自宅で観劇:第8回 大笑い必至、コミカルなベルカントオペラ

今週末は、喜劇オペラを見比べる

新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦
新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦
作成者: Hisato Hayashi |
Advertising

タイムアウト東京 > アート&カルチャー > 自宅で楽しめるステージビューイング > 自宅で観劇:第8回 大笑い必至、コミカルなベルカントオペラ

テキスト:高橋彩子

さまざまな才能が集まって成立するオペラは、聴いてよし、見てよしの総合芸術だ。お金のかかる芸術だけにどうしてもチケット代が高くなるので、初めの一歩が踏み出せない人もいるかもしれない。世界の歌劇場もそのことはよく分かっていて、簡単には劇場に足を運べない人たちのために、ライブビューイングに力を入れているところも多い。そして外出自粛が続く今、それらの映像を放出してくれているのがうれしい限り。まずは映像でオペラを楽しんでみてほしい。

今回は、喜劇色の強いベルカントオペラを紹介する。ベルカントとは「美しい歌」のイタリア語。装飾的、技巧的な歌が楽しめる、洗練されたイタリアオペラだ。

関連記事

自宅で楽しめるステージビューイング
オペラが今後見逃せない8の理由

公益財団法人日本オペラ振興会
公益財団法人日本オペラ振興会

藤原歌劇団『ラ・チェネレントラ』

シンデレラの物語を喜劇にアレンジ

藤原歌劇団は♪OPERA de STAY HOME(オペラ・デ・ステイホーム)として、これまでの舞台映像を期間限定で順次無料配信中。

現在は、2018年4月公演の、ロッシーニ作曲『ラ・チェネレントラ』を配信している。「チェネレントラ」と言われてもピンと来ないかもしれないが、これはイタリア語でシンデレラのこと。そう、これはあの有名なペローの童話「シンデレラ」を、イタリア人作曲家ロッシーニがオペラ化したもの。ただし物語は少しアレンジされている。

 

第1幕の舞台は、ドン・マニフィコの邸宅。ドン・マニフィコの継子のチェネレントラは2人の姉にこき使われている。そこへ物乞いが現れ、姉たちは冷たくあしらうが、チェネレントラはパンとコーヒーを与える。実はこの物乞いは王子の先生、アリドーロの仮の姿だ。やがてラミーロ王子の使者が現れ、王子の花嫁探しのため3人の娘を宮殿に招待する。その後、この家に王子の従者がこっそりやって来るが、実は彼こそ、従者に身をやつした本物の王子で、アリドーロからここに花嫁がいると聞いて会いに来たのだ。すぐに引かれ合う二人。その後、偽の王子と従者に化けた王子が、屋敷を正式に訪問する。姉2人は偽の王子に夢中になり、舞踏会へ赴く。一方、チェネレントラはドン・マニフィコから舞踏会へ行くことを許してもらえなかったが、代わりにアリドーロが連れて行く。

第2幕の舞踏会では、姉たちが王子に結婚を迫る。一方、チェネレントラは愛する従者が実は王子だと知らぬまま、自分を口説いてきた偽の王子に「あなたの従者を愛している」と言う。従者にふんした王子は喜んで結婚を申し込むが、チェネレントラは自分を見つけ、普段の姿を見て決めてほしいと伝え、去る。

第3幕。再びドン・マニフィコ邸。チェネレントラのもとに、元の姿に戻った王子と従者が現れ、めでたく結婚となる。

「オペラ・ブッファ」(喜歌劇)と呼ばれ、早口での歌や抱腹絶倒の人間模様も楽しい作品だ。イタリア人演出家フランチェスコ・ベッロットが演出した藤原歌劇団のプロダクションでは、舞台は大きなペローの本が開かれた机の上。チーズを持ったネズミたちが恋を見守ったり、姉たちが二人して大きな鉛筆を運んだり、王子の家来たちが巨大なトランプを持っていたりと、観ていて飽きない。園田隆一郎指揮、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラの軽快な演奏の中で繰り広げられる、ロッシーニならではの、超絶技巧あふれる歌の数々を味わおう。

藤原歌劇団『ラ・チェネレントラ』

5月21日(木)14時まで、日本語字幕付き。

新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦
新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦

4つの劇場で見比べる『ドン・パスクワーレ』

新国立劇場、ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場の配信

新国立劇場の「巣ごもりシアター」では、オペラの第4弾として、2019年11月に上演した『ドン・パスクワーレ』を配信中。こちらはイタリア人作曲家ガエターノ・ドニゼッティによるオペラ・ブッファだ。

第1幕。裕福な独身老人であるパスクワーレは、財産を相続することになっている甥(おい)エルネストが自分の勧める結婚を断るので、自身が結婚して子どもを作ろうと考えている。相手を相談された主治医マラテスタは、自分の妹はどうかと提案。実はマラテスタはエルネストの友人でもあり、エルネストの恋人ノリーナを妹と偽わって紹介し、結婚に辟易(へきえき)させて諦めさせる腹づもりだ。マラテスタの計略を聞き、パスクワーレ好みの娘に化けるノリーナ。

第2幕。現れたノリーナを気に入って結婚式を行ったパスクワーレ。ところが、結婚の署名をした瞬間、ノリーナの態度は豹変。わがまま放題を始める。

第3幕。ノリーナは買い物三昧を続ける上に、愛人との逢引(あいびき)の手紙を落とす。激怒したパスクワーレが現場を押さえて離婚を言い渡し、エルネストの結婚を許すと、マラテスタが花嫁はここにいると宣言。全てを知ったパスクワーレはエルネストとノリーナを祝福する。 

Advertising
クレジット 新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦
新国立劇場『ドン・パスクワーレ』より 撮影:寺司正彦

イタリア人演出家ステファノ・ヴィツィオーリ演出の舞台は、作品の喜劇的要素を美しく浮かび上がらせる。ノリーナ役のソプラノ、ハスミック・トロシャンは伸びやかな声の持ち主で、コケティッシュな美貌といいコメディエンヌぶりといい見事。パスクワーレ役のロベルト・スカンディウッツィとマラテスタ役ビアジオ・ピッツーティの早口二重唱も必聴だ。コッラード・ロヴァーリス指揮・東京フィルハーモニー交響楽団の演奏が耳に心地よく届く。

新国立劇場『ドン・パスクワーレ』

5月22日(金)14時まで、日本語字幕付き。

さて、新国立劇場の舞台を日本語字幕で鑑賞した後は、海外の『ドン・パスクワーレ』も観てはいかがだろうか。なんと今週末は、ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場の配信で本作を楽しむことができるのだ。いずれもモダンで美しい舞台なのでぜひ見比べてほしい。

日本時間の5月15日現在で観られるのは、ミラノ・スカラ座(配信終了日不明)。パリ・オペラ座はフランス時間5月17日までウィーン国立歌劇場はドイツ時間で5月18日に配信(1日だけなのでお見逃しなく)。

高橋彩子
舞踊・演劇ライター。現代劇、伝統芸能、バレエ・ダンス、 ミュージカル、オペラなどを中心に取材。『エル・ジャポン』『シアターガイド』『ぴあ』『The Japan Times』や、各種公演パンフレットなどに執筆している。年間観劇数250本以上。第10回日本ダンス評論賞第一席。現在、Webマガジン『ONTOMO』で聴覚面から舞台を紹介する「耳から“観る”舞台」、「SWAN MAGAZINE」で「バレエファンに贈る オペラ万華鏡」を連載中。

 http://blog.goo.ne.jp/pluiedete

関連記事

Time In Tokyo
Time In Tokyo
ステージ

自宅で観劇:第9回 オペラオンラインビューイング一覧

自宅で楽しめるオペラビューイングの総集編。イタリア、フランス、イギリス、オランダなど、世界各国23の劇場で上演されたオペラ映像を紹介。一度は訪れてみたい本場の舞台を、家のソファからゆっくりと楽しんでほしい。期間限定や週替わりの作品もあるため、しっかりチェックしておこう。動画などのリンクは劇場名をクリック。

Time In Tokyo
Time In Tokyo
ダンス

バレエ&ダンスの名作を自宅で鑑賞:第3回 オンラインダンスビューイング一覧

外出を控える中でも楽しめる、バレエ&ダンスの無料オンラインビューイングの総集編。第1回 シュトゥットガルト・バレエ団『眠れる森の美女』、第2回 バットシェバ舞踊団『DECA DANCE』『LAST WORK』に続き、ここでは世界各国のバレエを中心にさまざまなダンスビューイングを紹介する。この機会に、あなたも自宅でバレエ&ダンスの鑑賞デビューを。

Advertising
ミラノ・スカラ座『トスカ』photo:Brescia e Amisano/Teatro alla Scala
ミラノ・スカラ座『トスカ』photo:Brescia e Amisano/Teatro alla Scala
音楽, クラシック&オペラ

オペラが今後見逃せない8の理由

オペラの歴史は400年以上。なじみのない人には古臭いイメージがあるかもしれない。でもオペラは、今こそ観るべき芸術だ。何故なら面白いから!というのが筆者の本音だが少々乱暴なので、以下にその理由を記しつつ、今年から来年の日本で楽しめる公演をご紹介。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今は外出もままならないが、終息した暁には、オペラを心ゆくまま味わってほしい。

Helen Maybanks The Hampstead Theatre auditorium
Helen Maybanks The Hampstead Theatre auditorium
ステージ

自宅で楽しめるステージビューイング

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、外出を控えている人、見るはずだった公演が中止になってしまった人、さらには海外への観劇旅行をキャンセルした人もいることだろう。しかし、代わりに多くの劇場が無料で映像配信を行っており、自宅で見られる映像がざくざくだ。その中から、お勧めできる映像を独断と偏見で選んでご紹介しよう。この機会にあなたも、ダンスや演劇、伝統芸能の鑑賞デビューを。

Advertising
Time In Tokyo
Time In Tokyo
ステージ

自宅で観劇:第6回 伝統芸能オンラインビューイング一覧

歌舞伎や日本舞踊、能狂言など、伝統芸能の無料オンラインビューイング総集編。何百年も連綿と続いてきた伝統芸能は、代替の利かない私たちの宝。外出自粛が続く今こそ、鑑賞の好機だ。ここでは、若手歌舞伎俳優のみずみずしい演技や、円熟の芸が光る歌舞伎作品をはじめ、日本舞踊や能狂言、文楽の舞台、落語の高座、野村萬斎が狂言「笑いの型」を届ける「うちで笑おう」シリーズや、楽器がなくても稽古ができる能楽囃子体験など、ユニークな伝統芸能の映像も紹介。子ども向けや説明があるものなど、初心者にも観やすい内容となっている。

わたしはロランス
わたしはロランス
映画

アップリンク クラウドで観るべき映画10選

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止による緊急事態宣言を受け、渋谷と吉祥寺の都内2カ所と、京都にも映画館オープンさせる映画会社「アップリンク」は、オンライン映画館アップリンク・クラウド(UPLINK Cloud)にて、配給作品60本以上が見放題となるサービス(3カ月2,980円)を開始した。 ここでは、配信作品から10本をセレクトし、前編と後編に分けて紹介する。今もなお外出自粛の状況が続く中、自宅をはじめとした環境での鑑賞の一助となるだけでなく、街の映画館を失わないための一支援として、過去の作品を観ることで生まれる映画の「(再)発見の場」となれば幸いだ。

Advertising
Photo: Time Out Tokyo
Photo: Time Out Tokyo
Things to do

Time In Tokyo:自宅で楽しめること

世界中で猛威を振るう、新型コロナウイルス感染症。2020年3月25日、東京都知事の小池百合子による記者会見では、都民に向けた対策として週末の不要不急の外出を自粛する要請が発表された。 ここでは自粛要請期間中、自宅でも楽しめるさまざまなカルチャーを紹介する。世界各国のアートシーンのオンラインビューイング、Spotifyで聴くプレイリスト、デリバリーフードなど、この機会にチェックしておきたい情報を随時追加していく。危機的状況の中、自身とまた大切な人の健康を守るためにも、充実した在宅時間を過ごしてほしい。

おすすめ
    関連情報
      Advertising