焼肉 牛の涎
焼肉 牛の涎

7月オープンの注目フードヴェニュー7選

コロナ禍にも梅雨にも負けない、東京の新たな飲食店を紹介

Advertising

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ> 7月オープンの注目フードヴェニュー7選

タイムアウト東京が注目するフードヴェニューの7月オープン情報。新型コロナウイルスの影響に加えて、ダラダラと続く梅雨の最中にも次々と新店がオープンした。弱冠22歳の店長が手がけるテイクアウト専門のローストビーフ店や、北参道の名店パティシエが兜町に開いた話題のスイーツ店、SDGsに配慮したあの有名チェーンの新店などを紹介。

零のローストビーフ ※2020年7月1日オープン

零のローストビーフ

 

零のローストビーフ

 

渋谷のんべい横丁内で、ジューシーなローストビーフをランチタイムのみ提供する店。弱冠22歳の店長は、2020年3月末まで築地で焼き肉弁当屋を経営していた白井響。低温でじっくりと調理されたローストビーフは、分厚く食べ応えがあり、かみ締めると肉のうま味が感じられる。『ローストビーフ重』のごはんの量をS、M、Lから選べるほか、糖質制限を行っている人向けにごはんをブロッコリーに変えたメニューも販売。

リーズナブルな価格ながらも臭みがなくあっさりと食べられるため、ランチにはうってつけ。デパ地下にローストビーフを買いに行く予定があるならば、だまされたと思って一度寄ってみてほしい。テイクアウト専門だが1〜3席ほどのイートインスペースも用意されている。

イート プレイ ワークス ※2020年7月20日オープン

EAT PLAY WORKS

 

EAT PLAY WORKS

 

広尾駅前に開業した新しいワークスタイルを提案する複合施設、イート プレイ ワークス(EAT PLAY WORKS)。施設1、2階『THE RESTAURANT』エリアには、ミシュランカジュアルをコンセプトに名店の新業態、日本初出店など全17店舗が集う。

スペインの三つ星レストラン出身シェフが手がけるスパニッシュ バル、グラシア(Gracia)や、外苑前のモダンベトナム料理店、アンディ(Ăn Đi)のカジュアル版となるアンコム(Ăn Cơm)をはじめ、ハイクラス店の新業態が集結。そのほか、福岡発東京へ初出店となる豚そば月や、ブルックリン発のメキシコ料理店オショモコ(OXOMOCO)、ベジタブル料理のサラーム(Salam)など、さまざまな分野の一流店が勢ぞろいしている。

パティスリー イーズ ※2020年7月2日オープン

ease

 

ease

 

北参道の名店出身のパティシエ大山恵介が、兜町にオープンしたパティスリー イーズ(ease)。店名の由来は「(態度、様子などに)安心」から、気兼ねなく来店できる店にしたいという思いが込められている。素材の特徴を生かしたおいしさを追求するスイーツは、脱酸素剤など素材の良さを損なうものは使用しないため、安心して味わえる。  

東京ねこねこ 銀座店 ※2020年7月22日オープン

東京ねこねこ 銀座店

 

東京ねこねこ 銀座店

 

猫の形がかわいらしい、ねこねこ食パンの東京限定ショップが誕生。通常のねこねこ食パンより一回り小さく、手土産にもちょうどいいサイズだ。

店内の壁はキャンバスをイメージしたスタイリッシュな空間となっており、カラフルな商品が映えている。6種のフレーバーの食パンのほかチーズケーキやバターサンドなど、食べておいしく見ても楽しめる、ねこねこシリーズが販売予定。

焼肉 牛の涎 ※2020年7月17日オープン

焼肉 牛の涎

 

焼肉 牛の涎

 

中野にオープンした、厳選された最高峰の肉を使用したコースの焼き肉店。特徴は1万円相当の焼き肉を常に6,000円で提供していること。さらに炊き立てごはんの食べ放題や、アルコール、ソフトドリンクを含むドリンクメニューを全品無料の飲み放題が付いており、開店と同時に話題となっていた。完全予約制、1日2部制で、予約は電話から受け付けている。

コメダ珈琲店 吉祥寺西口店 ※2020年7月1日オープン

コメダ珈琲店 吉祥寺西口店

 

コメダ珈琲店 吉祥寺西口店

 

吉祥寺西口にオープンした、コメダ珈琲初のサステナビリティに配慮した店舗。大和証券とのコラボレーションのもと、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)を身近に感じられる造りとなっている。

店内では、石灰石を使って木や水の使用量を大幅に削減したメニューブック、廃棄予定の有田焼『ステナイ』カップの使用や、食品ロスを防ぐため店内で仕込んだ卵ペースト、環境配慮型のストローを提供するなど、環境に配慮した店づくりが特徴だ。

人類みな麺類 東京本店 ※2020年7月20日オープン

人類みな麺類 東京本店

 

人類みな麺類 東京本店

 

大阪の人気ラーメン店、人類みな麺類が東京初出店。ファンをうならせる一杯が東京でも味わえる。

提供するメニューは、どこか懐かしさを感じさせる『原点』、しょうゆ本来の味が際立つ『micro』、アサリやシジミのうま味を生かした『macro』の3種類。分厚いチャーシューも絶品と名高い。そのほかこだわりの煮卵、ネギ、メンマのトッピング追加も可能だ。店内に製麺室を設置しているため、打ちたての自家製麺が楽しめるのもうれしい。

関連記事

「ネパールに落ちた」店主の新店が豪徳寺にオープン

大庭園の新緑を独り占め、4種のシャンパンを味比べするフリーフロー

ノーマのシェフが手がける二つ星レストラン、長期休業へ

日本を舞台にしたフードロス解決映画が公開

世界各国の最も古いレストランをまとめたインフォグラフィックマップ

Share the story
最新ニュース
    Advertising