東京、立ち食い焼き肉5選

上野や新宿、吉祥寺などでチープに味わう美味い肉

立喰い焼肉 治郎丸 新宿本店
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >東京、立ち食い焼き肉5選

テキスト:中山秀明

焼き肉といえば数人で網を囲み、ゆっくりと楽しむ。そんなスタイルが一般的だが、東京のグルメシーンは多種多様。対面式カウンターで楽しむ、一人や少人数向けの立ち食い焼き肉店も存在する。店側としては省スペースかつ、客の回転率が良いという利点があるため、メニューは破格だ。中には、好みの部位を1枚からオーダーできる店もある。赤身、霜降り、ホルモンと、気兼ねなく思い思いの焼き肉タイムを楽しんでみては。ここでは、ふと、一人で存分に肉を楽しみたいと思ったときに行きたい立ち食い焼き肉店を紹介する。

レストラン

立喰い焼肉 治郎丸 新宿本店

icon-location-pin 新宿

2014年の7月にオープンした、新宿歌舞伎町にある焼き肉店。立ち食い焼き肉の業態を、世に広めた火付け役がここだ。店内は狭小で、対面式のカウンターのみ。白木の空間には、白い和食の調理衣を着た職人。木札にはその日仕入れた部位が書かれ、まるで寿司を注文するかのように1枚ずつ好みの肉を食べられる。ホルモンは32円~、正肉は全国から届くA5ランクの霜降り黒毛和牛もあって162円~と激安。駅からのアクセスも良く、深夜まで営業している点もうれしい。

レストラン

ハモ肉

icon-location-pin 吉祥寺

吉祥寺駅北口の有名スポット「ハーモニカ横丁」(通称ハモニカ横丁)内にある立ち食い焼き肉店。同横丁は区画が狭いため、スタンディングの飲食店は数軒あるが、焼き肉はここだけだ。注文は1枚からでき、ホルモンは60円~、正肉は220円~と良心的。盛り合わせは650円からなど、多彩な楽しみ方ができる。店内は厨房を囲むようにカウンターが設えられ、不思議な一体感がある。周辺店舗とのはしご酒の一軒として立ち寄るのもいいだろう。

Advertising
レストラン

焼肉かすが

icon-location-pin 品川

品川駅港南口の人気店、たちのみ処 かすがの系列の焼き肉店。2〜3階はテーブル席と座敷で、1階は厨房兼立ち食いスペース。近所の芝浦食肉市場から直送で仕入る肉は鮮度抜群で、黒毛和牛のA4ランク以上のに特化しているのも魅力だ。肉は1人前と半皿があり、料金は421円~。盛り合わせも正肉系にホルモンと数種があり950円から楽しめる。部位のおすすめは『牛カシラ』(529円~)で、脂の程よい甘味と赤身の弾力が絶妙な逸品だ。

レストラン

焼肉 房家 上野6丁目店

icon-location-pin 御徒町

和牛を丸ごと一頭買い付ける実力派の焼き肉店で、都内に6店舗を展開している。A5ランクの希少部位をはじめリーズナブルな価格で提供している。上野6丁目店の1階は立ち食いスタイルのため、より安価で味わえるのが特徴。肉は高級部位のみ1枚売りの形で、281円~。そのほかは一皿3~4枚の半ポーションとなり、324円~だ。また、立ち食いカウンターの利用限定で、生ビールをはじめとするドリンク類が302円になるのも見逃せない。

Advertising
レストラン

切り売り焼肉 江戸牛

icon-location-pin 神田

A4~5ランクの黒毛和牛を1枚からオーダーできる焼き肉店。ホルモンは80円~、正肉は200円~とコストパフォーマンスは高いが、注目すべきは1,000円の『ちょい飲みセット』。生ビールを含むドリンクに、A4以上の正肉2枚とホルモン2種、さらに小鉢一品が付く、満足度の高いメニューだ。16時まではランチ営業となり、セットメニューを780円から楽しめる。さらには、ビジネス街の神田で年中無休かつ、休憩なしの営業スタイルを貫く姿勢もありがたい。

下町を歩くなら……

ナイトライフ

夜の築地ガイド

市場は豊洲に移転しても、独特な雰囲気のある築地はいつまでも魅力的な場所だ。市場があったころは、築地といえば朝のイメージだったが、今は美味い料理や酒をゆったり、そして、リーズナブルに味わえる夜が熱い。ここでは、夜の築地でぜひ足を運んで欲しいヴェニューを6軒厳選して紹介。あのころとはまた一味違った築地を楽しんでほしい。

Things to do

夜の門前仲町ガイド

夜の門前仲町は面白い。江戸時代からの情緒が残るこの下町は、富岡八幡宮や深川不動尊など寺社があることから、昼間は家族連れや観光客で賑わっている。一方、夜になれば、小道に並ぶ無数の居酒屋やバー、小料理屋に明かりが灯り、昼とは違う顔を見せる。良心的な価格で旨い酒や料理が味わえる店が多いことが特徴的で、酒やグルメ好きが集っている。特集では、夕方からのはしごに最適なスポットを紹介する。

Advertising
ナイトライフ

夜の浅草ガイド

年間約5,000万人もの旅行客が訪れる、人気観光地の浅草。19時を過ぎれば、商店街にはシャッターが下り、観光客もまばらになりガランとした雰囲気が漂い始める。近年では『東京オリンピック・パラリンピック』開催に向け、ホテルやホステルが増え、新店も次々にオープンしている。特集では、夕方から深夜にかけて訪れてほしい浅草のスポットを8つ紹介。美しくライトアップされた浅草寺を横目に、夜の浅草探検に出かけよう。

Advertising