新宿御苑
新宿御苑

東京、日本庭園6選

東京のオアシス、庭園で自然を感じる

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > Things to do >東京、日本庭園6選

長かった外出自粛期間にも終わりが見え、そろそろ新緑が恋しくなるころではないだろうか。狭い家の中で過ごし、体が鈍ってしまった人も多いだろう。ここでは、東京のオアシスとも言える自然豊かな庭園を紹介する。現在はまだ閉園中だが、開園再開の際には日差しを浴びに出かけよう。都心から鎌倉まで、美しい緑を求めて散策してみるのもいいかもしれない。

※再開時期については報国寺を除き未定、公式サイトにて発表を待とう。

関連記事

東京近郊のレジャー施設6選

Shinjuku Gyoen National Garden - cherry blossoms
Photo: Lim Chee Wah

新宿御苑

Things to do 新宿三丁目

世界有数の都心の公園として知られる、新宿のオアシス。もとは皇室庭園として造られ、戦後に一般に開放された。敷地面積は約58ヘクタール。イギリス風景式庭園とフランス式整形庭園、日本庭園が組み合わせれており、一年を通して四季折々の花で彩られる。

日本庭園内には、抹茶和菓子をセットにした、呈茶のサービスを提供する茶室を併設。晴れた週末に、新宿で時間を持て余しているのなら、東京のセントラルパークでピクニックをするしかないだろう。酒類は持ち込み禁止で、遊具類は使用禁止だ。

報国寺

アトラクション 宗教的な建物&場所 鎌倉

臨済宗建長寺派の寺院。鎌倉最古の杉本寺を越え、巨大な竹林が広がる「竹寺」として知られる。 寺に続く小道は、砂利が複雑に集められた枯山水(かれさんすい)として有名だ。抹茶が楽しめるほか、一般人も参加できる『日曜座禅会』を開催している。

Advertising

清澄庭園

アトラクション 公園&庭園 清澄

隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲に全国から取り寄せた名石を配した回遊式林泉庭園。サツキ、ツツジが咲く富士山、池の端に石を飛び飛びに置いた磯渡りなど、見どころも多い。また庭園内にある施設、大正記念館と涼亭は、それぞれ集会場として安価で利用することができる。

殿ヶ谷戸庭園
殿ヶ谷戸庭園

殿ヶ谷戸庭園

Things to do 国分寺

国分寺駅からほど近い、東京都指定文化財の豊かな森がある有料庭園。 1913年から1915年の間に設立された、園内は自然の地形を生かした回遊式庭園となっており、自然の泉へと続く滝が見事だ。数寄屋造りの茶室『紅葉亭』は使用料を払い、予約して使用することもできる。

Advertising
大隈庭園
大隈庭園

大隈庭園

Things to do 早稲田

早稲田大学キャンパス内の一角にある庭園。早稲田の学生たちは、講義の合間に昼寝をしたり、芝生で弁当を食べたりしている。学生以外も入園可能なため、近隣の人々の休息場所でもある。 約3,000平方メートルの広大な面積を持ち、かつては大隈重信の旧邸庭園であった。伝統的な石灯籠とハスの池や孔子像などが立っている。

Rikugien
Photo: Delstudio/Dreamstime.com

六義園

アトラクション 公園&庭園 駒込

国の特別名勝に指定されている日本庭園。1695年、5代将軍、徳川綱吉が側用人の柳沢吉保に与えた土地で、柳沢自らが設計、指揮。平坦な地形に池や山を築き「回遊式築山泉水庭園」を7年の歳月をかけて造り上げた。

約2万7000坪の敷地内には、万葉集などに詠まれた名勝をモチーフにした88の景色があり、優雅な時間を過ごすことができる。新緑や紅葉など、季節ごとに違った姿が見られるが、春の『シダレザクラ』は別格である。

東京散策に出かけるなら......

©︎MOOMIN CHARACTERS
©︎MOOMIN CHARACTERS

東京近郊のレジャー施設6選

Things to do

長かった外出自粛要請の解除に向けて、テーマパークやアスレチックなどの施設は少しずつ動き出している。ここでは、東京近郊にあるレジャー施設を紹介。子どもと一緒に楽しめるため、家族で行くのもおすすめだ。くれぐれも人の密集しているエリアは避け、健康状態に留意し出かけてみよう。 ※再開予定日や各アトラクションの稼働など、最新情報は必ず公式サイトをチェック。

ブルーラグ
ブルーラグ

東京、ベスト自転車店11選

ショッピング

自転車に乗るのが心地よい季節がやってきた。テレワーク明けも、電車を使うのには抵抗があるという人は自転車に切り替えてみてはどうだろう。また、少し遠出してみるというものいいかもしれない。ここでは都内にあるロードバイクやピストなどを扱う店を中心にピックアップした。リストアップした店はオンラインでの販売も対応しているものも多いので、あわせてチェックしてほしい。 なお、注文が殺到中の店舗もあるので、購入は予定にあわせて検討しよう。

Advertising
yakitori photo menu - group shot
Photo: Keisuke Tanigawa

東京、焼き鳥 10選

レストラン

緊急事態宣言中のテイクアウト営業情報を追記。 居酒屋の定番メニューながら、ミシュランガイドで星が付く店も登場し、日本料理として確固たる地位を築いた焼き鳥。日本人が愛してやまない料理だけに、焼き鳥を提供する店舗は星の数ほどもある。いざ美味しいものを食べたいと思っても、店選びに苦労する人も多いのではないだろうか。気軽にぷらっと入れる下町の居酒屋から、デートにも使える洒落たダイニングまで、タイムアウト東京が自信をもって勧める、東京の焼き鳥の名店10軒を紹介する。

COMMUNE
COMMUNE

COMMUNEでしかできない5のこと

Things to do

表参道駅からほど近く、国道246号線沿いにあるCOMMUNEは、カジュアルでカラフル、緑豊かなフードトラックが連なるオープンスペース。現在は10時から17時まで営業しており、国連大学前で毎週末に開催される『Farmers Market at UNU』でもおなじみのチームが運営している。約12の飲食店があり、無料のWi-Fiが利用可能。 現在、タバコと酒の販売は行っていないが、ノンアルコールビールやモクテルを販売するバーがある。ほかにもCOMMUNEでは、ヴィンテージの洋服、アクセサリー、そのほか小物を取りそろえた『RAW TOKYO』などのイベントやフェスティバルを開催。ここではおすすめの店をいくつか紹介しよう。 

Advertising

東京、ブルワリーパブ10選

バー パブ

ビール愛好家の終着点ともいえるブルワリーパブとは、ビールの醸造と提供を同じ場所で行っているパブのこと。品質の劣化が最小限に抑えられたフレッシュなビールを楽しめるのだ。店の醸造のローテーション次第で、オリジナルビールが登場したり、エールやピルスナー、スタウトなど、さまざまなタップメニューを味わえたりする。味だけでなく、むき出しの醸造タンクが堂々と鎮座する重厚な光景も醍醐味(だいごみ)だ。 ここでは、年々軒数が増えつつあるブルワリーパブを、都内と東京近郊からセレクトして紹介。知れば知るほど深みにはまる、ディープなビアワールドに案内する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising