあるものの、それが2023年の春までかは分からない。桜の開花シーズンが終わってしまう前にお台場に行けるなら、この最後の機会を逃す手はないだろう。

広告
  • アート

2022年の初春、アニメや漫画に関する見逃せない展覧会が続々とスタートする。格闘漫画の王道『刃牙』シリーズや北海道を舞台にしたバトル漫画『ゴールデンカムイ』、さくらももこが描いた『コジコジ』など、ヒット作のイベントが並ぶ。ここでは、3〜4月に行くべきおすすめの展覧会をピックアップした。

おすすめ
    関連情報
      広告