Paralympics
Photo: Naomi BakerMiyuki Yamada of Team Japan celebrates winning silver in the Women's 100m Backstroke Final - S2

14歳の山田美幸が日本勢第1号、歴代最年少でメダルを獲得

東京パラリンピック女子100メートル背泳ぎで

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

東京パラリンピック競技大会初日、女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)の決勝が行われ、日本選手団最年少の14歳で初出場した山田美幸が、日本勢初となる銀メダルを獲得した。

山田は2分26秒18というタイムで銀メダルを獲得。金メダルは、シンガポールのピン・シュー・イップ(Pin Xiu Yip)、銅メダルはメキシコのファビオラ・ラミレス(Fabiola Ramirez)が獲得した。

新潟出身の山田は、生まれつき両腕がなく、足が動かないため、ほとんどの時間を車いすで過ごしている。パラリンピックの公式プロフィールによると、喘息の症状を和らげるために5歳で水泳を始めたが、2016年のリオ大会を見てパラリンピックに向けたトレーニングを開始したそうだ。 

パラリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェックしよう。

関連記事

東京パラリンピック開会式、印象的な5つのハイライト

パラスポーツにおける公平性とは? 独自のルールを解説

パラリンピック開幕に合わせ東京タワーで特別ライトアップ

東京、パラリンピックの記念撮影できるスポット7選

東京2020パラリンピック、原則無観客での開催を決定

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告