おしゃれなカフェレストランがある映画館

ミシュラン二つ星のフレンチや日替わりシェフ、中東系料理など、映画館で本格派を味わう
CINEMA AMIGO
okamabu
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

タイムアウト東京 > 映画 > おしゃれなカフェレストランがある映画館

東京の映画館には、美味い料理が味わえるレストランが併設されたものも多い。ここでは、日替わりシェフの味が楽しめる店や、ミシュラン二つ星を獲得したことがあるフレンチレストランなど、映画を見るかどうかに関わらず訪れたい、落ち着ける店を紹介する。鑑賞後にゆっくり食事をしながら余韻に浸るのもよし、上映前に軽く食事を済ますのもいいだろう。

映画館, インディペンデント系映画館

ミシュラン二つ星のフレンチを味わう

icon-location-pin 阿佐ヶ谷

ラピュタ阿佐ヶ谷:山猫軒

日本のインディーズ映画からほかの映画館では決して公開されないような異色作まで、あらゆる作品を上映する小さな映画館ラピュタ阿佐ヶ谷。この不思議なビルの3、4階にあるのが、本格フレンチレストランの山猫軒だ。ランチ、ディナータイムともに手頃な価格設定で、平日のランチは2,100円からコースメニューが味わえる。

映画館

多国籍料理で余韻にひたる

icon-location-pin 渋谷

アップリンク:タベラ

渋谷の奥にある、音楽やアートに所縁のある作品を多く上映しているミニシアター。アレハンドロ・ホドロフスキーの『エンドレス・ポエトリー』や、グザヴィエ・ドラン『トム・アット・ザ・ファーム』などの配給も手がける、映像制作・配給会社のアップリンクが運営している。1階には、多国籍なメニューが楽しめるカフェレストランのタベラもあり、主に中東系の料理を提供。平日のハッピーアワー(15〜17時)には、ビールやグラスワインなどを250円で味わえるのも見逃せない。

Advertising
CINEMA AMIGO
okamabu
映画館, インディペンデント系映画館

日替わりシェフのランチを味わう

icon-location-pin 逗子

シネマアミーゴ:シネマアミーゴ カフェ&バー

逗子海岸から徒歩1分、潮の香りが漂うシネマカフェ。一軒家を改築して2009年にオープンした。上映作品は、新作を中心に週替わりだ。併設されているカフェバーでは、ランチタイムに日替わりのシェフによる地元の野菜や海の幸を使った料理を提供するほか、アルコールメニューも豊富。天然菌での酒作りをしている寺田本家の日本酒やビオワインなども揃えている

映画館

チープで美味いピザにする

icon-location-pin 立川

立川 シネマ ツー:シネマカフェ ピッツェリア・バール・カフェ

1994年にオープンした、シネマコンプレックス立川シネマシティ。ベテラン音響家が綿密な調整をして音楽の魅力とアクションの迫力を引き出し、大音量で上映する『極上爆音上映』や『極上音響上映』が魅力の映画館だ。1階には、広々としたシネマカフェ ピッツェリア・バール・カフェがあり、窯焼きの薄生地ピザを味わえる。ランチメニューは、ドリンクとサラダがついたピザのセットを1,000円から楽しめる。クラフトビールやワインなどのアルコール類も充実している。

Advertising
映画館, インディペンデント系映画館

カフェメニューをのんびり味わう

icon-location-pin 東中野

ポレポレ東中野:cafe/ポレポレ坐

東中野駅すぐの場所にあるミニシアター。社会へのメッセージ性が強い作品を上映している映画館だ。併設のカフェには、地元の人も多く訪れ、オープン時間から賑わっている。食材は、障がいを持つ人と一緒に暮らしながら農業を営む共働学舎のソーセージやひき肉などを使用している。メニューは『キーマカレー』が人気で、スパイスの効いたチャイを合わせるのがおすすめだ。

映画館, インディペンデント系映画館

ランチタイムはここに行く

icon-location-pin 渋谷

キノハウス:カフェナイン

ミニシアターの草分け的存在であるユーロスペースをはじめ、渋谷唯一の名画座シネマヴェーラ渋谷、イベントスペースのロフト9などが入居する、キノハウス(KINOHAUS)。1階には、ロフト9のイベントがない昼から夕方まで営業しているカフェ9がある。映画館に持ちこめるフィッシュ&チップスや小倉トーストなどの軽食から、ロコモコ、牛すじカレーまであり、しっかり食べたい時にも重宝する。

Advertising
映画館, インディペンデント系映画館

映画談義に花を咲かせる

icon-location-pin 横浜

シネマノヴェチェント:トラットリア バー レストラン

客席数28席の小規模な劇場だが、骨太なプログラムと、35ミリと16ミリフィルム上映にこだわる映画館シネマノヴェチェント。トラットリアも併設しており、観賞前や後にアルコールや軽食を楽しむことができる。飲食のみの利用ももちろん可能なので、スタッフや常連客たちとディープな映画談義に花を咲かせるのも良いだろう。

最新設備で映画を見るなら……

映画

東京、最新設備の映画館

家で映画を見るのもいいが、究極の没入感と映画本来の音を体感したいなら、最新設備を備えた映画館に行こう。座席が動き、風が吹き付けるなどアトラクション感覚で楽しめるMX4Dや、270度に広がるスクリーンScreenx、映画『マッド・マックス』のためにメイヤーサウンドのスピーカーを追加導入した映画館など、究極の映画体験をできる場所を紹介する。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com