1. 武蔵野温泉 なごみの湯
    画像提供:武蔵野温泉 なごみの湯
  2. エデン
    画像提供:エデン
  3. 東京、スーパー銭湯10選

東京、スーパー銭湯15選

岩盤浴、サウナ、ジェットバスで疲れを癒やす

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京、スーパー銭湯15選

温浴施設があまたある東京。昔ながらの銭湯も風情があっていいが、ジェットバスや電気風呂、さらには岩盤浴やマッサージ施設を併設したスーパー銭湯も、レジャー感覚で利用できて楽しい。

サウナブームの影響からこだわりのサウナを備える施設も増加した。ここでは、健康ランドのように1日中滞在できる大型施設から、風呂好きが気軽に立ち寄れる、入場料1,000円以下のリーズナブルな温浴施設まで紹介する。

関連記事
東京、イルミネーション2022
東京、デザインが美しいサウナ5選

スパ ラクーア
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 水道橋

東京ドームシティ内にある温泉複合施設。地下1700メートルから湧き出た天然温泉はナトリウム−塩化物強塩温泉で、冷え性、肩こり、神経痛などに効能があり、露天風呂やアトラクションバスなどで楽しめる。

低温サウナには、それぞれ、トルマリン、黄土、麦飯石、セイント鉱石、ゲルマニウムなどが使われており、遠赤外線やマイナスイオンの働きにより、血行促進、老廃物除去、新陳代謝の活性化などが期待できる。

マッサージやビューティサロンも充実しており、タイ古式マッサージ、あかすり、ハワイアンロミロミ、アロマトリートメントなどの施術も受けられる。 

価格: 大人3,230円

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 千葉

2022年7月にオープンした、サーフスポットでも有名な「千葉県勝浦海中公園」近くのスパ施設。開放感たっぷりのインフィニティスパは、君津市にある「濃溝温泉 千寿の湯」からの運び湯を使用している。

テラスには休憩用のビーチチェアも用意、海を眺めながらシャンパンやカクテルが楽しめる。サウナと水風呂も完備し、どの場所からもオーシャンビューが望める。

オプションのドリンクセット(500円、税込み)を追加すると、ソーダ水とミネラルウォーターが飲み放題になる。

価格:1,470円、以降1時間ごとに1,320円

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • 両国

両国にある温浴施設。館内はいつ訪れても清潔に保たれており、広々とした浴室には北斎のタイル画が施されるなど江戸を意識した落ち着いた雰囲気が魅力だ。

湯は、ヒノキ湯、人工温泉、気泡湯、水風呂があり、サウナは本格フィンランド式ドライサウナを含む3種類。岩盤浴も入館料に含まれている。プライバシーが重視された休憩室のほか、食事処「北斎」では江戸名物の二八そばや自家製の甘味などが堪能できる。

価格:2,970円 

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 練馬

としまえんの跡地内にある温泉複合施設。温泉は日本が誇る造園設計家、小形研三が手掛けた1200坪の庭園内にあり、四季の移り変わりを楽しませてくれる。地下1445メートルから湧き出る天然温泉は、ナトリウム−塩化物強塩温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛に効能がある。

蛇口から出る水は軟水化した水を利用し、肌への刺激を避けるよう工夫されている。浴場はお風呂ゾーン、露天ゾーン、サウナゾーンのほかに、水着を着用するバーデゾーンがあるのが特徴。バーデとはドイツの伝統的な温浴法で、ここではバーデを基本にして、東洋のマッサージ法を取り入れた、新しい入浴法が楽しめる。

バーデゾーンの湯は、体温とほぼ同じ温度に設定されており、水の特性である浮力、動水圧などを利用して、身体の各部位のマッサージやストレッチを行いやすいようになっている。

価格: 大人2,070円(土・日・祝は2,370円、18時以降は1,500円)

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 荻窪

荻窪駅すぐそばにある温泉施設。開放的な露天風呂や、炭酸風呂、ジャグジーなど、バラエティに富んだ風呂が用意されている。また入館料に450円(土・日曜・祝日は600円)の追加料金を払えば溶岩浴、岩盤浴などのヒーリングスパ(平日のみ時間無制限)を利用できる。館内着、フェイスタオル、バスタオル、フェイスタオルの貸し出しは入館料に含まれているので、手ぶらで気軽に立ち寄れるのが嬉しい。

価格:2,080円(土・日・祝日は男性2,380円、女性2,280円)

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 仙川

調布市仙川にあるスーパー銭湯。露天岩風呂やジェットバス、日本初となる炭酸泉の電気風呂など、12種類のバラエティ豊かな風呂を楽しめる。人気の岩盤浴『Surga』は別途料金がかかるが、出入り自由で時間制限もなく、漫画を読みながらうたた寝ができるホットフロアも常設しており、ゆったりと過ごすことができる。季節のメニューも豊富な食事処には、抜群の清涼感を誇るハイボールを提供するマシーン『角ハイボールタワー』も導入されている。風呂上がりの一杯に最適だ。

価格:850円、土・日・祝日は950円

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 多摩地域

内湯も露天風呂も、さまざまな種類の風呂が楽しめる。まず、露天風呂は、源泉掛け流しの岩風呂。緑や空を眺めながら、ゆったりとした時間を楽しめる。

この他、石釜風呂や、ねころび湯もある。内湯には、高濃度の炭酸ガスが入った炭酸泉の風呂や、スーパージェットや座湯、電気風呂、ドライサウナ、草蒸風呂などもある。館内の水すべてに、保湿、保温に優れたナノ水を使用しているのもうれしい。

また、別料金だが、岩盤浴もある。施設内には飲食ができるスペースもあり、25時まで営業していて便利だ。

価格:830円(土・日・祝日は980円)

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 巣鴨

ソメイヨシノ発祥の地で、地下1800メートルから沸き出した温泉が楽しめる。東京の温泉では珍しく無色透明。泉質はナトリウム−塩化物強塩泉で、天然のミネラル成分を豊富に含んでいる。

温泉以外に、岩盤浴ゾーンがあり、約40度に温められた天然岩盤の上に寝転がり、遠赤外線とマイナスイオンにより、リラックスすることができる。

施設内には日本庭園が広がり、春にはサクラを眺めることもできる。

価格:1,320円

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 千歳船橋

環八通りの外回り沿い、成城警察署北交差点近くにある、セントラルウェルネスタウンの2階にあるスパ。地下1200メートルから湧き出す炭酸水素塩温泉で、湯の色は黒。この黒湯は、東京の天然温泉の特長で、太古の海草や植物が地層に溶け込んだミネラル分を豊富に含んでいる。

天然温泉の内風呂、バイブラバス、ジェットバス、水風呂、サウナなどがあり、露天エリアにあるつぼ湯は、天然温泉掛け流しとなっている。保湿効果のある肌に優しい湯に、ゆっくりつかりたい。

どの最寄り駅からも少々距離があるが、千歳烏山駅、千歳船橋駅、成城学園前駅の各駅から、無料のシャトルバスが出ている。

価格:1,320円(土・日・祝日は1,740円)

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 高井戸

自然の木々と岩を配した本格的な露天風呂が自慢。上の湯から下の湯に向かってお湯が流れているため、下の湯は温度が低めとなっており、熱い湯が苦手な人なども、温度を選んで楽しむことができる。

内風呂にはアトラクション風呂もあり、水流や気泡を利用したバスでエステ気分が味わえる。泉質はナトリウム温泉。神経痛、筋肉痛、関節痛に効能がある。

価格:980円(土・日・祝日は1,250円)

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 足立区

強い塩分と、鉄分が豊富な天然ナトリウム塩化物強塩温泉で、「熱の湯」と呼ばれる泉質。

お湯は熱めとぬるめの2種類、ヒバ(檜葉)で作られた浴槽は大きく、土色に濁った塩辛い湯がたっぷりと張られている。体の循環系などが活発になり、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性の改善など、さまざまな効果が期待できる。

その他、温泉は使われておらず真湯だが、滝のような「高見風呂」やサウナ、露天風呂、蒸し風呂、水風呂もある。毎週火曜日はレディースデーとなっている。

価格:1,100円(土・日・祝日は1,300円)

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 新宿

新宿の花園神社裏にある天然温泉や岩盤浴、エステ、ボディケアなどを気軽に楽しめる都心最大級のプレミアムスパ。

同スパの露天風呂には、美人の湯と呼ばれる、中伊豆の天然温泉、神代の湯を使用。ほかにも、数種類の風呂やアカスリ、サウナなども充実している。ゆっくりとくつろげるラウンジスペース、バーやカフェスペース、レストランなども併設しているので始発待ちなどの利用にもちょうどいい。

価格:2,405円(土・日・祝日は3,285円)

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 淡路町

秋葉原と御茶ノ水の間にある、スーパー銭湯。大浴場は炭酸の湯、日替わりの湯、水風呂、サウナ。これに加え食事処、ハンモックや仮眠室などをそろえたくつろぎスペース、5000冊以上の漫画や雑誌、電源完備のコワーキングスペース、ランニングステーションまで網羅した施設だ。

全施設10時間まで利用できる「RAKUSUPAコース」は1,790円で、館内着も付いてくる。シンプルに大浴場とレストラン利用だけの3時間コースは、なんと銭湯価格の500円。

丸一日一人でこもっても良し、家族や友人と賑やかにすごしても良し、宿泊も可能。東京駅からも近く、早朝営業しているので夜行バスで到着してからの休憩にも重宝しそうだ。

これだけの設備がこの料金で都心部にあると使い方は無限大だ。

価格:1,790円(土・日・祝日は1,990円)

  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 多摩地域

東久留米市の上の原地区にある日本最大級のスーパー銭湯。風呂は全7種類あり、露天風呂やサウナ、岩盤浴の他に、高濃度炭酸を溶け込ませた1人専用の「ほっと泡の壺湯」やジェット噴射と低周波の電流により筋肉を刺激する「SIXPACK ELECTRIC SPA」、カップルや家族で利用できる屋外テラスのテントサウナ「グラウナ」など、ほかにはない珍しい風呂が魅力だ。

リラクゼーション施設では、ボディーケアやタイ古式マッサージ、エステ、あかすりなどが受けられる。休憩スペースの漫画3万冊、雑誌120冊が読み放題。4店舗が連なるフードコート&レストランでは、ステーキ、ハンバーグなどの肉料理、ラーメン、アジアン料理などがリーズナブルな価格で味わえる。

東久留米駅、田無駅、志木駅、朝霞台駅からは、無料のシャトルバスが運行されているため交通手段に困ることはない。

価格:850円(土・日・祝日は950円)

広告
  • ヘルス&ビューティー
  • スパ
  • 千葉

2022年4月にオープンした、千葉県流山市にあるスパ&サウナ施設。日本に初めてスーパー銭湯を導入した「竜泉寺の湯」が手がける同施設は、15種類の風呂と3種類のサウナ、6種類の岩盤浴のほか、Wi-Fiとコンセントを備えたコワーキングスペースや湯上りにくつろげるラウンジスペースを併設する。

「ととのえ親方」こと松尾大が監修した「ドラゴンサウナ」には、HARVIA社の5台のサウナストーブを導入。10分おきにオートロウリュを行う。特に毎時00分に5基が一斉に熱風を送る「ドラゴンロウリュ」は、圧巻だ。そのほか、泥パックと塩が常設された「潤いソルトサウナ」や、露天の屋外でメディテーションができる「メディサウナ」がある。

2022年の「サウナシュラン」で1位に輝いた、サウナーならば見逃せない施設だ。

価格:1,100円(土・日・祝日は3時間利用で1,280円、フリータイムで1,480円)

おすすめ
    関連情報
      広告