Tokyo Olympics, Daiki Hashimoto, Gymnastics Men's All-Around Final
Photo: Laurence Griffiths/Getty ImagesDaiki Hashimoto of Team Japan celebrates winning gold during the Men's All-Around Final

体操男子個人総合で橋本大輝が金メダルを獲得

同種目で日本は3大会連続

https://media.timeout.com/images/105811810/image.jpg
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

東京オリンピックで日本人選手の素晴らしい活躍が続いている。2021年7月28日に行われた体操男子個人総合決勝で、19歳の橋本大輝が金メダルを獲得した。2012年のロンドン、2016年のリオデジャネイロ大会で優勝した内村航平に続いての3連覇だ。日本勢同種目初となる10代の優勝で、橋本は団体の銀メダルに加え、今大会2つ目のメダルを手にした。

24日に行われた男子予選で橋本は、平行棒と鉄棒で15点台の高得点を獲得。世界選手権金メダリストのロシアオリンピック委員会のニキータ・ナゴルニー(Nikita Nargony)らをおさえて、個人総合のトップで予選を通過した。

決勝で橋本は序盤のゆか、あん馬で好スタートを切る。中盤のつり輪、跳馬でミスが出たものの、残り2種目で立て直し、最終種目の鉄棒で高得点を出して逆転。6種目の合計88.465点で、2位に中国の肖若騰(シャオ・ルオテン)、3位はROCのニキータ・ナゴルニー、日本人選手の北園丈琉(きたぞの・たける)は5位となった。

次回のオリンピック体操競技は、7月29日(木)19時50分から女子総合決勝が行われる。

関連記事

大阪、LGBTQ+フレンドリーなホテル&ツアー5選

東京2020オリンピック、獲得メダル数速報

水谷隼と伊藤美誠ペアが日本卓球史上初の金メダルを獲得

初採用のスケートボードで堀米雄斗が史上初の金メダルを獲得

世界のアスリートたちが選手村の食事を絶賛、24時間営業の食堂とは

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告