tokyo
Photo: note thanun/Unsplash

日本が留学生の入国制限を8月末にも緩和へ

来日時のPCR検査と2週間の自主隔離が条件

作成者:
Kasey Furutani
広告

日本の新型コロナウイルス感染症への対処方針が緩和され始めている。ラオス、マレーシアシンガポールとのトラベルバブルが現在進んでおり、詳細は未定ながら、やがて全ての外国人に対して再入国が認可されるだろう。東京と大阪の中心部とともに羽田空港、成田国際空港、関西国際空港には来月PCR検査センターが開設されることとなっており、滑り出しはゆっくりだが、すぐに旅行ができるようになるだろう。

ジャパンタイムズによれば、外国人留学生への入国制限は2020年8月末には緩和されるかもしれない。政府給費生を筆頭に、そのうち全ての外国人にまで制限緩和が拡大されることになると思われる。来日時のPCR検査と2週間の自主隔離が求められるのは、言うまでもない。

このニュースは政府関係者の筋からジャパンタイムズに提供されており、現時点では公式の見解は外務省の公式サイトには掲載されていない。新しい情報が発表され次第更新する予定だ。

なお、日本政府は太平洋の14の国と地域とより広範なトラベルバブルを検討しているが、それでも146の国と地域の人々が入国を制限されているのが現状だ。

東京で外出する際に注意するべき最新ルールはこちら

原文はこちら

関連記事

東京でコロナ禍に生まれた、五つのニューノーマル

7月オープンの注目フードヴェニュー7選

海外旅行の本格的再開は2024年にずれ込みか

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

コロナ禍による東京近郊プールの対応、休止情報

最新ニュース

    広告