注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

ikebukuro-ramen-top
麺屋 六感堂

池袋、定番ラーメン15選

老舗つけ麺、塩ラーメン、絶品味噌、新旧池袋名店15選

作成者: Time Out Tokyo Editors
Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ >池袋、定番ラーメン15選

テキスト:メンチャック

 

池袋というとどんなイメージが浮かぶだろう。埼玉へのゲートウェイ、アニメイト発祥の地、『池袋ウェストゲートパーク』の舞台、立教通り、芸術劇場、ロサ会館、東が西武で西東武、山下達郎の故郷、巣鴨プリズン跡地……。東西南北に広がる街並には様々なタギングができそうだが、ラーメン好きにとってはこの街は『東池袋 大勝軒』で有名なつけ麺の聖地であり、近年は最重要ラーメン激戦区の1つだ。今回はラーメンハンターとともに、池袋エリアで個性を発揮する名店を厳選した。池袋でラーメン クルーズの際には、参照してもらえれば幸いだ。

塩そば専門店 桑ばら

レストラン 池袋
塩ラーメン好きに推薦
池袋駅東口より徒歩5分ほど、首都高速沿いから1本裏手に入った路地にあるラーメン店。屋台のような雰囲気の外観で、インパクトのある看板が目印。メニューは『塩ワンタンそば』(950円)や、『塩つけそば』(800円)、『塩あぶらそば』(800円)、『元祖チャー麺』(400円)など多彩で、日替わりの『裏そば』は、他所ではあまり見かけない一風変わったラーメンを楽しむことが出来る。何を注文するか迷ったら、まずはオーソドックな『塩そば』(700円)を注文してみよう。黄金色に透き通ったスープはあっさりと淡麗ながら、上に浮かんだ鶏油が絶妙な塩梅にマイルドなコクを生み出していて、塩ラーメン好きにはおすすめしたい完成度の高い一杯だ。なお、金曜日は「Night Club☆安澤」として17時からのみ営業、魚介出汁と大山地鶏のダブルスープを使用した『鯵煮干しの塩そば』(700円)などの限定メニューが味わえる。
瞠 池袋本店
瞠 池袋本店

瞠 池袋店

レストラン 池袋
油そば、濃厚魚介ラーメンなら
池袋駅東口を出て5分ほど、首都高速沿いにある油そばが有名なラーメン店。恵比寿にも店舗を構えているが、こちらはその本店。L字型カウンターのバーのようなシックな店内では、化学調味料を一切使用せず、宗田節やサバ節などを大量に使用した濃厚な魚介ラーメンが味わえる。メニューは『濃厚魚介らーめん・つけ麺』(780円)、『煮干次郎らーめん・つけめん』(800円)、『あぶらそば』(800円)などがあり、月替わりの『限定麺』(800円)も提供している。『煮干次郎らーめん』はワイルドに盛られたもやしとネギとは裏腹に、煮干し出汁と豚骨スープがマイルドに交わった上品な味わいの一杯。サイドメニューのイカスミを使用した『黒ドライカレー』(300円)は隠れ人気の一品だ。
Advertising

麺屋武蔵 二天

レストラン 池袋
豚天、鶏天で腹を満たす
都内に数店舗を構える武蔵グループが、池袋駅東口から徒歩2分の裏通りに構える店舗。豚と鶏を長時間煮込み、さらに魚介の旨味を加えた特製スープで味わうつけ麺を提供している。看板メニューは、『二天つけ麺』(1,000円)。香ばしくカリッと揚がった豚天と鶏天、味玉がトッピングされたボリューム満点の一品で、コクのあるスープとソフトな中太麺とのコンビネーションもクセになる。

麺処 花田

レストラン 池袋
池袋を代表する絶品味噌
池袋東口より徒歩5分。激戦区の池袋の中でも、とりわけラーメン店が集中している一角に位置し、常に行列の絶えない人気店だ。黄色を基調とした外観と、ニンニクや野菜増し無料というシステムがラーメン二郎を彷彿とさせるが、実際は全く異なり、池袋を代表する味噌ラーメンを提供している。メニューは『味噌』(790円〜)、『味噌つけめん』(890円〜)、『辛味噌』(790円〜)など。クリーミーで濃厚でありながら、とても滑らかな味噌は美味いの一言。中太縮れ麺は弾力があり、味噌の味をしっかりと吸い上げてくれる。シャキシャキの野菜と白長ネギも麺とスープによく合っている。ニンニク好きは別皿提供のニンニクを追加すると、よりキレが出て、また違った味が楽しめる。クセになる味噌が女性にも人気。
Advertising

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者

レストラン 池袋
川越の名店、都内唯一の店舗
濃厚魚介つけ麺の先駆け的存在で、川越の超行列店、頑者の都内唯一の店舗。池袋の地下街東武ホープセンター内に位置する。つけ麺は『濃厚』と『淡麗』の2本立て(どちらも800円〜)。『濃厚』は圧倒的なゲンコツの量で煮立てたスープ、『淡麗』は鶏ガラで旨みをとり、魚介風味を加えたキレのあるスープだ。麺は平打ちの自家製麺で、つけ汁としっかりと絡み、モチモチでいてツルツルの食感が楽しめる。具材の炙りチャーシューもトロトロで美味しい。魚介系のつけ麺ブームが来る以前より、魚介豚骨のスタイルを築いてきた頑者のDNAをしっかりと感じられる。
おすすめ

    関連情報

      関連情報

        Advertising