1/2
Photograph: Clay Enos/Warner Bros.
2/2
(c)DREAM FACTORY, Travis Wei

2020年に公開が待ちきれない映画20選

「デューン」や「007」、ジブリの名作の実写化まで……

作成者: Mari Hiratsuka および Time Out London editors
Advertising

タイムアウト東京 > 映画 > 2020年に公開が待ちきれない映画20選

2020年は新しい10年が始まるだけではなく、多くの大作映画が公開される年でもある。昨年『スターウォーズ』のスカイウォーカー サーガは完結してしまったが、SFファンは物足りなさを感じることはないはず。

映画『ブレードランナー2049』を手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴは、フランク・ハーバート原作で数々の監督が挑戦したSF小説のリブート『デューン 砂の惑星(第1部』を発表、クリストファー・ノーランによるタイムトラベルを題材にした『TENET テネット』も公開予定だ。

そしてSFばかりではなく、誰もが大好きなイギリスのスパイ映画シリーズもカムバックする。ここでは、タイムアウトロンドンが発表した注目作品に、邦画も加えて紹介したい。

ポップコーンを食べながらリストをチェックしてみよう。

原文はこちら

パラサイト 半地下の家族

公開日:2020年1月10日公開

監督:ポン・ジュノ

独創的でダークな面白さがある、映画『オクジャ』などで知られるポン・ジュノが監督した本作は、昨年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したほか、今年のアカデミー賞で4冠を手に入れた。チェ・ウシクが、ソウルの裕福な家庭に飛び込む若者を演じている。

© 2019「恋恋豆花」製作委員会

恋恋豆花(れんれんどうふぁ)

公開日:2020年2月22日

監督:今関あきよし

近年、日本人に人気の旅行地、台湾。本作では、父の再婚相手となぜか台湾旅行をすることとなった主人公を描き、劇中では、魅力的なスイーツやグルメ、観光スポットが登場。彼らとともに旅をしているような気分が味わえるだろう。主演はモデルで女優のモトーラ世理奈が務める。

Advertising
©️2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD - Wild Bunch / ReallyLikeFilms

ロングデイズ・ジャーニー 夜の涯て

公開日:2020年2月28日

監督:ビー・ガン

中国の新世代監督ビー・ガンの第2作。本編の後半60分には、3Dでのワンシークエンスショットが盛り込まれており、観客も3Dメガネを装着し、主人公が映画館に入り、現実と記憶と夢が交錯する世界を共に体験することができる。この斬新な演出にも注目したい。日本では、『第19回東京フィルメックス』で学生審査員賞を受賞した。

なお、初監督作品の『凱里ブルース』も4月18日より全国公開予定だ。

Photograph: Disney/Pixar

2分の1の魔法

公開日:2020年3月13日

監督:ダン・スカンロン

注意:ハイコンセプトなピクサー作品

抜かりないスタジオピクサーによる、新しい魔法の物語。2人の兄弟が死んだ父親を取り戻そうとする展開で、あらすじを少し見ただけで、ワクワクが止まらなくなる。本作は、完全な新作であることに充実感を感じられる、ピクサーのプロジェクトと言える。

Advertising
(C)SHINCHOSHA

三島由紀夫vs東大全共闘

公開日:2020年3月20日

監督:豊島圭介

1969年5月、東京大学駒場キャンパスで行われた、三島由紀夫と東大全共闘との討論会を軸にしたドキュメンタリー作品。この2時間半にわたる討論会では、「自我と肉体」「他者の存在とは?」「自然対人間」など12のテーマが論じられた。本作では、討論会の全貌のほか、平野啓一郎、内田樹、瀬戸内寂聴、椎根和ら登場し、三島の人物像を探っていく。

Photograph: Danjaq, LLC and MGM

ノー・タイム・トゥ・ダイ

公開日:2020年4月10日

監督:キャリー・フクナガ

ジェームズ・ボンドの新作映画は常に大事件だ。おそらくダニエル・クレイグのボンドが見納めとなるこの25作目は、フィービー・ウォーラー=ブリッジが脚本を担当し、ロンドン出身のラシャーナ・リンチ(映画『キャプテン・マーベル』など)が出演する。

Advertising
(C)2020 映画『糸』製作委員会

公開日:2020年4月24日

監督:瀬々敬久

歌手、中島みゆきの名曲『糸』をテーマにした作品。平成元年生まれの男女が出会い、別れ、平成の終わりに再び巡り合うまでの18年間を描く。北海道をはじめ、東京や沖縄、シンガポールなど、さまざまな地域を舞台に物語が進んでいくのも見どころだ。

©️Pascale Montandon-Jodorowsky

ホドロフスキーのサイコマジック

公開日:2020年4月24日

監督:アレハンドロ・ホドロフスキー

映画『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』などで知られる、アレハンドロ・ホドロフスキーの新作。彼自身が考案した心理療法「サイコマジック」の、実際の診療の様子を紹介する映画体験だ。

※サイコマジックとは、ホドロフスキーが独自に提唱する心理療法。芸術や禅、神秘主義、近代哲学を融合した思想で、心の問題を癒すことを目的としている。

関連記事インタビュー:アダン・ホドロフスキー

Advertising

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

公開日:2020年6月27日

監督:庵野秀明

『エヴァンゲリオン新劇場版』シリーズ4部作の最終章がついに公開。監督と脚本、原作はもちろん、庵野秀明だ。待ちわびたファンからの多くの歓喜の声が挙がっている。

Photograph: Clay Enos/Warner Bros.

ワンダーウーマン1984

公開日:2020年6月

監督:パティ・ジェンキンス

パティ・ジェンキンスが監督する、『ワンダーウーマン1984』。ニューオーダーやパーマ、ネオンらの素晴らしい楽曲が輝く。ワンダーウーマンが、1980年代にタイムスリップする本作では、ガル・ガドット、クリステン・ウィグが出演する。

Advertising
(c)DREAM FACTORY, Travis Wei

シャドウプレイ

公開日:6月下旬

監督:ロウ・イエ

検閲と闘いながら、変わりゆく中国の現代を描き続けてきた映画監督、ロウ・イエの新作。2013年の広州市で起きた汚職事件を巡る騒乱をベースとした新作『シャドウプレイ』では、時代に翻弄される人々の欲望や感情を描く。

(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トップガン:マーヴェリック

公開日:2020年7月10日

監督:ジョセフ・コジンスキー

1986年に公開されたヒット作『トップガン』。トム・クルーズが主演を務め、スターダムに上り詰めるきっかけとなった作品だ。『トップガン:マーヴェリック』はその正式な続編。世界有数の操縦士に協力を仰いだという、迫力の飛行シーンも見どころ。マーヴェリック役のトム・クルーズとアイスマン役のヴァル・キルマーらが続投している。

Advertising

耳をすませば

公開日:2020年9月18日

監督:平川雄一朗

スタジオジブリの名作『耳をすませば』が、俳優の清野菜名と松坂桃李が出演し実写映画化される。雫と聖司の10年後のオリジナルストーリーを交えた新たな物語となるようだ。

Photograph: Melinda Sue Gordon/Warner Bros.

TENET テネット

公開日:2020年9月18日

監督:クリストファー・ノーラン

クリストファー・ノーランの新作『TENET テネット』は、タイムトラベルを題材にした、大作スパイ映画。ドキドキして息が荒くなりそうな作品だ。ジョン・デヴィッド・ワシントンは、第三次世界大戦を阻止しようとするヒーローとして中心的役割を果たす。そのほか、エリザベス・デビッキ、ロバート・パティンソンが出演。

Advertising

浅田家!

公開日:2020年10月2日

監督:中野量太

写真家、浅田政志の写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』を原案とした家族ドラマ。監督は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太だ。写真界の芥川賞とも呼ばれる『第34回木村伊兵衛写真賞』を受賞した、浅田の戸惑いを家族が支えていくさまを描く。浅田役は二宮和也、その兄役を妻夫木聡が務める。

Photograph: A24

ザ・ライトハウス

公開日:2020年

監督:ロバート・エガース

映画『ウィッチ』などで知られるロバート・エガースのモノクロのゴシックスリラー。幻想的な美しさがあり、ウィレム・デフォーとロバート・パティンソンが狂気に陥っていく様が描かれている。

Advertising
(C)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.

チィファの手紙

公開日:2020年秋

監督:岩井俊二

松たか子、福山雅治らを迎えて2020年1月に公開された『ラストレター』。この作品の前に制作された『チィファの手紙』は、同じ自身の小説を原作に中国で製作した、もう一つの作品だ。岩井にとっては初の中国映画となる。

Photograph: Patti Perret

Bill & Ted Face the Music(原題)

公開日:日本公開未定

監督:ディーン・パリソット

音楽は誰と聞いても楽しいものだが、キアヌ・リーブスやアレックス・ウィンターと一緒に音楽と向き合うのは、もっと楽しいかもしれない。前作『ビルとテッドの大冒険』から30年を経て完成した続編『Bill & Ted Face the Music』では、象徴的な南カリフォルニアのアホコンビが中年となって登場する。ちなみに、2人は年を重ねて賢くなっているわけではないよう。ワイルド スタリオンズ(Wyld Stallyns)は、再びギターの花火で世界を救うよう求められる。

Advertising
Photograph: Featureflash Photo Agency/Shutterstock.com

デューン 砂の惑星

公開日:日本公開未定(アメリカ公開2020年11月20日)

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

映画『ブレードランナー2049』を監督したドゥニ・ヴィルヌーヴは、古典的なSF小説を興味深く展開させる。2部作の前半となる『デューン』を手がけた。本作には、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ティモシー・シャラメらが出演する。

ミッドナイトスワン

公開日:未定

監督:内田英治

Netflixオリジナル作品『全裸監督』で、2019年の話題をさらった内田英治の新作。草なぎ剛がトランスジェンダーの主人公を演じ、親戚の娘を引き取ったことから始まる、切ない疑似母子の姿を描き出す。

映画を見るなら

豪華なシートがある映画館5選

映画

ホームシアターが当たり前になった昨今。映画館はというと、自宅では味わえないより特別な体験を提供すべく日々進化している。IMAXや4DXなど上映システムの発展が目覚ましい一方で、鑑賞スタイルも選択肢が増えている。 ここに紹介する映画館では、革張りのリクライニングシート程度は当たり前で、鑑賞前後の時間を専用ラウンジでシャンパンを飲みながら過ごせるプランや、家族みんなで寝っ転がれるフラットシート、カップルシートだけの劇場など、ほかにはない映画体験が味わえる。記念日や家族サービスに、はたまたデートの誘い文句に最適な、都内および東京近郊の映画館を紹介しよう。

CINEMA AMIGO
okamabu

おしゃれなカフェレストランがある映画館

映画

東京の映画館には、美味い料理が味わえるレストランが併設されたものも多い。ここでは、日替わりシェフの味が楽しめる店や、ミシュラン二つ星を獲得したことがあるフレンチレストランなど、映画を見るかどうかに関わらず訪れたい、落ち着ける店を紹介する。鑑賞後にゆっくり食事をしながら余韻に浸るのもよし、上映前に軽く食事を済ますのもいいだろう。

Advertising

渋谷の映画館リスト

映画館

東京の流行の中心地であり、混沌とした魅力を持つ渋谷には、意外と多くの映画館が集まっている。ここでは、最新設備が整ったシネマコンプレックスや、アート性の高い作品に絞った上映を行う映画館、レストランも併設されたミニシアターなど、渋谷にある映画館を10軒紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising