1. Koffee Mameya Kakeru
    Photo: Kisa Toyoshima
  2. Allpress Espresso
    Photo: Allpress Espresso
  3. Photo:Keisuke Tanigawa
    Photo:Keisuke Tanigawaアライズ コーヒー ロースターズ

清澄白河で行くべきコーヒーショップ5選

ますます進化するコーヒータウンで一休み

Kaila Imada
テキスト:
Kaila Imada
翻訳:
Hanako Suga
広告

タイムアウト東京 > フード&ドリンク >清澄白河で行くべきコーヒーショップ5選

東京の各エリアは、その街の個性に基づいた独自の魅力がある。古着屋が集まる下北沢や、アートギャラリーやナイトライフでにぎわう六本木などがその例だ。 そんな中、清澄白河は「コーヒーの聖地」として近年定着しつつある町。隅田川の東側に位置するこのエリアにはのんびりとした下町情緒が残り、東京都現代美術館をはじめとするアートスポットも多い。

街の大部分を占める住宅街には、個人経営の店や昔ながらの喫茶店、そして世界的に有名なロースタリーが点在する。一日を通して清澄白河のコーヒーシーンを満喫したい人は、ここで紹介する店を参考にしてほしい。

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 清澄

清澄白河駅から徒歩10分ほどの場所に、表参道のコーヒー豆の専門店 コーヒー マメヤの2号店がある。元倉庫をリノベーションした店内は天井が高く、洗練された内装デザインが特徴だ。バリスタたちは白衣に身を包み、まるで研究員のような雰囲気でコーヒーを淹れている。

注目メニューは、コーヒーの飲み比べができる『コーヒーテイスティングコース』(2,500円から)。『コールドブリュー』『ミルクブリュー』『フィルタード』『エスプレッソ』など、産地や品種、ローストの違いをテイスティングすることで、コーヒーの深い魅力を体感できる。

コーヒーカクテルやコーヒーと相性抜群のスイーツも充実している。 基本的に予約制となっているので、訪れる際は公式ウェブサイトを確認しよう。

  • レストラン
  • コーヒーショップ・喫茶店
  • 清澄
  • 価格 1/4

世界中のシングルオリジンコーヒーを扱う、地域密着型のコーヒー店。こぢんまりとした店内は居心地がよく、フレンドリーな店長と客が会話を弾ませる。

コーヒー豆は常時10種類以上を用意し、メニューはドリップコーヒーのみだが、初心者でも、店長が豆の特徴や味わいを教えてくれるので安心だ。

徒歩圏内にあるトーキョーバイクトーキョーのフラッグシップショップにも出店しているので、混み合っている場合はそちらに足を運んでみるといいだろう。

広告
  • レストラン
  • カフェ・喫茶店
  • 清澄

清澄白河にあるロースタリーカフェ。オーナーがコロンビアの農園まで足を運んで選んだコーヒー豆は無農薬で、店内にある焙煎(ばいせん)機で丁寧にローストしている。

人気のコーヒーは、コクがあり酸味が穏やかなコロンビア産の『CASANOVA』や、トロピカルな香りが特徴のエチオピア産の豆を浅煎りにした『TASFAYE』。

コーヒーと一緒に味わえるのは、恵比寿にあるフルーツアンドシーズンのビーガンフルーツサンド。乳卵不使用かつ、アガベシロップや甜菜糖で甘さを加えているので、罪悪感なく楽しめる。

  • レストラン
  • コーヒーショップ・喫茶店
  • 清澄

2014年にオープンしたオールプレス エスプレッソは、ニュージーランド生まれのロースタリーカフェ。海外から清澄白河エリアに進出した最初のコーヒーショップだ。

かつて木材倉庫だった建物をモダンにリノベーションした。店内は開放感があり、ガラス張りの大きな窓の向こうには、巨大なロースターが置かれている。店内の席数は少ないが、野外のベンチに腰掛けることもできる。

丁寧に焙煎されたコーヒーは、『エスプレッソ』や『フラットホワイト』『ロングブラック』など、好みのスタイルで味わえる。クッキーやバナナケーキなどのスイーツも充実しており、フードメニューの『ミックスプレート』は定番の人気メニュー。オーガニックのゆで卵、アボカド、フルーツトマトをバゲットとともに楽しめる。

広告
  • ショッピング
  • 清澄

高品質な豆と一流のドリップコーヒーを提供するカフェ。川沿いの倉庫をリノベーションした焙煎ファクトリー内には、巨大な最新式のロースターと世界中から選び抜いた豆が徹底管理されている。

通常5種類のローストコーヒーは、すべてハンドドリップで提供する。ホットとコールドのどちらでも楽しめるカフェオレの味は格別だ。テイクアウトしたコーヒーを片手に、近くを流れる大横川沿いを歩いてみるのもおすすめ。

もっとコーヒーを楽しむなら

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

東京には素晴らしいコーヒー文化があり、それはさらに急速な成長を見せている。地元のカフェやレトロな喫茶店のほか、最近では独自に調達した豆を焙煎(ばいせん)とブレンドをする、独立したスモールバッチのロースターも増えてきた。

近所のカフェでコーヒーを飲むのはこれまで以上に満足感が高くなっている。店内で一杯飲んだ後、その場で焙煎されたばかりの豆を持って帰ることもできるからだ。散歩中にコーヒーが飲みたくなったら、ここで紹介するロースターに立ち寄って、それぞれの店でとっておきのローストやブレンドを味わってほしい。

 

  • レストラン
  • カフェ・喫茶店

特集では、カフェの歴史に名を残す老舗やコーヒー専門店、テーマを持ったカフェなど、星の数ほどある東京のカフェのなかから厳選した50軒を紹介する。一人じっくりとコーヒーに向き合いたいときはもちろん、友人との会話を楽しむ場や、街散策の休憩スポットとしてもぜひ足を運んでみてほしい。 

おすすめ
    関連情報
      広告