原料となる蚕のサナギ(国産)
原料となる蚕のサナギ(国産)

カイコのさなぎが食材? シルクソーセージで大人の自由研究をたしなむ

昆虫食界をけん引するアントシカダの新商品が発売

Advertising

2020年6月4日、「ムシの日」からプレオープンしたアントシカダアント(アリ)、シカダ(セミ)の名前を併せた店名は、代表の篠原祐太率いる同名のクリエーターチームが手がけており、昆虫食界をけん引するレストランだ。

これまでにも2015年にラーメン凪と共同開発をしたコオロギラーメンや、渋谷パルコでコオロギを原料に使用した世界初のクラフトビール、『コオロギビール/ Cricket Dark Ale』のポップアップイベントを行ってきた。そんなアントシカダが、このほどカイコ(蚕)のさなぎを使用した『シルクソーセージ』の販売を始めた。

ナッツのような香ばしさの滋味深いソーセージ

シルクソーセージ

 

シルクソーセージ

 

ソーセージはカイコの繭のようなかわいらしい丸みを帯びたサイズ。原料は豚肉、生クリーム、卵白、タマネギ、カイコのさなぎに、ニンニクや香辛料、牛乳などを使用。豚肉やカイコのさなぎは国産の品、濃厚な生クリームと卵白を贅沢に使うことでシルクのようにきめ細かい食感となっている。

広島に店を構えるソーセージ専門店のドットコミュ(.comm)との出合いから生まれた本品は、オンラインショップとアントシカダの店舗(毎週日曜11〜21時)で販売中だ。

蚕が持つ、食材の可能性

山梨県アシザワ養蚕

 

山梨県アシザワ養蚕

 

近年、サステナビリティの観点や栄養価の高さから注目を集める昆虫食。アントシカダは、先日発売し即完売となった、(サンシャ=蚕のフン)の蒸留酒をはじめ、カイコのさなぎを使ったフードや『蚕の佃煮』『蚕沙タピオカミルクティー』など、カイコにまつわる商品の開発と販売を行ってきた。食材としての蚕の可能性とともに、現在担い手が激減している養蚕農家を応援したいという思いもあるようだ。

古くから人間と深く関わりを持ってきた蚕

 

古くから人間と深く関わりを持ってきた蚕

 

コロナ禍でどこにも行けない夏だからこそ、身近な昆虫たちに目を向けるのも一つの楽しみかもしれない。この夏は大人の自由研究として、シルクソーセージを味わってみてはいかがだろうか。

オンラインショップの詳細はこちら

関連記事 

【閲覧注意】東京、虫喰い5選

ゲテモノなんて言わせない! 世界初「コオロギビール」の先行販売

金沢のチャンピオンカレーがロサンゼルスに旗艦店をオープン』 

「ネパールに落ちた」店主の新店が豪徳寺にオープン

コーヒー味のコーラ? アメリカで2021年に発売へ

Share the story
最新ニュース
    Advertising