Little Oyatsu Town
Photo: Oyatsu Town

2020年10月、大阪にベビースターラーメンのテーマパークが誕生

なんばパークスのリトルおやつタウン Nambaでオリジナルラーメンを作ろう

Advertising

コンビニで手軽に買えるカップ麺からラーメンスナックまで、日本のラーメン文化は幅広く愛されている。なかでもベビースターラーメンは1959年の発売以来、子どもたちのおやつの定番として現在も人気の商品の一つ。そんなベビースターラーメンのテーマパーク、リトルおやつタウン Nambaが、2020年10月2日(金)、大阪のなんばパークスにオープンする。ゲームやアクティビティ、限定グッズなどがそろう、遊び心が詰まった施設だ。

Little Oyatsu Town

 

Photo: Oyatsu Town

 

リトルおやつタウン Nambaは、なんば駅すぐのなんばパークス7階に開業入場は無料だが、体験エリア『ホシオくんキッチン』をはじめ、アトラクションごとに料金を支払うシステムになっている。『ホシオくんキッチン』では、自分だけのオリジナルベビースター『My スペシャルベビースター』、や蒸しパン作り、ふりかけを作り体験などが可能。またアミューズメントエリア『ホシオくんファンタジーパーク』では、ラーメンをテーマにしたゲームや大人も子どもも楽しめるアクティビティーが満載。

Little Oyatsu Town

 

Photo: Oyatsu Town

 

Little Oyatsu Town

 

Photo: Oyatsu Town

 

フードエリア『ベビースターダイニング』では、プロのシェフが作る新アレンジのベビースターを食べることができる。またテイクアウトコーナー『おやつデリ』では、揚げたてのベビースターの実演販売のほか、カレーパンや肉まんもあり、ちょっとした休憩や軽食にもおすすめしたい。

Little Oyatsu Town

 

Photo: Oyatsu Town

 

Little Oyatsu Town

 

Photo: Oyatsu Town

 

物販エリア『おやつマルシェ』は、大阪名物のたこ焼きやカレー味などの珍しいベビースターラーメンのほか、ふりかけや文房具などの限定グッズがそろう。 

このテーマパークは当初、2020年7月のオープン予定だったが、新型コロナウイルスの影響で10月に延期となった。出かける際は感染対策に注意した上で、ベビースターラーメンの世界を満喫しよう。

詳細はこちら

 関連記事

東京ディズニーランドとシーが7月1日から再開

コロナ禍のアメリカで最も人気のファストフード店は「ソニック」

きゃりーの「にんじゃりばんばん」をスティーヴ・アオキがリミックス

スタジオジブリの新作「アーヤと魔女」のメインビジュアルが公開

ディズニープラスが6月11日、日本でローンチ決定

Share the story
最新ニュース
    Advertising