東京のプール、公共施設 2020

夏と言えばプール、公共施設でリーズナブルに泳ぐ

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > Things To Do > 東京のプール、公共施設 2020

プールで泳ぐのが気持ち良い季節がやってくる。豪華なプールも捨てがたいが、ここでは安く、手軽に利用できる公共施設を紹介する。休業要請が開け、温水プールはもちろんのこと夏季限定で登場する屋外プールも続々とオープンする。暑い最中、外で太陽を浴びながら泳ぐのもいいだろう。くれぐれも体調に注意し、ほかの利用者との距離を保った上で楽しもう

※新型コロナウイルス感染症対策の影響で営業時間に変動あり。最新情報は公式サイトでチェックしてほしい。

アクアフィールド芝公園

スポーツ 芝公園

芝公園近くの東京タワーを眺めながら泳ぐことのできる屋外プール。プールは、長さ50メートル、幅18メートル、8コースと大規模だ。2階には、休憩のできるリクライニングチェアが置かれたテラスゾーンもあり、優雅な時間を楽しめる。

期間:9月15日(火)まで
営業時間:9時00分~20時00分(9月1〜15日は17時まで)
料金:600円、高校生以下100円

港区スポーツセンター

スポーツ 田町

田町駅からほど近い場所にあるスポーツ施設。入館料を払えば、プールやジムを含む全ての施設を利用できる。浅めのプールやジャグジー、25メートルプールがある。キャップの着用が必須なので忘れずに持参しよう。

営業時間:8時30分〜22時00分(入場は閉館の30分前まで)
料金:
800円、中学生・小学生100円(港区在住、在勤、在学者は500円、区外者は600円、高校生以下は100円)

Advertising

目黒区立目黒区民センター

スポーツ 目黒

目黒区民センターの敷地内にある屋外、屋内プール。2020年度の混雑時は、コロナウイルス感染予防のため入場制限を行う場合もある。屋外プールは天候、気温により開放されない日もあるので、事前にチェックして訪れよう。


期間:通年営業、屋外プールは9月10日(木)まで
営業時間:9時00分〜22時00分
料金:一般400円、中学生以下・65歳以上は200円

金町公園プール

スポーツ 葛飾区

柴又帝釈天などさまざまな見どころがある柴又にある金町公園プール。夏季限定でオープンする屋外プールは、25メートルプールとひょうたん型の幼児プールの2種類がある。水泳帽の着用が必須で、貸し出しは行っていないので忘れずに持っていこう。

期間:7月20日(月)~8月31日(月)
営業時間:9時30分〜19時00分
料金:一般240円、中学生以下40円

Advertising

江戸川区スポーツランド

スポーツ 江戸川区

夏場はプール、冬場はアイススケート場が人気の複合スポーツ施設。屋外には、50メートルの大きなプールや、滑り台付きの二つの幼児用プールがある。

※現在、東京2020大会および準備期間のため休場。再開は2020年10月を予定。

Time Out Tokyo
Time Out Tokyo

東京都北区立元気ぷらざ

子どもと一緒に 赤羽

赤羽にあるプールや集会室、シニア向けの『老人いこいの家』を併設した施設。プールは25メートルの温水プールやジャグジー、ウォータースライダーを備えている。プール教室や健康運動の講座、カルチャー講座なども行っており、子どもから高齢者まで楽しめる憩いの場となっている。

7月13日(月)から温水プールのみ営業再開、電話による事前予約が必要(予約開始は7月6日(月)9時から
営業時間:9時00分~21時00分(最終入場は20時30分)
料金:500円、中学生以下100円 

Advertising

アクアブルー多摩

スポーツ 多摩

多摩市総合福祉センターに隣接する屋内の温水プール。50メートルプールのほか、流れるプール、スライダーなどがある。入場料が安い上に充実した内容を楽しめるのがうれしい。夏季は団体貸し切り枠がなく、プール教室が休みのため朝から夜まで一般に開放している。プール以外にも、ミストサウナやトレーニングルーム、ミニスポーツホールなども設けられている。

※現在、入場を150人まで制限、50メートルプールおよびジャグジープールのみ営業中
営業時間:7〜8月 9時00分〜21時45分
料金:620円、中学生以下・60歳以上310円

墨田区総合体育館

スポーツ 錦糸町

錦糸町駅から3分ほどの場所にある総合体育館。2010年オープンの比較的新しい施設で、プールは清潔に整備されている。1階に幼児プールと25メートルプールがある。プールで行われる様々なプログラムもあり、1レッスン600円から受講可能なのも見逃せない。

営業時間: 9時00分〜22時30分
料金:550円、中学生以下270円

Advertising

東京辰巳国際水泳場

スポーツ 江東区

本格的に泳ぎたいなら、アスリートらも利用する東京辰巳国際水泳場がおすすめ。2008年に北島康介が世界新記録を樹立した場所でもある。国際規格の水泳用プールを備え、水深を変更できる50メートルのメインプールやサブプール、ダイビングプールがある。大会やスクールがない日に一般開放を行っている。スケジュールを確認して訪れよう。

※現在、東京2020大会および準備期間のため休場。再開は2020年10月を予定。

営業時間:9時00分〜22時00分(日曜・祝日は21時まで)
料金:600円、中学生以下260円

夏を楽しみたいなら……

いちょうの木
いちょうの木

東京、かき氷30選

レストラン

東京のかき氷シーンは、年を重ねるごとに盛り上がっているといっても過言ではない。多くの店が個性を打ち出すべく、これまでかき氷には使用されてこなかった食材や斬新な素材の組み合わせなどを駆使し、新しいメニューを次々に生み出している。一年中かき氷が食べられる店が増えたとはいえ、ベストシーズンは夏。ここでは、タイムアウト東京エディターで、かき氷を愛してやまないケイラ イマダ(@kakigori_kaila)一部監修のもと、暑い日にはしごしてでも巡ってほしい店を紹介する。

伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング
伊豆シャボテンヴィレッジ グランピング

東京近郊のグランピング施設8選

トラベル

外出自粛が緩和され遠出への機運が高まるなか、3密を避ける意識からアウトドアアクティビティに注目が集まっている。しかしアウトドア初心者には、移動手段が限られたりテントやウエアなど専用ギアを集めたりと、少々ハードルが高いのが難点。大自然の中での宿泊には抵抗もある人も多いだろう。 そこで注目したいのがグランピングだ。「グラマラス」と「キャンプ」を掛け合わせた造語からできた、近年注目を浴びるこのスタイルでは、設備が整っているためホテル感覚でアウトドアを楽しむことができる。

Advertising
ベニーレガーデン
ベニーレガーデン

東京、屋外ビアガーデン2020

Things to do

太陽が容赦なく照りつける蒸し暑い日本の夏、最高の避暑といえばビアガーデンだ。 今年はオンライン飲み会が注目を集めているが、やはり直接会って飲み交わしたいと思っている人は多いだろう。ここでは、感染予防を徹底し、オープンエアで楽しめるものを中心に、おすすめのビアガーデンやビールフェスティバルを紹介する。 ベイサイドで夜景を眺めながら、屋上でバーベキューしながら、あるいはビールの本場ドイツを体感しながら、至福のひとときを過ごしてほしい。

東京、オープンエアで食べる店22選

レストラン

それほど広くない面積に建物や店が密集し、人口密度も高い東京。しかし海外のリゾートにいるような開放的な気分になる、とっておきの場所は結構ある。 公園近くで緑いっぱいのテラス席やビルのルーフトップ(屋上)のバー、水辺の景色が眺められるリバーサイドなど、東京のオープンエアの形態はさまざまだ。各店に取材を進めてわかったのが、季節によって寒暖の差が激しい東京でも、オープンエアの座席は年間を通じて人気があるということ。多くの店が、外の席から順に予約が埋まっていくそうだ。 ここでは、都内でオープンエアの空間が楽しめる、レストラン22選を紹介する。外気を直接感じながらおいしい料理を食べたり、酒を飲んだりする体験は格別だ。

Advertising
JOOKO3/PIXTA
JOOKO3/PIXTA

東京、自然を楽しむレジャー6選

Things to do

外出自粛の段階的解除が発表され、東京近郊のレジャーが楽しめる場所も再開の兆しを見せている。少し脚を延ばせるようになったら、大自然の中や水辺で爽やかな汗を流してみてはどうだろう。ここでは、スリル満点のラフティングや、都内でできる水上散歩、新緑が美しい御岳山など、楽しく体を動かせる注目のアクティビティを紹介。出かける際は健康状態に留意し、人の密集を避けることをくれぐれも忘れずに。

おすすめ

    関連情報

      Advertising