臨海副都心
Photo: Keisuke Tanigawa

オリンピックを楽しむために知っておきたい15の雑学

日本のオリンピック誘致と貢献に関する興味深い事実やトリビアを紹介

作成者: Kaila Imada
Advertising

タイムアウト東京 > THINGS TO DO > オリンピックを楽しむために知っておきたい15の雑学

波乱に満ちた2020年を経て、延期されていた『東京オリンピック・パラリンピック』がついに開幕する。残念ながら会場で競技の観戦をすることはできないが、自宅でアスリートたちの活躍を見守りたいところだ。

日本とオリンピックの関係は深く、その歴史は1回目の1964年にまでさかのぼる。1972年には札幌、1998年には長野で冬季オリンピックも開催された。ここでは、その知られざるトリビア紹介しよう。

Olympic Bridge Harajuku
Olympic Bridge Harajuku
Photo: Kuremo/Dreamstime

1. 東京でのオリンピック開催は2回目である

東京で初めてオリンピックが開催されたのは1964年のこと。興味深いことにこの年の大会は、7月ではなく天候に恵まれた10月に開催されている。

2. 東京はアジアで初めてオリンピックを開催した

1964年の東京オリンピックは、アジア地域で開催された初めてのオリンピックだった。その後、1972年に札幌、1998年に長野で冬季オリンピック大会が2回開催されている。

今回で日本でオリンピックが行われるのは4回目。本大会により、東京はアジアで唯一、夏季大会を2回経験する都市となる。

Advertising

3. 世界で初めてパラリンピックを2回開催する

競技大会閉幕後の2021年8月24日から9月5日までの間は、『東京パラリンピック』が開催。これにより、東京はパラリンピックを2回実施した唯一の都市となる。

4. 1940年に開催されるはずだった幻のオリンピック?

東京で最初にオリンピック開催の話が持ち上がったのは、実は1964年をさらにさかのぼった1940年のこと。1936年に開かれた国際オリンピック委員会総会で候補に挙がっていたヘルシンキを破り、見事に開催地として誘致が決定したのだ。

しかし、第2次世界大戦における世界情勢により、1940年の五輪は開催の2年前に返上されることになる。代替開催地だったヘルシンキも戦争の影響で最終的には開催が断念された。 

Advertising

5. 新競技4種目を導入している

今年開催される大会では、空手とスケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、4つの新競技がデビューする。また、2008年以降オリンピックから姿を消していた野球とソフトボールの復活にも注目したい。

 

6. 国立競技場の設計はザハ・ハディドが担当する予定だった

新しい国立競技場で、オリンピック競技の観戦ができないのは残念なことだ。2019年に完成した競技場の設計は隈研吾が担当。当初はイラク出身で、イギリスを拠点に活躍した建築家のザハ・ハディドがデザインを手掛ける予定だったが、コスト上の問題で白紙となった。

建設費は1570億円、スタジアムの広さは20万平方メートルほどで、観客は約6万8000人収容できる

Advertising
国立競技場
国立競技場
Photo: Japan Sport Council

7. 国立競技場に使用された木材は日本全国から集められた

「杜(もり)のスタジアム」がコンセプトの国立競技場は、木のぬくもりが感じられるエレガントなデザインだ。

外観と内装の両方には、日本へのオマージュとして47都道府県から集められた国産木材が使用されている。空調への依存度を下げるため、スタジアムを通り抜ける風を最大限に利用しているのも特徴だ。

 

Tokyo Olympic costumes
Tokyo Olympic costumes
©Tokyo 2020

8. サステナビリティを重視している

持続可能性を促進するために、1964年の大会で使用された会場の多くを再利用している。さらに表彰台やユニフォーム、メダルなどのアイテムにリサイクル素材を使用。

オリンピック村のベッドにも環境の考慮からダンボールが使われており、大会後にリサイクルされる予定だ。

Advertising
Tokyo Olympic trays
Tokyo Olympic trays
©Tokyo 2020

9. 5000個のメダルは使われなくなった電子機器をリサイクル

大会で使用されるメダルは、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」によって集められた材料で製作されている。このプロジェクトは約2年間に渡り進められてきたもの。

全国各地から使わなくなった携帯電話などの電子機器を寄付してもらい金属を集め、オリンピックのメダル製作に役立ててきた。自治体で回収されたデバイスは約7万8985トン。NTTドコモショップで回収された携帯電話は約621万台となった。

Tokyo Olympic Torch
Tokyo Olympic Torch
©Tokyo 2020

10. 聖火リレートーチは桜がモチーフだ

聖火リレーで使用された見事なトーチは、日本の象徴として知られる桜をイメージしてデザインされたもの。新幹線の製造にも使われている製造技術を用いており、滑らかでシームレスなデザインに仕上がった。

3月からスタートした聖火リレーは、2021年7月23日に東京都庁でフィナーレを迎える。

Advertising
Tokyo Olympic Mascots
Tokyo Olympic Mascots
©Tokyo 2020

11. ミライトワとソメイティは小学生が選んだ

マスコットは、1万6769人の小学生の投票によって選出された。オリンピックのマスコット「ミライトワ」は、日本の伝統的な藍色を基調としたデザイン。パラリンピックのマスコット「ソメイティ」は桜をモチーフにピンク色を基調としている。

12. 日本がオリンピックに初参加したのは1912年

日本が初めてオリンピックに参加したのは、1912年にスウェーデンのストックホルムで開催された夏季大会のこと。日本からは、短距離の三島弥彦とマラソンの金栗四三の2人が出場した。

メダルは獲得できなかったが、三島は400メートル走で準決勝に進出。金栗は残念ながらマラソンを完走できなかった。

Advertising
Tennis ball and racket
Tennis ball and racket
Photo: Ben Hershey/Unsplash

13. 日本人初のオリンピックメダリストはテニス選手

オリンピックで初めてメダルを手にした日本人は、2人のテニスプレイヤーだった。1920年にベルギーのアントワープで開催された夏季オリンピックで、熊谷一弥と柏尾誠一郎がテニスのダブルスで銀メダルを獲得したのが初の快挙となり、熊谷はシングルスでも銀メダルを獲得した。

Tokyo 2020 gold medal
Tokyo 2020 gold medal
©Tokyo 2020

14. 日本が獲得しているメダルは439個

計22回の夏季オリンピックで、日本は439個のメダルを獲得している。そのうち2016年のリオデジャネイロ大会では41個のメダル獲得という大快挙で、史上最多を更新。

41個のメダルのうち12個が金メダルで、これも日本の最高記録となった。一方、日本が冬季大会で手にしたメダル数は合計58個にとどまっている。

日本が得意とする競技の一つが柔道。日本がオリンピックに参加して以来、合計39個の金メダルを勝ち取っており、同競技だけで84個ものメダルを獲得している。

Advertising

15. 日本人の初の金メダル取得は陸上三段跳び

織田幹雄は日本初のオリンピック金メダリストだ。1928年にアムステルダムで開催された夏季オリンピックの三段跳びで頂点に立った。同大会では、同じく水泳の鶴田義行も金メダルを獲得している。

オリンピックをもっと楽しむなら……

Advertising
Advertising
Advertising
Advertising
Advertising
Advertising
Advertising
Advertising
おすすめ

    関連情報

      Best selling Time Out Offers
        Advertising