コオロギビール
Photo: Hiroki Yamaguchi/Design: タカキアキラ

コオロギ原料クラフトビールがオンラインショップを開設

アントシカダの人気商品、昆虫ビールを自宅で堪能

テキスト:
Hayashi Hisato
広告

昆虫食をけん引し、馬喰町に実店舗を持つアントシカダANTCICADA)が、コオロギを原料にした人気のクラフトビール『コオロギビール』のオンラインショップを開設した。

進化する昆虫ビールの世界

コオロギビール/Cricket Dark Ale』は、こだわりの国産コオロギを丁寧に焙煎(ばいせん)した黒ビール。コーヒーやカカオ、カモミールのような香りに苦味とコク、キャラメルのような風味があり、コオロギの香りとうま味が引き出されている。

コオロギビール
ローストしたフタホシコオロギとモルトの様子

原料のフタホシコオロギは、太陽グリーンエナジ―社の社食で使用する野菜の端材などを餌に育てられ、収穫後も丁寧な洗浄と熱処理を加えられているという。エコで安全な調理方法を聞けば、虫と聞いて顔をしかめる人も安心して飲めそうだ。

『コオロギビール/Cricket Dark Ale』
『コオロギビール/Cricket Dark Ale』

今回は初回製造分の完売後、たくさんの要望に応えてレシピに修正を加えた新作としてリリース。4本セット(4,600円)〜12本セット(1万1,640円)まで、送料別で販売している。ビールの持つ香ばしさと、お気に入りのつまみのペアリングを自宅で試してみるのもいいだろう。おすすめはビターチョコやコーヒーナッツ、ドライフルーツなど、好みのものを見つけてほしい。

オンラインショップの詳細はこちら

関連記事

ゲテモノなんて言わせない! 世界初「コオロギビール」の先行販売

カイコのさなぎが食材? シルクソーセージで大人の自由研究をたしなむ

緊急事態宣言、2週間から1カ月延長の方向で調整

日本橋のアートホテルで、宿泊型音楽イベントが開催

SNSで話題のロシア食品の専門店、赤の広場が銀座にオープン

最新ニュース

    広告