東京、タトゥーフレンドリーな銭湯

渋谷、浅草、銀座、戸越銀座、学芸大学など。タトゥーOKの銭湯

極道者の象徴というカビの生えたイメージがいまだ残るためか、タトゥーや刺青(いれずみ)は、日本の温浴施設では風紀を理由に排斥されがちだ。観光庁が公式サイト上で「外国人旅行者が急増する中、入れ墨がある外国人旅行者と入浴施設の相互の摩擦を避けられるよう促していく必要がある」と呼びかけるなど、対応改善に向かう風潮はあるものの、同庁が2015年に行った全国のホテル・旅館約3800施設を対象にした調査では、過半数の施設が「入れ墨がある方に対する入浴について お断りをしている」と回答している。温泉施設やスーパー銭湯などの大きな店では壁はまだまだ厚いものの、銭湯では比較的寛容な店が多い。普段から肩身の狭い思いをしてる人々のために、タトゥー・刺青OKな都内の銭湯を紹介する。なお、公式にOKとしている店でも、大勢での来店は断っているところは多いので、配慮が必要だ。

天然温泉 湯どんぶり栄湯

スーパー銭湯顔負けの設備で知られる、三ノ輪の湯どんぶり栄湯。2017年5月のリニューアルで露天風呂の追加と、サウナの拡張が行われた。真っ白に見える露天風呂の湯の正体は、ナノファインバブルという粒子レベルの泡。毛穴の中に入り込み、汚れを取り除いてくれるという。湯船の中に設置された2つの壺は、注ぎ口かと思いきや壺型の湯船。豪快に湯をあふれさせながら肩まで浸かりたい。ランナー用のロッカーや駐車場、駐輪場も完備されているので、色々な使い方ができそうだ。

三ノ輪

久が原湯

天然温泉が豊富に湧き出る大田区で、60年以上に渡って銭湯を営んできた久が原湯。 黒湯天然温泉に露天風呂、人工炭酸泉とバリエーション豊富な湯に加え、サウナやスチームバス、ジェットバスと、スーパー銭湯並の充実ぶり。2009年に大規模な改修を行い、現在の形になった。 交通の便の悪い立地にも関わらず、主な客層は家族連れや若者たち。その盛況ぶりは「シニアデー」ならぬ「ジュニアデー」を設けるほどで、レジャー感覚で楽しめる沢山の湯と、大画面のテレビは子どもたちに大好評だという。 

大田区
Advertising

ぽかぽかランド 鷹番の湯

鷹番にある温泉銭湯。タイル張りの外壁に取り付けられた青とピンクのレトロなネオンが目印だ。造りの異なる浴室がが1階と2階に設けられ、偶数日は1階が女湯、2階が男湯になる。奇数日はその逆だ。ともに内湯と露天風呂、サウナ(タオル付。別料金)からなり、露天風呂は世界各国のハーブを混入した薬湯となっている。エステバスやソルティサウナが人気だ。

学芸大学

久松湯

久松湯の銭湯富士はひと味違う。この銭湯では、プロジェクションマッピングを眺めながら天然温泉を楽しめるのだ。2015年にはグッドデザイン賞を受賞している。洗練された銭湯で癒しの時間を過ごそう。

練馬
Advertising

蛇骨湯

浅草に江戸時代から続く温泉銭湯。中心部に近いが路地の奥まったところにあるので、観光客は少なく、地元の人たちの憩いの場だ。湯の色が黒い『黒湯』で、体の芯まで温まり浴後も湯冷めしないのが特色。男女の浴室にまたがる雄大な富士山のタイル壁画が、古き良き銭湯の雰囲気を漂わせている。急に銭湯に入りたくなっても、『手ぶらセット』(150円)タオル、シャンプー、石鹸、歯ブラシ付きを販売しているので、気軽に行きたい。

浅草

戸越銀座温泉

戸越銀座商店街にある温泉銭湯。天然黒湯温泉や露天風呂、軟水炭酸泉、サウナなどを堪能できる。「月の湯」と「陽の湯」の2つの風呂に分かれ、日替わりで男湯と女湯が入れ替わる。壁には伝統ペンキ絵師の中嶋盛夫氏による富士山のペンキ絵が、残る半分には現代美術作家によるもう一つの富士山が描かれている。

戸越銀座
Advertising

御谷湯

下町の老舗銭湯である御谷湯は、2015年に行った改装で、徹底的なバリアフリー対応や檜造りへのこだわり、半露天風呂の増設など、利用者にとってより快適で満足感のある場所へと変貌した。介護が必要な人とその家族が広い浴室を貸し切って入浴を楽しめる福祉型家族風呂をはじめ、一般用の浴場も、段差が排除され、湯船の高さも低くなっているなど、障がい者やお年寄りのための細やかな配慮が施されている。天然の黒湯温泉は低温から高温までが選べ、さらに心臓に負担をかけずに入浴できる「不感温温泉」などもある。 

両国

殿上湯

50年ほど前から続く銭湯で、現在で5代目となる。銭湯の定番である富士山の絵が飾られ、湯船は広めで、寝湯できるような浅い部分もある。また、特徴的なのが、敷地内にある井戸からくみ上げた水質の良い井戸水を使用していること。この水は、以前は飲料として『vibestar.biz』という商品名で発売もされていた。また、イベントスペースとしての貸し出しや撮影も受け入れている。

駒込
Advertising

改良湯

渋谷・東2丁目、明治通りを少し入ったところにある銭湯。マンションの一階にあり、ビル銭湯には珍しくサウナと書かれた煙突がそびえている。暖簾をくぐり、フロントで受付を済ませ脱衣所へ。天井は低いが、ゆるやかなかまぼこ型の天井が圧迫感を感じさせない造り。浴室は広く、立ちシャワーが3基ならんでいる。浴槽は水風呂を含め4種類。43度の高温バイブラは、きめ細かい泡が熱さを和らげてくれる。座ジェット風呂と超音波座風呂は、寝るに近い態勢で、水枕がついているのがうれしい。喫煙可の休憩所には「銭湯すたれば、人情もすたる」という詩がかけられている。

渋谷

金春湯

高級寿司店の九兵衛の近く、銀座のど真ん中に店を構えるのが金春湯だ。開業は1863年で、現在都内で営業している銭湯の中でも最も歴史のある銭湯のうちの1軒。2014年3月に改修を終え、脱衣所、浴室ともに鮮やかな白が基調となっている。ビルがひしめく一等地にも関わらず、建物は1階造りのまま天井が高く、銭湯らしさを守っている。 絵師の中島盛夫による富士のペンキ絵は、海岸から望む富士と赤富士の2種類が男湯と女湯にそれぞれ描かれている。また、壁面には創業当初に作られた錦鯉、春秋花鳥を描いた九谷焼のタイル絵があり、見事な色彩を放っている。浴槽は2種類で、片方がぬるく、もう一方が熱くなっている。ぬるい浴槽でも42℃ほどあるので、長湯のしすぎには注意してほしい。

銀座
Advertising

栄湯

笹塚小学校近く、マンションの1階にある温泉銭湯。浴槽は3つあり、5人ほどが入れる風呂と、薬湯、水風呂が並ぶ。無色透明のメタ珪酸含有の温泉で、ともすれば気づかないのだが、サウナ(別料金、タオル付き700円)の後に入る水風呂や、シャワー、カランの湯まで、すべて温泉湯が使われている。

笹塚

そしがや温泉21

祖師谷にあるスーパー銭湯。温泉槽、白湯槽、シルキーバス、水風呂、ジャグジーの5種の浴槽と、高温サウナ、低温ミストサウナ、冷凍サウナの三種のサウナが楽める。海草等の海洋植物が変化したフミン酸や、地層中のミネラルが約2万7千年前の雨水に溶け込んだ黒湯は美肌と保温に効果がある。アクアマッサージ、高温サウナ、ミニプールは別料金だが、裸のまま入るミニプールは開放感抜群だ。

祖師ケ谷大蔵
Advertising

コメント

0 comments