Zakia Khudadadi
Photo: ©Afghanistan NPC

アフガン選手2人が来日、パラリンピック出場へ

ザキア・クダダディとホセイン・ラスーリが競技に参加

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/3d733c4f-4115-45d8-90f2-b7f23c2d5403.jpg
テキスト:
Emma Steen
広告

2021年8月、アフガニスタンの首都がタリバンに占拠されたことで、パラリンピック選手のザキア・クダダディ(Zakia Khudadadi)とホセイン・ラスーリ(Hossain Rasouli)は競技大会への出場を断念せざるを得ない状況であった。しかし、カブールからの避難生活を経て、2人のアフガン選手は無事に東京に到着。それぞれの競技に臨むことができた。

ほんの数日前まで、2人が大会に参加する確率はほぼなかった。大会が始まる1週間前、クダダディは「助け出してほしい」と国際社会に動画で訴えていたが、2021年8月24日の開会式ではボランティアがアフガニスタンの国旗を持ち、選手団不在のまま入場を実施。その後、選手は家族とともにカブールから脱出したが、国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズは「大会には出場しない」という声明を発表した。

このような状況にもかかわらず、両選手は「今年のパラリンピックに出場する」という確固たる決意を持っていることが分かる。陸上競技のラズーリは、8月31日(火)の朝に行われる男子走り幅跳び決勝のT47クラスに出場。クダダディは2004年のアテネパラリンピック以来、アフガニスタンを代表する史上初の女性アスリートで、女子テコンドーのK44クラスで金メダルを競う。

なお、2人は東京パラリンピックの後、オーストラリアで難民として保護される見通しだ。 

パラリンピックの最新情報は『東京オリンピック・パラリンピックガイド』でチェックしよう。

関連記事

パラスポーツにおける公平性とは? 独自のルールを解説

パラリンピック開幕に合わせ東京タワーで特別ライトアップ

東京、パラリンピックの記念撮影できるスポット7選

東京2020パラリンピック、原則無観客での開催を決定

日本科学未来館で透明字幕パネルを使った展示ツアーが開催中

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告