ディスクユニオン ロックイントーキョー
ディスクユニオン ロックイントーキョー

ロックにしびれる。ー3月22日はビートルズの伝説が幕開けた日

今日しかできないこと:3月22日(月)

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

ロックに痺れる。ー3月22日はビートルズの伝説が幕開けた日。

1963年3月22日は、伝説的なロックバンド、ビートルズの最初のイギリス盤公式オリジナルアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』が発売された日。本アルバムは、イギリスで30週連続1位という驚異的なヒットを誇る。今日は、都内の音楽スポットに訪れて、自分だけのロックスターをディグろう。

2021年3月17日、渋谷にオープンしたディスクユニオン ロックイントーキョーでは、世界的に人気のロックを中心に、ハードロック、ヘビーメタル、パンクロック、ハードコア、ジャパニーズロックまで、幅広いロックミュージックを取り扱っている。ビンテージのオリジナル盤などの手に入りにくい商品も並んでいるので、要チェックだ。

最近、レコードの人気が高まっているが、ロックのレコードを探すなら原宿のゼネラル・レコード・ストアへ。ロックだけでなく、ジャズ、ワールドミュージックのレコードも多く取りそろえる。新しい音楽との出合いがあるはずだ。

音楽を楽しむなら……

ageha
ageha

東京、オープンエアで音楽が楽しめる場所8選

ナイトライフ

 

ルーフトップ、オープンエアなフロアをもつ場所は、都内のいたるところにある。特に長時間のパーティーだと踊り疲れた時に、外気に触れられる場所があると気分転換ができる。わざわざ再入場しなくても、深呼吸ができる場所があるとうれしいものだ。 

オーディエンスとして遊びに行くのはもちろん、オーガナイザーとしてクローズドパーティーの会場に検討しても良い。このガイドを活用して、各々に「新しいクラブ様式」を見出してもらいたい。

東京で行くべきレコードショップ

音楽

店頭で音楽を探す醍醐味(だいごみ)。それは、不意の導きや出会いがあふれていることだ。たまたま手に取ったジャケット、その時かかっていた新譜、店員との雑談から出てきた一枚、などなど……。スマホアプリのアルゴリズムが導く出会いとは異なる、不意の感動がそこにはある。

東京は、世界でも有数の巨大なレコードコレクションを抱えた街であり、渋谷下北沢といったレコードショップ密集地帯だけでなく、各所に優れた店が点在している。本記事では、ビギナーでも楽しめる店からプロ御用達の店まで、さまざまなスタイルのレコードショップを紹介する。

 

関連記事:
平日も楽しめる、渋谷のDJバー
東京、2019年にオープンしたミュージックバー

タイムアウト東京が注目する新着イベント

マーク・マンダース スタジオ風景
マーク・マンダース スタジオ風景

マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在

アート 東京都現代美術館, 清澄

現代のアートシーンに独自の位置を占める作家、マーク・マンダースの国内美術館で初となる個展が、東京都現代美術館で開催。

マンダースは自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築する「建物としてのセルフ・ポートレイト」という構想に沿って、18歳から30年以上にわたって制作を続ける。

彫刻やオブジェを建物の部屋に置きインスタレーションとして展開し、配置全体によって人の像を構築するという、ユニークな作品世界だ。私たちを魅了し、想像力や人の生の経験と時間、芸術の意味について考える機会を与えてくれるだろう。

おすすめ

    関連情報

      Advertising