1/6
Photo: Darren GoreKoganecho-Hinodecho Arts District
2/6
Photo: Site-A Gallery Beneath the RailwaysSite-A Gallery Beneath the Railways
3/6
Photo: Darren GoreKoganecho-Hinodecho Arts District
4/6
Photo: Darren GoreKoganecho-Hinodecho Arts District
5/6
Photo: BankART1929BankART Station
6/6
Photo: Darren GoreKoganecho-Hinodecho Arts District

横浜で行くべき10のアートスポット

京急の高架下にあるギャラリー、BankARTを引き継いだ地下施設、眼科医が経営するミュージアムなど

作成者: Time Out editors
Advertising

タイムアウト東京 > アート&カルチャー > 横浜で行くべき10のアートスポット

テキスト:ダレン・ゴア

横浜はアートに関しては長い歴史がある。1859年に横浜が開港したとき、横浜の絵師たちは横浜にやって来た西洋人たちを風変わりな顔とエキゾチックな衣服で描き、錦絵の一ジャンル『横浜絵』を生み出した。最近では、横浜のクリエイティブなシーンはさらに成長を続け、東京と肩を並べるほどになっている。

現在横浜のアーティストやコミュニティーのグループは、大きな美術館にとどまらず、以前にはあまり関心を持たれていなかった地域をクリエーティブなアートの中心地へと変えている。今や横浜の黄金町と日ノ出町は秋にアートフェスティバルの『黄金町バザール』を開催している、見逃せない芸術文化の中心地の一つだ。その中でも、カフェやバーはリラックスした雰囲気を醸し出して、アートの愛好家たちを引きつけてやまない。本記事では横浜のアートシーンとして最適な、いくつかのスポットを紹介していく。

ヨコハマトリエンナーレ2020を楽しむ5のこと

横浜アート
横浜アート
Photo: Darren Gore

黄金町と日ノ出町のアートエリア

横浜の黄金町駅と日ノ出町駅の間の高架鉄道の両側を走る二つの細い通りの中には、80ほどの雰囲気の良いアーティストスタジオが、おしゃれなギャラリー、バー、飲食店などと一緒に点在している。

これらの通りに並ぶ店舗は何十年にもわたって違法な風俗店として営業をし、そのためにこのエリアは悪名高いエリアとなっていたが、2005年に最後の違法風俗店が警察により閉鎖。その後は、芸術を愛する地元市民らが『黄金町エリアマネジメントセンター』と呼ばれる非営利組織を結成し、廃屋となっている建物をスタジオやギャラリーにすることを提案した。

Gallery Made in Koganecho、MZ artsなどのギャラリーには展示スペースがあり、アーティストのスタジオが並ぶ様子も壮観。多くのスタジオには通りに面して窓があり、アーティストが制作している様子を見ることができる。さらに、黄金町『アーティスト・イン・レジデンスプログラム(AIR)』専用のスタジオが定期的に公開され、一般の観光客も自由に訪問が可能。この地域を訪れるなら、黄金町バザール』が開かれる秋が最適だろう。

gallery made in koganecho
gallery made in koganecho
Photo: Darren Gore

ギャラリーメイドイン黄金町

アート 黄金町

日の出町駅を出て最初に出合うギャラリーとなるギャラリーメイドイン黄金町(Gallery Made in Koganecho)は、黄金町〜日ノ出町の芸術地区を活気あふれる現代アートの拠点へと変えようとしているグループが運営するギャラリーのうちの一つだ。

地元と関係があるクリエーターや黄金町アーティストインレジデンスプログラム(AIR)に参加するクリエーターの作品の展示を目的としている。横浜のアートシーンは非常に豊かで多様であり、ここでも壁に掛けられた絵画からインスタレーションまで、あらゆる形のアートを体験できるのだ。

映像が上映される際には、フロアスペースの多くの部分がクッションで一杯となってギャラリーは一時的に快適な映画館にも変わる。

Advertising
MZ arts
MZ arts
Photo: Darren Gore

エムジィーアーツ

アート 黄金町

この小さな独立したギャラリーは、線路の下にあるほかの展示スペースやスタジオと比べ高尚な雰囲気で、この地域の陽気で若さにあふれたアートシーンに洗練された空気を加えてくれる。

以前はアート好きの公務員だった、気さくな雰囲気のオーナー兼ディレクターの仲原正治は、黄金町〜日ノ出町エリアを抜本的に再生するために、サラリーマンを辞めて自分のギャラリーを開いたという。

ここで開かれる、主に地元とのつながりを持つアーティストによる展覧会では、絵画、写真、オブジェなどの現代美術から時代に左右されないガラス製品や陶磁器まで、さまざまな作品が展示されている。

laugh park
laugh park
Photo: Laugh Park

ラフパーク

アート 黄金町

店の壁にたくさんのストリートアートが描かれたコンパクトなカフェバーのラフパーク(Laugh Park)は、線路下の狭い通り沿いにある、のんびりとした雰囲気で使い古された家具があふれる多くのスタジオの中にある。以前は合法性が疑わしい風俗店が並んでいたこのエリアを活性化させたアートシーンの中心となる店舗だ。

ファンキーなアートが描かれた店の壁に加え、定期的に展示会や、大抵はDJが音楽を流して行うライブペインティングセッションが開催される。また、地元のクリエーティブな人が酒を飲みに来る店にもなっている。ドリンクは、豊富な種類のウオッカ、ビールや梅酒、日本酒など15種類を提供し、フードメニューではオムライスなどの定番のメニューが楽しめる。

Advertising
高架下スタジオSite-Aギャラリー
高架下スタジオSite-Aギャラリー
Photo: Site-A Gallery Beneath the Railways

高架下スタジオSite-Aギャラリー

アート 黄金町

高架下スタジオSite-Aギャラリーは黄金町と隣の日ノ出町を変革し、かつて横浜のあまり好ましくない地区の一つを活気のあるアートの中心地へと変えた黄金町エリアマネジメントセンターが開いた、もう一つのギャラリーだ。

天井が高く、広々とした空間は、京急線の真下にあることを忘れてしまうほど明るく、風通しも良い(ただし、電車が頭上を通過するとギャラリー全体がわずかに揺れる)。このギャラリーは2011年にスタジオスペースに改装され、2015年にギャラリーとしてオープン。以来、若いアーティストからベテランまでさまざまな現代アート作品の展示を精力的に行っている。

tinys living hub
tinys living hub
Photo: Darren Gore 

タイニーズリビングハブ

アート 黄金町

黄金町〜日ノ出町のたくさんのアートスタジオの中にあるカフェ&バーラウンジのタイニーズリビングハブ(Tinys Living Hub)では、大岡川を見下ろすことができる開放的な木製テラスでこたつに入って寒い季節でも食事を楽しめる。毛布も付いているので、足をこたつに入れたまま、床に座って乾杯するのもいい。

ガパオライスやハンバーガーなども提供しており、空腹を満たしてくれる。夕方になると、メニューは岩手県産の牛肉をはじめとする肉料理(ディナーは予約がおすすめ)がメインに。すでに一杯飲んでいるときには、タイニーズリビングハブ自慢のオリジナルクラフトビール『YUKIDOKE』を味わってみてほしい。

Advertising
Photo: BankART1929
Photo: BankART1929
Photo: BankART1929

バンカートステーション

アート みなとみらい

横浜の新高島駅に直結した、このコンクリートの貯蔵庫のような空間は、BankART1929の新しい拠点となっている場所。BankArt1929はこれまでに10年以上を費やして、横浜の海岸地域を創造性とアートの中心地として再開発することに取り組んできた非営利団体だ。

電車のバイパスとして建設され、その後地下倉庫として数十年にわたり使われてきたこの1000平方メートルのスペースは、BankArt Studio NYKが惜しまれつつ閉鎖された後、BankART1929の主要な多目的イベントスペースとして機能するように改装された。

展覧会、ワークショップ、シンポジウムなどのイベントプログラムを行う広大なメイン​​スペースに加え、隣接する地下通路はパブリックアートスペースになっている。この使われなくなった歩行者用の地下通路は、通路全体にわたる映像、写真、インスタレーションなどで歩行者たちを驚かせてくれるのだ。

Launch Pad Gallery
Launch Pad Gallery
Photo: Launch Pad Gallery

ローンチパドギャラリー

アート 横浜

ローンチパドギャラリー(Launch Pad Gallery)は、中村川のすぐ南にある石川町地区の閑静な場所に位置し、写真家兼画家のフレッド・ベー(Fred Vee)と地元生まれの版画家リン・リュー(Ling Liu)の二人によって2014年にオープン、グローバルなアートシーンで横浜の知名度を上げるために精力的に取り組んでいる。

二人は、しばしば敷地内にいる二匹の猫と一緒に日本および世界中の新進気鋭のアーティストの作品を展示してきた。これまでにアメリカ、ヨーロッパ、南アフリカなどのアーティストが展示しており、適度な広さのギャラリースペースのおかげで、壁に掛けられた作品を間近に体験できる。それぞれの展覧会は2週間という長さなので、いつも新しい作品を見られる。

Advertising
Fei Art Museum Yokohama
Fei Art Museum Yokohama
Photo: Ulin Miura

フェイアートミュージアムヨコハマ

アート 横浜

横浜駅西口から徒歩6分の場所にある広大なアートギャラリーのフェイアートミュージアムヨコハマ(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA)は、美しい作品がモノを見る目と心を涵養(かんよう)すると考えている。ギャラリーの設立者である深作秀春は、特にこの「目」に関する知識が非常に豊富だ。深作は深作眼科医院の代表であり、経験豊富な眼科医、芸術愛好家、そして画家でもあるからだ。

洗練された現代的なデザインは2012年のオープン以来変わらず、視覚的、感情的にインパクトを与える個展やグループ展のプログラムを開催している。取り上げるジャンルも非常に多岐にわたり、最近ではリトアニア出身のアーティストTadaocernがたくさんの不気味な黒い風船でギャラリーの中を埋め尽くし、日本人ダンサーが新しい解釈の『ロミオとジュリエット』を演じたショーなども知られている。

Yokohama Civic Art Gallery Azamino
Yokohama Civic Art Gallery Azamino
Photo: Yokohama Civic Art Gallery Azamino

横浜市民ギャラリーあざみ野

ミュージアム 神奈川

横浜中心部の北に位置するこの広大なギャラリーは展示スペース、スタジオ、音楽室、キッズ専用エリアなどを備え、ただのシンプルなギャラリー以上の存在感をもって横浜の創造的な活動の中心地となっている。海に面した街である横浜の住民が、創造的な作品に出合える場所として有名であり、観光客や日本語が分からない人も楽しめる多くの作品を展示している。

毎年、三つの主要な展覧会が開催されており、その一つは最先端の現代美術、写真、子ども向けの芸術を扱ったものだ。これらをさまざまなイベントプログラムが補っており、農家の市場と地元の職人が作った商品を売る露店を組み合わせた『あざみ野アートワゴン&マルシェ』がその中のハイライトの一つとなっている。

最新アートニュースを読むなら

A woodblock print featuring a giant wave. A snow capped mountain is in the distance.
Photograph: National Gallery of Victoria

葛飾北斎の失われた作品が、大英博物館のオンラインで公開

ニュース アート

世界で最も有名な絵の一つ、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』はあらゆる場所へ広まっていて、トートバッグやポスター、スマホケース、ビスケット缶などにも使われている。その遍在性、どこにでもあるということは、北斎が意図したものでもある。

日本の偉大なアーティストである彼は、1829年ごろから1833年ごろまで、作品をできるだけ多くの人に見てもらうことを考えて木版画を制作。それが功を奏し、19世紀から現在まで絶大な人気を誇っている。北斎は、まさにアート界のスーパースターなのだ。

 

Katsushika Hokusai, 1829. © The Trustees of the British Museum

 

Katsushika Hokusai, 1829. © The Trustees of the British Museum

 

 

 

しかし、北斎のように有名な作品があるアーティストには、ほかの作品があまり知られていないという問題がつきまとう。北斎の「波」以外の作品も見事だからゆえ、とても残念なことだ。

だが、大英博物館は違った。彼らは2020年9月4日、北斎の103枚にもおよぶ「失われた作品」の購入を発表したのだ。その作品群は2019年に再発見されるまで70年以上もの間、所在が不明であった。

作品に描かれているのは、神話の題材、物語の人物、作家、動物、花、風景など、素晴らしいものばかり。これらの作品は大英博物館がオンラインで公開している。さらに画面下の「この画像を使用する(Use this image)」タブをクリックすると、非商用利用に限って無料で画像をダウンロードできるのだ。まさに「ウェーブ」をしたくなるほど、うれしい話題だ。

原文はこちら

関連記事

すみだ北斎美術館を知る6のこと

北斎生誕260年記念事業 北斎ゆかりの地を巡る“リモート”旅

ウサギの穴から不思議の国へ、ロンドンでアリス展が開催

ロンドンのジャズカフェ、危機を乗り越え営業再開

ロンドンにローリング・ストーンズのショップがオープン

Yoko Ono banners Metropolitan Museum of Art
Photograph: Yoko Ono (b. 1933, Japan), DREAM TOGETHER, 2020, installed at The Metropolitan Museum of Art © Yoko Ono. Image credit: The Metropolitan Museum of Art, Photo by Anna-Marie Kellen.

オノ・ヨーコ、新作をメトロポリタン美術館の入り口で公開

ニュース アート

来館者を2020年8月29日(土)から再び迎えることを記念し、メトロポリタン美術館のファサードに、新たにオノ・ヨーコが制作したバナーが設置された。

新型コロナウイルスの世界的な大流行を受け作られたこの作品のタイトルは『DREAM TOGETHER (2020)』。縦約7.3メートル、横約8メートルのシンプルな白いバナーに「DREAM」と「TOGETHER」が黒色の文字で書かれている。バナーがはためくのは美術館正面玄関。壁のくぼみに設置されたワンゲチ・ムトゥの4体の彫刻作品『The NewOnes, will free Us(2019)』に挟まれるように、左側には「DREAM」、右側には「TOGETHER」がある。

オノのバナー作品は、ジョン・レノンと始めた『IMAGINE PEACE』キャンペーンなどの作品をほうふつとさせ、白と黒の大胆な文字で励ましと平和のメッセージをシンプルに伝えている。

彼女はこれまで、ニューヨークのジャパン・ソサエティー、シルン美術館、MoMA、テート・モダン、東京都現代美術館などで幾度となく作品を発表。2009年にはヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞(生涯功労賞)を受賞している。現在は、ポルトガルのセラルベス現代美術館で個展が開催中だ。

メトロポリタン美術館の館長であるマックス・ホーレインは、オノのバナーについて 「団結、ポジティブであること、志を表す緊急かつ詩的なメッセージだ。今は世界がこの前代未聞の苦難、不確実性、孤立の時代からゆっくりと抜け出そうとし、行動を起こすための重要な呼びかけがアメリカ中で起こっているとき。ヨーコの『DREAM TOGETHER』は挑戦への称賛、苦しみや喪失への敬意を表すため、仲間であるニューヨーカーに希望を捨てずにつながり感じようと促している。我々の美術館は150年の間、私たちのローカル、グローバルな文化と交わることができる場所であり続けてきた。この感動的で高揚感のある作品が、全ての人に回復力と団結のシグナルを送ることを願っている」と述べている。

原文はこちら

関連記事

アートは飛躍するのか

現代アート空間で一流の寿司を味わえる独創的なレストランが誕生

ニューヨークに巨大ゴリラの彫刻が出現

ラジオシティの名物クリスマスイベント、2020年公演の中止を発表

スウェーデンでネズミのためのレコードショップがオープン

Advertising
MANGA都市TOKYO
Photo: Mari Sakamoto

「MANGA都市TOKYO」を楽しむ5のこと

ニュース アート

2018年冬にパリのラ・ヴィレットで好評を博した『MANGATOKYO』展。その待望の凱旋展が、2020812日、六本木の国立新美術館で開幕を迎えた。本展は新型コロナウイルス感染症の影響で約1カ月延期しての開催となったが、自粛期間中はかえってマンガ、アニメ、ゲームに触れる機会が多く、それらの文化を醸成する時期にあったのかもしれない。

「東京」という特定の都市を舞台にしたマンガ、アニメ、ゲーム、特撮を横断的に展示する本展は一つの作品や作家に焦点を当てた展示とは異なり、通常は隣り合わないはずの作品たちが意外なテーマで結び付き、相互作用を及ぼす。

MANGA都市TOKYO

 

会場に入ると吉成曜デザインの公式キャラクター兼案内役ヨリコとヴィッピーがお出迎え

 

本展はテレビウォールと1000分の1の縮尺で東京を再現した巨大模型を囲むように、戦争や自然災害によるスクラップアンドビルドの繰り返しから生まれた作品群が並ぶ『セクション1 破壊と復興の反復』、江戸から現在に至る人々の生活を映し出す『セクション2 東京の日常』、そして虚構のキャラクターたちが現実の都市の一部を形成する『セクション3 キャラクターvs.都市』の三つのセクションで構成。ここでは、本展の見どころを五つ紹介する。

1. 虚構の東京に没入する。

MANGA都市TOKYO
巨大東京都市模型と巨大スクリーン

アニメ監督の押井守は「アニメーションというのは不思議なもので、『ここはどこだ』とはっきり言わないと、大体『そこは東京である』と思っちゃうんです」と語る。この指摘はまさに本展の核心を突いたもので、東京という都市が無意識にも日本のマンガ、アニメ史の中でリアリティーの基盤になってきたことを表出する。まずは会場中央の巨大な装置の前に立ち、アニメーションと地図、模型を交互に見比べることで、現実と虚構を行き来しながら徐々に二つが溶け合っていく感覚を味わってほしい。

2. 女性キャラに注目する。

MANGA都市TOKYO

 

『はいからさんが通る』

 

都市や社会の変遷を辿る上で興味深い作品が並ぶなか、女性キャラクターの表象のされ方というのもチェックポイントに加えてみよう。例えば『はいからさんが通る』のヒロインのコスチュームは、着物に編み上げブーツを組み合わせており、当時の西洋風の指向を知ることができる。

MANGA都市TOKYO

 

『美少女戦士セーラームーン』

 

蜷川実花によって映画化された花魁(おいらん)を描く『さくらん』など、かつては座敷の存在だった女性が経済成長とともに社会進出し、1990年代には『美少女戦士セーラームーン』のように戦いのイメージが付与されるに至ったのも見逃せない。現実を映し出す鏡としてのマンガ、アニメ、ゲーム、特撮は、これからの女性社会を考えるにあたって示唆を与えてくれるかもしれない。

3. 修正跡にも目を凝らす。

MANGA都市TOKYO
『あしたのジョー』

本展は複製原画だけでなく、数多くの貴重な原画も展示される。手塚治虫の『陽だまりの樹』や石ノ森章太郎の『佐武と市捕物控』をはじめ、『あしたのジョー』『シティーハンター』『3月のライオン』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』など、ここには書ききれない名作の原画が、作家という枠を超えて一堂に会する機会はまたとない。修正のホワイトや鉛筆の下書きまで見て取れる、原画ならではの良さを存分に楽しもう。

4. 耳を澄ませる。

MANGA都市TOKYO
コンビニエンスストアと「初音ミク」

セクション2までは、静ひつな空間で画や映像にじっと目を凝らす展示となるが、セクション3の『キャラクターvs. 都市』では一度目を閉じて、耳でも鑑賞してみてほしい。耳を澄ませば、キャラクターの「萌え声」や電車の音が聞こえてくることだろう。ここで展示されているのは、主に『コンビニエンスストアと「初音ミク」』『電車と「ラブライブ!」』という注目すべき二つのインスタレーション。

MANGA都市TOKYO

 

電車と「ラブライブ!」

 

この展示空間に満ちる音を聞くだけでも、東京の街に放り込まれた感覚になるのだから不思議だ。いかに虚構のキャラクターたちが現実の都市を浸食しているか、それを私たちが自然に受け入れていたかに気づくだろう。

5. オタクTシャツをゲットする

MANGA都市TOKYO
ショップエリア

展示室を出た先にあるショップブースでは、『ONE PIECE』や『鬼滅の刃』など、展示にはなかった人気作品のグッズが多数そろっている。なかでもおすすめは棚一面に並ぶTシャツ。『ゴジラ』や『機動戦士ガンダム』がド派手にプリントされたものなど、外へ着ていくには勇気がいるけれど、記念に残るTシャツを購入してみてほしい。

 『MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020』の詳しい情報はこちら

関連記事

この夏持ちたい、ビートルズやジョーズのコラボレーションうちわ

丸の内仲通りがミストシャワーと天然芝広がる都会のオアシスに

ミヤシタパークで行くべき粋なレストラン5選

新宿駅前に7メートルの彫刻が誕生、パブリックアートに親しんで

自信作が勢ぞろい、夏を乗り切る快適マスク5選

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館
Photo: ©Okuyamato CR Promotion Committee

緑とフュージョン、奈良の大自然を歩いて回る芸術祭が開催

ニュース アート

猛烈な暑さと新型コロナウイルスの影響で、どこへも出かけられず窮屈な日々を過ごす人も多いだろう。今年の秋には非日常を求め、自然とアートを楽しむことを勧めたい。奈良県で2020年10月3日(土)~11月15日(日)に開催される芸術祭『MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』は、広大な地域で「3密」を避け、五感でリアルにアートや自然を体感できるイベントだ。

会場は、古事記や日本書紀などにも登場し、数多くの史跡が今も守り伝えられている吉野町の「森」、世界遺産に登録された大峰山がある天川村の「川」、ススキの大海原で有名な曽爾高原が広がる曽爾村の「地」で構成。それぞれの地域を35時間ほどかけて、世界遺産や歴史的価値のある日本の風景を堪能し、自然に包まれながら作品を鑑賞するというものだ。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

プロデュースしたのは、ライゾマティクス アーキテクチャー代表の齋藤精ー芸術祭を開催することについて、「コロナ禍では自分の足で歩いたことで、家の周りや自分の身体や周辺空間の解像度が上がったことに気がついた人も多かったと思います。同時に、ステイホーム期間中、人は結果として土に触れ、自然を見ることで理由のない落ち着きを取り戻し『人間とは?』『自然とは?』『環境とは?』『いのちとは?』など答えなき哲学的な問いを考える機会にもなりました。奈良の奥大和の広大な大地を使い、今この時期だからこそ自分の足で歩き、アートを通して身体と自然を感じてほしい、そのような思いから、歩く芸術祭を広大な奥大和で開催することにしました」と語る。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館

 

実際に自分の足で会場に行き、生の作品を鑑賞することで、芸術のエネルギーは感じられるものだ。また、齋藤は「こんな未曽有な状況であるからこそ、自分がいる場所(心の中)に美術館を作ることができるのではないか。アーティストたちがこの自粛期間に貯めたエネルギーを、奥大和の自然や大地とともに展示できないだろうか」と語っている。

参加アーティストは、上野千蔵、木村充伯、力石咲、ニシジマ・アツシ、細井美裕など。公式サイトでは、アーティストや地域の住民へのインタビューなども随時掲載される。

旅気分で自然を散策しながら、美しいものを観て心を癒してほしい。

MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』の詳細はこちら

関連記事

どこにもない場所を見せてくれる展示7

日本を代表する建築家やクリエーターの公衆トイレツアー

アートは飛躍するのか

MANGA都市TOKYO」を楽しむ5のこと

都心から1時間半、藤野の自然の中で上質なグランピングを体験

Advertising
Carlos Amorales mask
Photograph: Iris Duvekot

世界の美術館のアートマスク9選

ニュース アート

ロンドンのテート・モダンやニューヨークのメトロポリタン美術館で販売中のコレクションから選んだ有名作品をデザインしたマスク、ロサンゼルスやマドリッド、アムステルダムなどの美術館のオリジナルマスクを紹介する。

おすすめ

    関連情報

      Advertising