ハッピーターンのハッピー王国
Photo: TimeOutTokyoEditors

東京駅一番街にハッピーターンのハッピー王国がオープン

ハッピーターン45周年の記念ショップ、特別商品は「揚げぱん味」

作成者: Genya Aoki
広告

2021年6月2日、亀田製菓は、ハッピーターンのハッピー王国を東京駅一番街の地下1階にある東京おかしランドにオープンした。

同店はハッピーターン45周年を記念したコンセプトショップで、8月30日(月)までの約3カ月間限定の店舗である。『TOKYO限定 スモークハッピーターン』『TOKYO限定 オーブン焼きハッピーターン』などの限定商品や企画パッケージなど、『ハッピーターン』商品が一挙に集結している。

なかでも注目は、45周年記念商品の『揚げぱん味ハッピーターン』。『ハッピーターン』の生地を小麦粉入りの衣でコーティングして、油でカリッと揚げ、砂糖ときなこ入りの「揚げぱん専用ハッピーパウダー」をまぶして仕上げている。甘じょっぱさときな粉の甘みが絶妙な、どこか懐かしさを感じる味わいだ。

「揚げぱん味」は同店で先行販売中。現在はここでしか手に入れることができないが、7月15日(木)からは亀田製菓の公式ネットショップでも発売を開始する。

『揚げぱん味ハッピーターン』
『揚げぱん味ハッピーターン』、同店で商品を買うと、組み立てて遊べるクラフトボードがもれなく付いてくる(右上)(Photo: Time Out Tokyo Editors)

ハッピーターンだけでなく、クッションやエコバッグなどターン王子のオリジナルグッズも7月15日(木)以降に同店で発売予定だ。ファンは忘れずにチェックしよう。

また、亀田製菓はハッピーターン45周年を記念して「みんなでつくる、WEB CM『Happy Movie Project』」という企画動画を特設サイト内で配信している。この動画は、4月20日から5月6日の間にSNS上で「しあわせとは、◯◯だ。」というクリップとともに「今の時代に、みんなが抱く『しあわせ』を、◯◯に写真や動画も添えてあなたなりのコトバを書いて応募しよう」という問いかけ形式で募集されたもの。

その投稿の中から、選ばれた写真や動画(約100点)をつなぎ合わせて作成。ミュージシャンの藤巻亮太が、同動画のために書き下ろした楽曲『花びらのメロディー』に乗ってスライドされていく映像と言葉に、思わずうるっときてしまう。全国のさまざまな人が感じる小さな幸せを受け取れば、少しだけ自分の中にあるハッピーな気持ちもよみがえってくるかもしれない。

『ハッピーターン』の詳細情報はこちら

関連記事

マクドナルドのレトロなキャラクターが期間限定でパッケージに登場

BTSがマクドナルドとコラボ、「BTSミール」を世界展開

リニューアルした渋谷 東急フードショーに新感覚スイーツが登場

渋谷109に「ヤクルトのアイス屋さん」が期間限定オープン

星乃珈琲店とパンの田島がコラボした「たっぷリッチパンケーキ」が話題

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告